« ブーム終焉の象徴的なアルバム | トップページ | コルトレーンの「扱いに困る」盤 »

2020年12月22日 (火曜日)

よくよく考えると「不思議な」盤

ハンク・モブレーは、ブルーノートの総帥、アルフレッド・ライオンが特に目をかけていたテナー・マンである。テナーの腕前もさることながら、彼の作曲能力を高く評価していたフシがある。が、それでも、1500番台では、ハンク・モブレーのリーダー作は6枚を数える。これは「破格の待遇」である。

『Hank Mobley』(写真左)。1957年6月23日の録音。BNの1568番。ちなみにパーソネルは、Hank Mobley (ts), Bill Hardman (tp),Curtis Porter (as, ts), Sonny Clark (p), Paul Chambers (b), Art Taylor (ds)。ハンク・モブレーのテナー、ビル・ハードマンのトランペット、カーティス・ポーターのアルトのフロント3管のセクステット編成。

この盤でのモブレーはまずまず好調。パーソネルを見渡すと、同世代から年下のメンバーで固められており、こういう編成の下では、モブレーは遠慮無く、気持ち良くテナーが吹けるようだ。比較的元気の良いブロウを繰り広げている。出来としては「中の上」程度かな。ただ、本人の名前をズバリ掲げたリーダー作としてはちょっと物足りない。
 
 
Hank-mobley-album  
 
 
カーティス・ポーターという、この盤以外のジャズ盤であまり聞かれない、マイナーなアルト・サックス奏者が実に良いプレイを披露している。冒頭、ポーター作の「Mighty Moe and Joe」のファンキーでテンポの良いノリに「おおっ」と思わず身を乗り出す。続くスタンダード曲の「Falling in Love with Love」「Bag's Groove」では、モブレーのテナーとの絡みが実に良い。

しかし、ここまでポーターのサックスが目立つと、この盤って、誰のリーダー作だっけ、という気分になる。収録曲を見渡せば、リーダーのモブレーの自作曲は4曲目の「Double Exposure」の1曲のみ。あれれ。モブレーのテナーや作曲能力ににスポットと当てているのでは無い、このモブレーのリーダー作って、何なんだろう。いつもこの盤を聴く度に感じる「疑問」である。

アルトのポーターについては、この後、1960年代に入るとその名前を見ることは無くなる。といって、この盤で「これはポーターの素晴らしいプレイを記録した貴重盤だ」と推すには「何かが足らない」。リーダーのモブレーも出来としては「中の上」程度。よくよく考えると「不思議」な盤である。ただし、ハードバップな盤としては、雰囲気のある、まずまずの内容。そういう意味では「ブルーノート1500番台に外れ無し」。
 
 
 

《ヴァーチャル音楽喫茶『松和』別館》の更新状況》
 
 
 ★ AORの風に吹かれて        【更新しました】 2020.10.07 更新。

  ・『Middle Man』 1980

 ★ まだまだロックキッズ     【更新しました】 2020.12.08 更新。

  ・ジョン・レノンの40回目の命日

 ★ 松和の「青春のかけら達」 【更新しました】 2020.10.07 更新。

  ・僕達はタツローの源へ遡った

 

Matsuwa_billboard

★ コメント&TBは、全て「松和のマスター」が読んでから公開される仕組みです。表示されるまで少し時間がかかります(本業との兼ね合いで半日〜1日かかる時もあります・・・ごめんなさい)。公開されたくないご意見、ご感想はその旨を添えて送信してください。

★Twitterで、松和のマスターが呟く。名称「松和のマスター」でつぶやいております。ユーザー名は「v_matsuwa」。「@v_matsuwa」で検索して下さい。

東日本大震災から9年9ヶ月。忘れてはならない。常に関与し続ける。がんばろう東北、がんばろう関東。自分の出来ることから、ずっと復興に協力し続ける。

Never_giveup_4 
 

« ブーム終焉の象徴的なアルバム | トップページ | コルトレーンの「扱いに困る」盤 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« ブーム終焉の象徴的なアルバム | トップページ | コルトレーンの「扱いに困る」盤 »

リンク

  • まだまだロックキッズ(バーチャル音楽喫茶『松和』別館)
    この「松和・別館」では、懐かしの「1970年代のロック」盤の感想や思い出を率直に語ります。これまでの、ジャズ喫茶『松和』マスターのひとりごと・ブログの中で不定期に掲載した、70年代ロックの記事を修正加筆して集約していきます。
  • 松和の「青春のかけら達」(バーチャル音楽喫茶『松和』別館)
    この「松和・別館」では、懐かしの「1970年代のJポップ」、いわゆるニューミュージック・フォーク盤の感想や思い出を率直に語ります。これまでの、ジャズ喫茶『松和』マスターのひとりごと・ブログの中で不定期に掲載した、70年代Jポップの記事を修正加筆して集約していきます。           
  • AORの風に吹かれて(バーチャル音楽喫茶『松和』別館)
    AORとは、Adult-Oriented Rockの略語。一言でいうと「大人向けのロック」。ロックがポップスやジャズ、ファンクなどさまざまな音楽と融合し、大人の鑑賞にも堪えうるクオリティの高いロックがAOR。これまでの、ジャズ喫茶『松和』マスターのひとりごと・ブログの中で不定期に掲載した、AORの記事を修正加筆して集約していきます。  
2022年8月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

カテゴリー