« T-SQUAREの無観客ライヴ | トップページ | M-BASEなネオ・ハードバップ »

2021年2月 3日 (水曜日)

山本剛トリオ『Speak Low』

今年は和ジャズをしっかりと聴き直そうと思っている。もともと和ジャズは1960年代から充実していて、数々の好盤がリリースされている。が、CDの時代になって、なかなかリイシューが進まず、21世紀に入って10年ほど経って、やっと主要なアルバムはリイシューされたようである。

おおよそ、日本発のジャズ・レーベルの企画盤は、その企画意図がゆえに聴きどころは少ない。但し、トリオ・レコード、TBMレーベル、最近では、ヴィーナス・レコードについては、時々、駄盤はあるが、基本的には水準以上の好盤をリリースしていて、地雷を踏まない限り、間違いは無い(それでも、地雷を踏まない程度の知識と経験は必要にはなるのだが)。

山本剛トリオ『Speak Low』(写真左)。1999年8月8日の録音。ヴィーナス・レコードのからのリリース。ちなみにパーソネルは、山本剛 (p), 岡田勉 (b), 植松良高 (ds)。1970年代、耽美的でモーダルで硬派なジャズ・ピアノで好盤を連発していた「山本剛」のトリオ盤になる。
 
 
Speak-low-tsuyoshi-yamamoto
 
 
ヴィーナス・レコードからのリリースなので、耽美的な面をクローズアップした、勝手にレコード会社が想定する様な、日本人好みの「絵に描いた様なハードバップ」なピアノ・トリオ演奏が展開されるのかな、とあんまり期待せずに聴いたのだが、これがそうではないからジャズは面白い。

1970年代の山本剛のピアノそのままに、若かりし頃の尖ったところを押さえ、聴き易い展開に置き換えた、なかなか聴き応えのあるピアノ・トリオ盤に仕上がっているのだ。往年の流麗で端正なピアノ・タッチにスインギーな要素が強調されているところが「ミソ」。バックのリズム隊、岡田のベース、植松のドラムも、日本人好みの音に拘ること無く、自然にスインギーで判り易いリズム&ビートを供給している。

年季が入った「熟成」とでも形容できそうな、日本人らしい、ファンクネス希薄だがスインギーでそこはかとなくグルーヴ感漂う、意外と硬派な内容。言い方は良く無いが「ヴィーナス・レコード」らしからぬ、硬派でコンテンポラリーな純ジャズ志向のピアノ・トリオ盤に仕上がっていて感心した。好盤です。
 
 
 

《ヴァーチャル音楽喫茶『松和』別館》の更新状況》
 
 ★ AORの風に吹かれて        【久々に更新しました】 2021.01.22 更新。

  ・『The More Things Change』1980

 ★ まだまだロックキッズ     【久々に更新しました】 2021.01.22 更新。

  ・The Band『Stage Fright』

 ★ 松和の「青春のかけら達」 【久々に更新しました】 2021.01.22 更新。

  ・僕達は「タツロー」を聴き込んだ
 

Matsuwa_billboard
 
★ コメント&TBは、全て「松和のマスター」が読んでから公開される仕組みです。表示されるまで少し時間がかかります(本業との兼ね合いで半日〜1日かかる時もあります・・・ごめんなさい)。公開されたくないご意見、ご感想はその旨を添えて送信してください。

★Twitterで、松和のマスターが呟く。名称「松和のマスター」でつぶやいております。ユーザー名は「v_matsuwa」。「@v_matsuwa」で検索して下さい。

東日本大震災から9年10ヶ月。忘れてはならない。常に関与し続ける。がんばろう東北、がんばろう関東。自分の出来ることから、ずっと復興に協力し続ける。
  
Never_giveup_4 
 

« T-SQUAREの無観客ライヴ | トップページ | M-BASEなネオ・ハードバップ »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« T-SQUAREの無観客ライヴ | トップページ | M-BASEなネオ・ハードバップ »

リンク

  • まだまだロックキッズ(バーチャル音楽喫茶『松和』別館)
    この「松和・別館」では、懐かしの「1970年代のロック」盤の感想や思い出を率直に語ります。これまでの、ジャズ喫茶『松和』マスターのひとりごと・ブログの中で不定期に掲載した、70年代ロックの記事を修正加筆して集約していきます。
  • 松和の「青春のかけら達」(バーチャル音楽喫茶『松和』別館)
    この「松和・別館」では、懐かしの「1970年代のJポップ」、いわゆるニューミュージック・フォーク盤の感想や思い出を率直に語ります。これまでの、ジャズ喫茶『松和』マスターのひとりごと・ブログの中で不定期に掲載した、70年代Jポップの記事を修正加筆して集約していきます。           
  • AORの風に吹かれて(バーチャル音楽喫茶『松和』別館)
    AORとは、Adult-Oriented Rockの略語。一言でいうと「大人向けのロック」。ロックがポップスやジャズ、ファンクなどさまざまな音楽と融合し、大人の鑑賞にも堪えうるクオリティの高いロックがAOR。これまでの、ジャズ喫茶『松和』マスターのひとりごと・ブログの中で不定期に掲載した、AORの記事を修正加筆して集約していきます。  
2021年4月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

カテゴリー