« ジャズ喫茶で流したい・168 | トップページ | 小粋な正統派ジャズ・ギター »

2020年5月 1日 (金曜日)

テナーのオールド・スタイル

ジャズのテナー・サックスの奏法の流れは大まかに言って以下の様である。ビ・バップでは著名なテナー奏者の目立った活躍は無く、オールドスタイルと呼ばれる、ジャズ・テナーの最初の流行のスタイルを踏襲した、レスター・ヤングやコールマン・ホーキンス、ベン・ウェブスターなどが代表的存在として活躍した。そして、ソニー・ロリンズとジョン・コルトレーンの出現によって、「今」に繋がる、テナー・サックスの奏法が「標準のスタイル」として定着した。

オールド・スタイルとは、音のしゃくりと装飾音、それにヴィブラートが多いのが特徴。いわゆる「ムーディーで色気のある雰囲気」を聴かせるスタイルで、とにかくフレーズが「濃い」。ボボボボ、キュィーンと相当の迫力をもって迫ってくる感じ。日本の歌謡曲でいうと「演歌」。相対する「標準のスタイル」は、オールド・スタイルの特徴が全く排除され、スッと伸びたクールなブロウが特徴。吹く時にオールド・スタイルの様な「装飾」が無いので、速いフレーズや複雑なフレーズが吹きやすい。現代ジャズでは、この2つのスタイルが仲良く共存している。

Coleman Hawkins『Hawkins! Alive! At the Village Gate!』(写真左)。1962年8月13, 15日、NYのライブスポット、ヴィレッジ・ゲイトでのライブ録音。ちなみにパーソネルは、Coleman Hawkins (ts), Tommy Flanagan (p), Major Holley (b), Eddie Locke (ds)。テナー・サックスのオールド・スタイルの代表的存在の一人、コールマン・ホーキンスのリーダー作である。
 
 
Hawkins-alive  
 
 
オールド・スタイルのテナーの音は濃い。ボボボボとリードから息が漏れる音がしたり、「つば」が鳴る音がしたりで、ちょっと汚かったりする。ムーディーではあり、色気のあるブロウなんだが、この「濃さ」が、ジャズ盤として聴く時に、ちょっと耳に付いたりする。その辺が、オールド・スタイルの難点。オールド・スタイルのジャズ・テナーを攻略するには、この「難点」を和らげることが重要になる。そういう点から、このホーキンスのライヴ盤は及第点。

選曲はムーディーでクールなスタンダード曲が中心。静かな曲が多いので、オールド・スタイルの「難点」が目立つかな、と不安になるが、冒頭の「All the Things You Are」を聴いて安心する。ビブラートは相変わらずだが「難点」がほどんど目立たない。選曲が良く、スインギーなホーキンスのブロウが際立っている。いわゆる、従来よりジャズが持つ「横揺れの魅力」がこのライブ盤に溢れている。

バックのリズム・セクションも優秀。特に、トミー・フラナガンのピアノが良い。ホーキンスのオールド・スタイルのブロウを効果的に支え、ホーキンスがお休みの時は、ホーキンスのソロの雰囲気を壊さない様に、小粋でスインギーなアドリブ・ソロを披露する。「テナー・サックスの父」とも呼ばれるコールマン・ホーキンス。そのオールド・スタイルのブロウを気持ち良く体験できる、また、ジャズ者初心者の方々が、オールド・スタイルのテナーを体験するにも適した「好ライブ盤」です。
 
 
 

《バーチャル音楽喫茶『松和』別館》の更新状況
 

 ★ AORの風に吹かれて     【更新しました】2020.04.29更新。

  ・『Christopher Cross』 1979

 ★ まだまだロックキッズ       2020.04.19更新。

  ・レッド・ツェッペリン Ⅰ

 ★ 松和の「青春のかけら達」   2020.04.22更新。

  ・チューリップ 『TULIP BEST』
  ・チューリップ『Take Off -離陸-』
 
 
Matsuwa_billboard  

★Twitterで、松和のマスターが呟く。名称「松和のマスター」でつぶやいております。ユーザー名は「v_matsuwa」。「@v_matsuwa」で検索して下さい。

東日本大震災から9年1ヶ月。忘れてはならない。常に関与し続ける。がんばろう東北、がんばろう関東。自分の出来ることから、ずっと復興に協力し続ける。
 
Never_giveup_4
 

« ジャズ喫茶で流したい・168 | トップページ | 小粋な正統派ジャズ・ギター »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« ジャズ喫茶で流したい・168 | トップページ | 小粋な正統派ジャズ・ギター »

リンク

  • まだまだロックキッズ(バーチャル音楽喫茶『松和』別館)
    この「松和・別館」では、懐かしの「1970年代のロック」盤の感想や思い出を率直に語ります。これまでの、ジャズ喫茶『松和』マスターのひとりごと・ブログの中で不定期に掲載した、70年代ロックの記事を修正加筆して集約していきます。
  • 松和の「青春のかけら達」(バーチャル音楽喫茶『松和』別館)
    この「松和・別館」では、懐かしの「1970年代のJポップ」、いわゆるニューミュージック・フォーク盤の感想や思い出を率直に語ります。これまでの、ジャズ喫茶『松和』マスターのひとりごと・ブログの中で不定期に掲載した、70年代Jポップの記事を修正加筆して集約していきます。           
  • AORの風に吹かれて(バーチャル音楽喫茶『松和』別館)
    AORとは、Adult-Oriented Rockの略語。一言でいうと「大人向けのロック」。ロックがポップスやジャズ、ファンクなどさまざまな音楽と融合し、大人の鑑賞にも堪えうるクオリティの高いロックがAOR。これまでの、ジャズ喫茶『松和』マスターのひとりごと・ブログの中で不定期に掲載した、AORの記事を修正加筆して集約していきます。  
2020年10月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

カテゴリー