« TRI4THのメジャー3作目です | トップページ | リーブマンの考えるエレ・ジャズ »

2020年10月15日 (木曜日)

サンボーンのジャズ・ファンク

デヴィッド・サンボーン(David Sanborn)は、フュージョンの人と誤解されていた時代があった。それも、ソフト&メロウなフュージョンの人、スムース・ジャズの人という誤解が蔓延していた時代がある。これって、とんでもない誤解で、ギル・エヴァンス・オーケストラのソロイストであったり、キャリア的にはメインストリーム志向。

リーダー作もフュージョンではあるが、彼のアルト・サックスの音色はあくまで「メインストリーム志向」。硬派でブリリアントでダンディズム溢れるアルト・サックスであるが、そのアドリブ・フレーズは耽美的で流麗そのもの。それが、ソフト&メロウと誤解されて、ムーディーなフュージョン・ジャズと捉えられ、ラヴリーなBGMとして「ながら聴き」されるに至っては、何をか言わんや、である。

David Sanborn『Upfront』(写真左)。1992年の作品。ちなみにパーソネルは、演奏曲毎に色々入れ替わっているのだが、キーマン的ジャズマンとしては、Marcus Miller (b), Richard Tee (key), Hiram Bullock (g), Eric Clapton (g), Cornell Dupree (g), Naná Vasconcelos (perc), Randy Brecker (tp) 等々。見渡すと、どちらかと言えば、フュージョン畑だが「R&B」志向な雰囲気を強く感じるパーソネルである。
 
 
Upfront_david-sanborn  
 
 
前作にあたる『アナザー・ハンド』がメインストリーム系の純ジャズを強く意識したアルバムだったが、この盤は「ジャズ・ファンク」満載のアルバムである。エレ・マイルスのジャズ・ファンクをポップでスムースにした、フュージョン志向の「ジャズ・ファンク」。「ソフト&メロウ」な雰囲気は全く無い。

収録曲の全曲、良い曲ばかり。マーカス・ミラーのベース、スティーブ・ジョーダンのドラムの切れ味良い重力感溢れる「うねるような」リズム、そしてリッキー・ピーターソンの「こってこてファンクネス」なハモンド・オルガンをバックに、サンボーンのアルト・サックスは、本来の「R&B」志向のファンキーでブルージーなフレーズを振り撒き、上質なノリのジャズ・ファンクを展開する。

むっちゃ格好いい、熱くてクールな「エレクトリックなジャズ・ファンク」。サンボーンのアルト・サックスがファンキーにブリリアントに響き渡る。「泣きのサンボーン」もこの盤では限りなくソウルフルに響く。メインストリーム志向のエレクトリックなジャズ・ファンクの傑作。サンボーンの個性全開の好盤である。
 
 
 

《ヴァーチャル音楽喫茶『松和』別館》の更新状況》
 
 ★ AORの風に吹かれて       
【更新しました】 2020.10.07 更新。
 
  ・『Middle Man』 1980
 
 ★ まだまだロックキッズ    【更新しました】 2020.10.07 更新。
  
  ・The Band の「最高傑作」盤
 
★ 松和の「青春のかけら達」 【更新しました】 2020.10.07 更新。
 
  ・僕達はタツローの源へ遡った


 
Matsuwa_billboard 
 
★Twitterで、松和のマスターが呟く。名称「松和のマスター」でつぶやいております。ユーザー名は「v_matsuwa」。「@v_matsuwa」で検索して下さい。

東日本大震災から9年7ヶ月。忘れてはならない。常に関与し続ける。がんばろう東北、がんばろう関東。自分の出来ることから、ずっと復興に協力し続ける。
 
Never_giveup_4 
 

« TRI4THのメジャー3作目です | トップページ | リーブマンの考えるエレ・ジャズ »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« TRI4THのメジャー3作目です | トップページ | リーブマンの考えるエレ・ジャズ »

リンク

  • まだまだロックキッズ(バーチャル音楽喫茶『松和』別館)
    この「松和・別館」では、懐かしの「1970年代のロック」盤の感想や思い出を率直に語ります。これまでの、ジャズ喫茶『松和』マスターのひとりごと・ブログの中で不定期に掲載した、70年代ロックの記事を修正加筆して集約していきます。
  • 松和の「青春のかけら達」(バーチャル音楽喫茶『松和』別館)
    この「松和・別館」では、懐かしの「1970年代のJポップ」、いわゆるニューミュージック・フォーク盤の感想や思い出を率直に語ります。これまでの、ジャズ喫茶『松和』マスターのひとりごと・ブログの中で不定期に掲載した、70年代Jポップの記事を修正加筆して集約していきます。           
  • AORの風に吹かれて(バーチャル音楽喫茶『松和』別館)
    AORとは、Adult-Oriented Rockの略語。一言でいうと「大人向けのロック」。ロックがポップスやジャズ、ファンクなどさまざまな音楽と融合し、大人の鑑賞にも堪えうるクオリティの高いロックがAOR。これまでの、ジャズ喫茶『松和』マスターのひとりごと・ブログの中で不定期に掲載した、AORの記事を修正加筆して集約していきます。  
2020年12月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

カテゴリー