« ジョシュアの最強カルテット盤 | トップページ | メイバーン晩年の傑作ライヴ盤 »

2020年10月 9日 (金曜日)

バルネ・ウィランを見直した。

Barney Wilen(バルネ・ウィラン)。仏の伝説的サックス奏者である。50年代中盤に、バド・パウエルやマイルス・デイヴィス、J.J.ジョンソンらと共演したことでも有名。1957年には、自らのクィンテットで『Barney Wilen Quintet』を発表。仏のサックス奏者でありながら、こってこて「ビ・バップ」な吹きっぷりは見事。が、以降、ロック色の強い『Dear Prof.Leary』(1968年)を発表したり、1970年代には映画音楽や民族音楽に携わるなど、幅広いというか迷走気味の音楽活動を展開。

そして、1990年代に入って、原点回帰した「ビ・バップ」なブロウのリーダー作をヴィーナス・レコードから数作リリース。そして、1996年5月、鬼籍に入っている。キャリア途中、映画音楽や民族音楽に手を出したり、晩年はヴィーナス・レコードで、バップなブロウの要求に迎合したりで、自分としてはあまり信頼できるサックス奏者ではなかった。とにかく訳が判らん。ビ・バップなブロウも硬質でファンクネス皆無、歌心が希薄なテクニカルなブロウが、どうにも苦手だった。

Barney Wilen『Montréal Duets』(写真左)。1993年7月4日、International de Jazz de Montreal での録音。今年6月のリリース。ちなみにパーソネルは、Barney Wilen (ts, ss), Alain Jean-Marie (p)。サックス奏者 バルネ・ウィラン & ピアノ奏者 アラン・ジャン・マリー のデュオ。カナダ・モントリオールのジャズフェスでのライヴ録音。
 
 
Montreal-duets  
 
 
改めて、1937年、仏ニース生まれのサックス奏者 バルネ・ウィラン。そして、1945年、仏ポワンタピートル(グアドループ、小アンティル諸島)生まれのピアニスト、アラン・ジャン・マリーのデュオである。苦手なサックス奏者、バルネ・ウィランのライヴ音源なので、あんまり期待せずに聴き始めたら、あら不思議。角の取れた芯のあるテナーの音色、流麗でメロディアスな運指、歌心溢れるフレーズの展開。今まで聴いてきたウィランとは全く異なるサックスがこのライヴ盤に記されている。

ピアノを担当するアラン・ジャン・マリーも実にツボを押さえた伴奏を展開する。僕はこのピアニストは全く知らない。でも、このピアニストは及第点。どこかが突出した強烈な個性は無いし、テクニック的にも突出したところは無いが、デュオのパートナーとして、その役割をよく心得た「伴奏上手」なピアノはなかなかの聴きもの。破綻無く穏やかに堅実にウィランのサックスをサポートする。良い伴奏ピアノ。

このライブ盤、ライブ2セットをCD2枚組、全演奏時間 2時間30分弱の長尺で、演奏曲が2枚のCDで重複したりしているんですが、しかもデュオという演奏形態でシンプルの極みなんですが、全く飽きが来ません。とにかく、このライブ盤でのバルネ・ウィランのサックスは素晴らしい。思わず、バルネ・ウィランを見直しました。晩年のバルネ・ウィランを聴き直してみようか、と思っています。
 
 
 

《ヴァーチャル音楽喫茶『松和』別館》の更新状況》
 
 ★ AORの風に吹かれて       
【更新しました】 2020.10.07 更新。
 
  ・『Middle Man』 1980
 
 ★ まだまだロックキッズ    【更新しました】 2020.10.07 更新。
  
  ・The Band の「最高傑作」盤
 
★ 松和の「青春のかけら達」 【更新しました】 2020.10.07 更新。
 
  ・僕達はタツローの源へ遡った


 
Matsuwa_billboard 
 
★Twitterで、松和のマスターが呟く。名称「松和のマスター」でつぶやいております。ユーザー名は「v_matsuwa」。「@v_matsuwa」で検索して下さい。

東日本大震災から9年6ヶ月。忘れてはならない。常に関与し続ける。がんばろう東北、がんばろう関東。自分の出来ることから、ずっと復興に協力し続ける。
 
Never_giveup_4 
 

« ジョシュアの最強カルテット盤 | トップページ | メイバーン晩年の傑作ライヴ盤 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« ジョシュアの最強カルテット盤 | トップページ | メイバーン晩年の傑作ライヴ盤 »

リンク

  • まだまだロックキッズ(バーチャル音楽喫茶『松和』別館)
    この「松和・別館」では、懐かしの「1970年代のロック」盤の感想や思い出を率直に語ります。これまでの、ジャズ喫茶『松和』マスターのひとりごと・ブログの中で不定期に掲載した、70年代ロックの記事を修正加筆して集約していきます。
  • 松和の「青春のかけら達」(バーチャル音楽喫茶『松和』別館)
    この「松和・別館」では、懐かしの「1970年代のJポップ」、いわゆるニューミュージック・フォーク盤の感想や思い出を率直に語ります。これまでの、ジャズ喫茶『松和』マスターのひとりごと・ブログの中で不定期に掲載した、70年代Jポップの記事を修正加筆して集約していきます。           
  • AORの風に吹かれて(バーチャル音楽喫茶『松和』別館)
    AORとは、Adult-Oriented Rockの略語。一言でいうと「大人向けのロック」。ロックがポップスやジャズ、ファンクなどさまざまな音楽と融合し、大人の鑑賞にも堪えうるクオリティの高いロックがAOR。これまでの、ジャズ喫茶『松和』マスターのひとりごと・ブログの中で不定期に掲載した、AORの記事を修正加筆して集約していきます。  
2020年12月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

カテゴリー