« ダイアナの「リピューマ追悼盤」 | トップページ | デヴィッド・サンボーンの異色盤 »

2020年10月 5日 (月曜日)

新しい才能のメジャー・デビュー

ジャズについては、毎年のように新しい「才能」が発見され、メジャー・デビューを果たしている。ある時は、有名なプロデュサーだったり、レジェンド級のジャズマンだったり、それら、ジャズにおいて実績のある人達が新しい才能を見出している。これって、まだまだジャズという音楽ジャンルは活性化されているということで、1970年代に「ジャズは死んだ」とされたことがあったが、僕はまだまだ「深化」していると思っている。

Joey Alexander『Warna』(写真左)。2020年1月のリリース。ちなみにパーソネルは、Joey Alexander (p), Larry Grenadier (b), Kendrick Scott (ds) のトリオに、Luisito Quintero (perc), Anne Drummond (fl) がゲストで加わっている。基本はピアノ・トリオ編成として良いかと思う。今年、弱冠17歳の天才、ジョーイ・アレキサンダーの、Verveレコードからのメジャー・デビュー盤である。

ジョーイ・アレキサンダー(2003年バリ島生まれ)のリーダーアルバムは、これで6枚目。デビュー作が2015年、12歳の時というから驚きである。2011年にジャカルタでハービー・ハンコックに見出され、2014年、ウィントン・マルサリスとリンカーン・センターで共演。12歳にして、グラミー賞に最年少でノミネートされた、ジャズにおける久々の「天才」の出現である。
 
 
Warna-joey-alexander  
 
 
タイトルの「Warna=ワルナ」とは彼の母国語、インドネシア語で「色」という意味。この盤は、彼自身がツアーで様々なところを巡った旅の記録となっているようだ。ジョーイいわく「色々なミュージシャンとセッションをするステージの上や、旅先での自分の体験、音楽的な対話から作ったオリジナル作品を共有したかった」とのこと。

ベースのグレナディア、ドラムのスコットを従えたピアノ・トリオ。素晴らしいテクニックと表現力を見せつけてくれる。これって17歳の出す音か、とビックリする。収録された全12曲中、1曲のみ、スティングの「Fragile」のカヴァーだが、残りの11曲はジョーイのオリジナル。このオリジナル曲がそれぞれ良い曲、良いフレーズを持つ曲なんで、その作曲能力にもビックリする。

彼の多彩なテクニックがしっかり反映され、オリジナリティー溢れるメジャー・デビュー作。もっと注目されても良いのになあ。まだまだ成熟はしていないし、まだまだ練れていないところもある。しかし、それにも増して、そのテクニックの素晴らしさ、フレーズの美しさ。まだまだ伸びしろが有り余っているのを感じる。次作が早くも待ち遠しい。
 
 
 

《ヴァーチャル音楽喫茶『松和』別館》の更新状況》
 
 ★ AORの風に吹かれて    
【更新しました】 2020.09.02 更新。
 
  ・『Restless Nights』 1979

 ★ まだまだロックキッズ     【更新しました】 2020.09.02 更新。
  
  ・『The Best of The Band』
 
★ 松和の「青春のかけら達」 【更新しました】 2020.09.02 更新。
 
  ・僕達は「タツロー」を発見した
 
 
Matsuwa_billboard 
 
★Twitterで、松和のマスターが呟く。名称「松和のマスター」でつぶやいております。ユーザー名は「v_matsuwa」。「@v_matsuwa」で検索して下さい。

東日本大震災から9年6ヶ月。忘れてはならない。常に関与し続ける。がんばろう東北、がんばろう関東。自分の出来ることから、ずっと復興に協力し続ける。
 
Never_giveup_4 
 

« ダイアナの「リピューマ追悼盤」 | トップページ | デヴィッド・サンボーンの異色盤 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« ダイアナの「リピューマ追悼盤」 | トップページ | デヴィッド・サンボーンの異色盤 »

リンク

  • まだまだロックキッズ(バーチャル音楽喫茶『松和』別館)
    この「松和・別館」では、懐かしの「1970年代のロック」盤の感想や思い出を率直に語ります。これまでの、ジャズ喫茶『松和』マスターのひとりごと・ブログの中で不定期に掲載した、70年代ロックの記事を修正加筆して集約していきます。
  • 松和の「青春のかけら達」(バーチャル音楽喫茶『松和』別館)
    この「松和・別館」では、懐かしの「1970年代のJポップ」、いわゆるニューミュージック・フォーク盤の感想や思い出を率直に語ります。これまでの、ジャズ喫茶『松和』マスターのひとりごと・ブログの中で不定期に掲載した、70年代Jポップの記事を修正加筆して集約していきます。           
  • AORの風に吹かれて(バーチャル音楽喫茶『松和』別館)
    AORとは、Adult-Oriented Rockの略語。一言でいうと「大人向けのロック」。ロックがポップスやジャズ、ファンクなどさまざまな音楽と融合し、大人の鑑賞にも堪えうるクオリティの高いロックがAOR。これまでの、ジャズ喫茶『松和』マスターのひとりごと・ブログの中で不定期に掲載した、AORの記事を修正加筆して集約していきます。  
2020年12月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

カテゴリー