« フュージョン時代のジャケ惚れ盤 | トップページ | ブーム終焉の象徴的なアルバム »

2020年12月20日 (日曜日)

ジャン=リュック・ポンティの好盤

僕がジャズを本格的に聴き始めたのが、1970年代後半。ジャズ・シーンは、フュージョン・ジャズの大流行真っ只中で、ジャズ者については「猫も杓子も」フュージョン・ジャズ。純ジャズについては、以前のハードバップ時代などの「ジャズ・レジェンド」の名盤を聴き直す、が主流で、純ジャズが特別に話題になることは無かったように思う。

そんなフュージョン・ジャズの大流行真っ只中、もともと、プログレッシブ・ロックが大好きだった「プログレ小僧」だったこともあって、ソフト&メロウなフュージョン・ジャズより、クロスオーバー・ジャズ志向のインスト・フュージョンが真っ先にお気に入りになった。そんな中で、このクロスオーバーなジャズ・ヴァイオリニストに出会う。

Jean-Luc Ponty『Enigmatic Ocean』(写真)。邦題「秘なる海」。1977年の作品。ちなみにパーソネルは、Jean-Luc Ponty (el-vln, violectra, bells), Allan Holdsworth, Daryl Stuermer (el-g), Allan Zavod (org, syn, el-p, ac-p, clavinet), Ralphe Armstrong (el-b, fretless-b), Steve Smith (ds, perc)。ジャズ・ヴァイオリンの貴公子、ジャン=リュック・ポンティの好盤。
 
 
Enigmatic-ocean  
 
 
これがジャズか、と思うばかりの、プログレッシブ・ロックのテイストがプンプン漂う、ところどころに「ラテン」の響きが漂うエレクトリック・ヴァイオリンとエレギが乱舞する「クロスオーバー・ジャズ」。明らかに「ロックとジャズ」の融合。エレ・ジャズの1つの到達点。チック・コリアの「リターン・トゥー・フォーエヴァー」を聴き易く軽やかにした様な音世界。マハヴィッシュヌ・オーケストラ的な音世界とも言える。4部構成からなるタイトル曲は、明らかに「プログレ・テイスト」。

邦題「秘なる海」が示すとおり、海をテーマにした壮大で宇宙的なファンタジー、とでも形容したいサウンド。エレギのホールズワース、ステューマー、そして、ドラムのスティーヴ・スミスといったクロスオーバー畑のロック志向のミュージシャンが、この盤のサウンドを決定付けている。そして、ポンティのエレ・ヴァイオリンは、彼らを向こうに回して、彼らを凌駕するばかりのダイナミズムを発揮している。

ポンティのヴァイオリンは、高いレベルのテクニックに裏打ちされた、ロック~フュージョン感覚のダイナミックなプレイが「ウリ」。この盤では、その個性を遺憾なく発揮している。ポンティを愛でるには、まずこの盤が好適だろう。
 
 
 

《ヴァーチャル音楽喫茶『松和』別館》の更新状況》
 
 
 ★ AORの風に吹かれて        【更新しました】 2020.10.07 更新。

  ・『Middle Man』 1980

 ★ まだまだロックキッズ     【更新しました】 2020.12.08 更新。

  ・ジョン・レノンの40回目の命日

 ★ 松和の「青春のかけら達」 【更新しました】 2020.10.07 更新。

  ・僕達はタツローの源へ遡った

 

Matsuwa_billboard

★ コメント&TBは、全て「松和のマスター」が読んでから公開される仕組みです。表示されるまで少し時間がかかります(本業との兼ね合いで半日〜1日かかる時もあります・・・ごめんなさい)。公開されたくないご意見、ご感想はその旨を添えて送信してください。

★Twitterで、松和のマスターが呟く。名称「松和のマスター」でつぶやいております。ユーザー名は「v_matsuwa」。「@v_matsuwa」で検索して下さい。

東日本大震災から9年9ヶ月。忘れてはならない。常に関与し続ける。がんばろう東北、がんばろう関東。自分の出来ることから、ずっと復興に協力し続ける。

Never_giveup_4 
 

« フュージョン時代のジャケ惚れ盤 | トップページ | ブーム終焉の象徴的なアルバム »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« フュージョン時代のジャケ惚れ盤 | トップページ | ブーム終焉の象徴的なアルバム »

リンク

  • まだまだロックキッズ(バーチャル音楽喫茶『松和』別館)
    この「松和・別館」では、懐かしの「1970年代のロック」盤の感想や思い出を率直に語ります。これまでの、ジャズ喫茶『松和』マスターのひとりごと・ブログの中で不定期に掲載した、70年代ロックの記事を修正加筆して集約していきます。
  • 松和の「青春のかけら達」(バーチャル音楽喫茶『松和』別館)
    この「松和・別館」では、懐かしの「1970年代のJポップ」、いわゆるニューミュージック・フォーク盤の感想や思い出を率直に語ります。これまでの、ジャズ喫茶『松和』マスターのひとりごと・ブログの中で不定期に掲載した、70年代Jポップの記事を修正加筆して集約していきます。           
  • AORの風に吹かれて(バーチャル音楽喫茶『松和』別館)
    AORとは、Adult-Oriented Rockの略語。一言でいうと「大人向けのロック」。ロックがポップスやジャズ、ファンクなどさまざまな音楽と融合し、大人の鑑賞にも堪えうるクオリティの高いロックがAOR。これまでの、ジャズ喫茶『松和』マスターのひとりごと・ブログの中で不定期に掲載した、AORの記事を修正加筆して集約していきます。  
2022年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

カテゴリー