« 冬に聴く「ボサノバ・ジャズ」 | トップページ | ジャズ喫茶で流したい・194 »

2020年12月29日 (火曜日)

ソニー・クラークの初リーダー作

ジャズを本格的に聴き始めた頃から、このピアニストはずっとお気に入りである。振り返れば、ジャズ者初心者にしてはとても渋いチョイスである。

そもそも、ジャズピアノを聴き始めたら、先ずは「ビル・エヴァンス」から入って、「バド・パウエル」「セロニアス・モンク」に仰け反り、次のお気に入りのピアニストを捜し求めて、ジャズ・ピアノの森を彷徨うものなんだが、例の「秘密の喫茶店」のお陰でそうはならなかった。感謝している。

そのピアニストとは「ソニー・クラーク」。1931年、米国ペンシルベニア生まれ、1961年、31歳の若さで逝去している。ジャズ・ピアノストとしての主な活動期間としては、1954年〜1961年の僅か7年間。それでもブルーノートを中心に、10枚以上のリーダー作をリリースした。サイドマンとしても幾多のセッションに参加している。

彼のピアノは「哀愁の黒いピアノ」。タッチは明確、流麗なフレーズと「間」を上手く織り交ぜ、そこはかとなく哀愁感漂い、仄かに感じるファンクネスが個性。この「哀愁感」と仄かな「ファンクネス」が堪らなく良い。テクニックも確かなもので破綻は全く無い。コンポーザーとしての才能もあり、結構、良い曲を残している。

Sonny Clark『Dial "S" for Sonny』(写真左)。1957年7月21日の録音。ちなみにパーソネルは、Sonny Clark (p), Art Farmer (tp), Curtis Fuller (tb), Hank Mobley (ts), Wilbur Ware (b), Louis Hayes (ds)。全7曲中、6曲目の「Love Walked In」のみがトリオ演奏。他の6曲は「トランペット+トロンボーン+テナー・サックス」3管フロントのセクステット編成。
 
 
Dial-22s22-for-sonny
 
 
この盤はソニー・クラークの初リーダー作。タイトルは、ヒッチコックの映画「ダイアルMを廻せ!」(Dial "M" for Murder)のもじり。なかなかに「粋」なタイトル。ジャケット・デザインにも力が入っている。

さて、この盤の内容であるが、全7曲中、5曲がクラークのオリジナル曲で、彼の作曲の才を確認することが出来る。セクステットの演奏では、クラークの伴奏上手なところと印象的なアドリブ・フレーズが楽しめる。そして、1曲のみのトリオ演奏では、ソニー・クラークのピアノの個性の全てが確認出来る。

サイドマンの演奏も力が入っていて好演に次ぐ好演。上質なハードバップ演奏が心ゆくまで楽しめる。録音も良く、ブルーノート・レーベル独特の「音質」と「響き」がとってもハードバップらしくて良い。ソニー・クラーク入門盤としてお勧めの一枚である。

さて、今年の「ジャズ喫茶『松和』マスターのひとりごと・ブログ」は今日で最終回。今年も『松和』をご愛顧いただき、ありがとうございました。明日の12月30日から1月1日までの3日間、お休みをいただきます。来年は1月2日より再開予定です。

それでは皆様、良いお年を。
 
 
 

《ヴァーチャル音楽喫茶『松和』別館》の更新状況》
 
 ★ AORの風に吹かれて        【更新しました】 2020.10.07 更新。

  ・『Middle Man』 1980

 ★ まだまだロックキッズ     【更新しました】 2020.12.08 更新。

  ・ジョン・レノンの40回目の命日

 ★ 松和の「青春のかけら達」 【更新しました】 2020.10.07 更新。

  ・僕達はタツローの源へ遡った

 

Matsuwa_billboard

★ コメント&TBは、全て「松和のマスター」が読んでから公開される仕組みです。表示されるまで少し時間がかかります(本業との兼ね合いで半日〜1日かかる時もあります・・・ごめんなさい)。公開されたくないご意見、ご感想はその旨を添えて送信してください。

★Twitterで、松和のマスターが呟く。名称「松和のマスター」でつぶやいております。ユーザー名は「v_matsuwa」。「@v_matsuwa」で検索して下さい。

東日本大震災から9年9ヶ月。忘れてはならない。常に関与し続ける。がんばろう東北、がんばろう関東。自分の出来ることから、ずっと復興に協力し続ける。
  
Never_giveup_4 
 

« 冬に聴く「ボサノバ・ジャズ」 | トップページ | ジャズ喫茶で流したい・194 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 冬に聴く「ボサノバ・ジャズ」 | トップページ | ジャズ喫茶で流したい・194 »

リンク

  • まだまだロックキッズ(バーチャル音楽喫茶『松和』別館)
    この「松和・別館」では、懐かしの「1970年代のロック」盤の感想や思い出を率直に語ります。これまでの、ジャズ喫茶『松和』マスターのひとりごと・ブログの中で不定期に掲載した、70年代ロックの記事を修正加筆して集約していきます。
  • 松和の「青春のかけら達」(バーチャル音楽喫茶『松和』別館)
    この「松和・別館」では、懐かしの「1970年代のJポップ」、いわゆるニューミュージック・フォーク盤の感想や思い出を率直に語ります。これまでの、ジャズ喫茶『松和』マスターのひとりごと・ブログの中で不定期に掲載した、70年代Jポップの記事を修正加筆して集約していきます。           
  • AORの風に吹かれて(バーチャル音楽喫茶『松和』別館)
    AORとは、Adult-Oriented Rockの略語。一言でいうと「大人向けのロック」。ロックがポップスやジャズ、ファンクなどさまざまな音楽と融合し、大人の鑑賞にも堪えうるクオリティの高いロックがAOR。これまでの、ジャズ喫茶『松和』マスターのひとりごと・ブログの中で不定期に掲載した、AORの記事を修正加筆して集約していきます。  
2021年4月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

カテゴリー