« デジョネットのディレクションズ | トップページ | 聴き心地満点「ベーカーの休日」 »

2020年12月 5日 (土曜日)

This Is Criss! とは言い得て妙

ライトで聴き易いジャズが聴きたくなって、ウエストコースト・ジャズ(西海岸ジャズ)である。サックス系のアルバムが聴きたくて、ソニー・クリス(Sonny Criss)のリーダー作を選盤する。ソニー・クリスは西海岸ジャズの中で、優秀なアルト・サックス奏者ではあるが、ちょっと躁状態のプレイが多くて、明るくてブリリアントで良いのだが、時々、耳に付くところがあって、選盤には注意が必要。

Sonny Criss『This Is Criss!』(写真左)。1966年10月21日、NYの Van Gelder Studio での録音。ちなみにパーソネルは、Sonny Criss (as), Walter Davis Jr. (p), Paul Chambers (b), Alan Dawson (ds)。1966年の録音なので、ジャズの世界では、西海岸ジャズ、東海岸ジャズの区別が無くなって、西海岸ジャズ出身のクリスが、東海岸のNYに出向いての録音になっている。

パーソネルが良い。ベースに名手ポール・チェンバース、ピアノに玄人好みの伴奏の達人、ウォルター・デイビス・ジュニア。ドラマーのアラン・ドーソンだけがちょっと聴き馴れない名前だが、当時、ボストンにおける代表的ドラマーだったそうだ。たまたまNYにいたのか、NYに呼んだのかは判らないが、聴けば、なかなか味のあるドラミングである。
 
 
This-is-criss
 
 
さて、この盤、冒頭の「Black Coffee」、なんとも言えない「女心」を表したジャズのスタンダード曲だが、まさかこの曲で、躁状態のクリスのアルト・サックスが元気よく出てくるのでは、と身構えたのだが、しっとりとした、情緒溢れる、抑制されたアルト・サックスの音色にホッとする。良い感じのクリスのアルト・サックス。これはいける、と座り直して、クリスのブロウに耳を傾ける。

全8曲中、6曲がスタンダード曲で占められている。この盤でのクリスは、躁状態の明るすぎるアルト・サックスを全く出さずに、情緒溢れる、耽美的でリリカルで、それでいて、ちょっと明るいフレーズを連発して、小粋なスタンダード曲に暖かい彩りを添えている。クリスの「明るい」音色のアルト・サックスが良い方向に作用している。

バックのリズム隊も優れた伴奏を展開していて、クリスのアルト・サックスをしっかりと支えている。クリスのワンホーン・カルテット、実に良い感じのパフォーマンスだ。タイトルが「This Is Criss!(これがクリスだ!)」。言い得て妙である。クリスの代表盤の1つに数えて良い好盤です。
 
 
 

《ヴァーチャル音楽喫茶『松和』別館》の更新状況》
 
 
 ★ AORの風に吹かれて        【更新しました】 2020.10.07 更新。

  ・『Middle Man』 1980

 ★ まだまだロックキッズ     【更新しました】 2020.10.07 更新。

  ・The Band の「最高傑作」盤

 ★ 松和の「青春のかけら達」 【更新しました】 2020.10.07 更新。

  ・僕達はタツローの源へ遡った

 

Matsuwa_billboard

★ コメント&TBは、全て「松和のマスター」が読んでから公開される仕組みです。表示されるまで少し時間がかかります(本業との兼ね合いで半日〜1日かかる時もあります・・・ごめんなさい)。公開されたくないご意見、ご感想はその旨を添えて送信してください。

★Twitterで、松和のマスターが呟く。名称「松和のマスター」でつぶやいております。ユーザー名は「v_matsuwa」。「@v_matsuwa」で検索して下さい。

東日本大震災から9年8ヶ月。忘れてはならない。常に関与し続ける。がんばろう東北、がんばろう関東。自分の出来ることから、ずっと復興に協力し続ける。

Never_giveup_4 
 

« デジョネットのディレクションズ | トップページ | 聴き心地満点「ベーカーの休日」 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« デジョネットのディレクションズ | トップページ | 聴き心地満点「ベーカーの休日」 »

リンク

  • まだまだロックキッズ(バーチャル音楽喫茶『松和』別館)
    この「松和・別館」では、懐かしの「1970年代のロック」盤の感想や思い出を率直に語ります。これまでの、ジャズ喫茶『松和』マスターのひとりごと・ブログの中で不定期に掲載した、70年代ロックの記事を修正加筆して集約していきます。
  • 松和の「青春のかけら達」(バーチャル音楽喫茶『松和』別館)
    この「松和・別館」では、懐かしの「1970年代のJポップ」、いわゆるニューミュージック・フォーク盤の感想や思い出を率直に語ります。これまでの、ジャズ喫茶『松和』マスターのひとりごと・ブログの中で不定期に掲載した、70年代Jポップの記事を修正加筆して集約していきます。           
  • AORの風に吹かれて(バーチャル音楽喫茶『松和』別館)
    AORとは、Adult-Oriented Rockの略語。一言でいうと「大人向けのロック」。ロックがポップスやジャズ、ファンクなどさまざまな音楽と融合し、大人の鑑賞にも堪えうるクオリティの高いロックがAOR。これまでの、ジャズ喫茶『松和』マスターのひとりごと・ブログの中で不定期に掲載した、AORの記事を修正加筆して集約していきます。  
2022年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

カテゴリー