« ジャズ喫茶で流したい・179 | トップページ | サルダビーの「ソロ&デュオ」盤 »

2020年7月28日 (火曜日)

ピアノ・トリオの代表的名盤・84

以前より、我が国では「ピアノ・トリオ」の人気が高い。米国ではそれほどでも無いらしい。米国ではホーンがフロントのジャズが人気。何故かと訊いてみると、判り易いから、だそうだ。ピアノ・トリオは判り難い。それが彼らの言い分。我が国では「ピアノ」は特別な楽器。そのピアノが主役になって奏でられるジャズは特別。加えて、ジャズ・ピアニストには強い個性があって、その個性を感じて愛でる。それが我が国での「ピアノ・トリオ」の楽しみ方。

Walter Bishop Jr.『Speak Low』(写真)。1961年3月14日、NYのBell Sound Studiosでの録音。ちなみにパーソネルは、Walter Bishop Jr. (p), Jimmy Garrison (b), G.T. Hogan (ds)。リーダーのウォルター・ビショップ Jr.は、1927年10月、NY生まれ。1998年1月に70歳で鬼籍に入っている。1949年からジャズの世界で活躍。逝去するまでの約50年の間に残したリーダー作は20作弱。寡作のピアニストである。

確かに寡作のピアニストで、実は「ウォルター・ビショップ Jr.」という名前を聞いて思い浮かぶリーダー作は、この『Speak Low』以外、思いつかない。それもそのはず、他のリーダー作については殆どリイシューされていない。つまりは人気が無い、ということ。というか、「ウォルター・ビショップ Jr.」自体、米国ではマイナーな存在。何故か、我が国だけ、しかもこの『Speak Low』だけが、ジャズ盤紹介本やジャズ雑誌で採り上げられてきた。
 
 
Speak-low  
 
 
リーダーの「ウォルター・ビショップ Jr.」のピアノについては、これと言った強烈な個性は無い。低音を強調した左手が個性と言えば個性だが、その存在感は中途半端。右手は堅実だが「よく回る」ほどでは無い。総合力で勝負するタイプのピアニストではあるが、その総合力も中くらいに位置する程度。ただ強烈な個性が無い分、安心して聴くことのピアノではある。

この盤が我が国で人気なのは、バックのリズム隊、ベースのギャリソンとドラムのホーガンの存在があってのことだろう。この盤でのギャリソンのベースについては、腹を揺すらんばかりの重低音。ソリッドで粘りのある弦の響きは快感ですらある。そして、ホーガンのドラム。堅実かつ実直、メリハリが効いた躍動感溢れるドラミング。このギャリソンとホーガンのリズム隊が、このピアノ・トリオ盤の最大の聴きどころ。

ウォルター・ビショップ Jr.の安心して聴くことの出来るピアノ、そして、強烈なリズム&ビートを供給するリズム隊。この両者のバランスがバッチリ取れて、この盤はピアノ・トリオの類い希な好盤となっているのだ。ピアノ・トリオのもう1つの楽しみ方である「ピアノ・ベース・ドラムの3者一体となったインタープレイ」。それがこの盤では顕著。ピアノ・トリオ好きの我が国のジャズ者の方々には「響く内容」の盤なのだ。
 
 
 

《ヴァーチャル音楽喫茶『松和』別館》の更新状況
 

 ★ AORの風に吹かれて    【更新しました】 2020.07.19 更新。

  ・『Black Rose』 1976

 ★ まだまだロックキッズ     【更新しました】 2020.07.19 更新。

  ・Led Zeppelinの「西部開拓史」

 ★ 松和の「青春のかけら達」 【更新しました】 2020.07.19 更新。

  ・太田裕美『十二月の旅人』


Matsuwa_billboard  

★Twitterで、松和のマスターが呟く。名称「松和のマスター」でつぶやいております。ユーザー名は「v_matsuwa」。「@v_matsuwa」で検索して下さい。

東日本大震災から9年4ヶ月。忘れてはならない。常に関与し続ける。がんばろう東北、がんばろう関東。自分の出来ることから、ずっと復興に協力し続ける。
 
Never_giveup_4
 

« ジャズ喫茶で流したい・179 | トップページ | サルダビーの「ソロ&デュオ」盤 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« ジャズ喫茶で流したい・179 | トップページ | サルダビーの「ソロ&デュオ」盤 »

リンク

  • まだまだロックキッズ(バーチャル音楽喫茶『松和』別館)
    この「松和・別館」では、懐かしの「1970年代のロック」盤の感想や思い出を率直に語ります。これまでの、ジャズ喫茶『松和』マスターのひとりごと・ブログの中で不定期に掲載した、70年代ロックの記事を修正加筆して集約していきます。
  • 松和の「青春のかけら達」(バーチャル音楽喫茶『松和』別館)
    この「松和・別館」では、懐かしの「1970年代のJポップ」、いわゆるニューミュージック・フォーク盤の感想や思い出を率直に語ります。これまでの、ジャズ喫茶『松和』マスターのひとりごと・ブログの中で不定期に掲載した、70年代Jポップの記事を修正加筆して集約していきます。           
  • AORの風に吹かれて(バーチャル音楽喫茶『松和』別館)
    AORとは、Adult-Oriented Rockの略語。一言でいうと「大人向けのロック」。ロックがポップスやジャズ、ファンクなどさまざまな音楽と融合し、大人の鑑賞にも堪えうるクオリティの高いロックがAOR。これまでの、ジャズ喫茶『松和』マスターのひとりごと・ブログの中で不定期に掲載した、AORの記事を修正加筆して集約していきます。  
2020年10月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

カテゴリー