« 前田憲男とウィンドブレイカーズ | トップページ | 和の純ジャズ・ピアノに辛島あり »

2020年5月29日 (金曜日)

ファンキーな和ピアノ・トリオ

和ジャズの特集週間になっている。いろいろ、資料を漁っていて、これも聴きたい、あれも聴きたい、とアルバムを集めていったら、かなりの数に上ってきた。これはイカン、ということで、徹底的に和ジャズのアルバムを聴き進めて行くことにした。和ジャズといっても、最近のアルバムが中心となる。昔の好盤についてはリイシューのタイミングを捉えての聴き直しになる。

西直樹『My Little Suede Shoes』(写真左)。1980年2月19日の録音。録音エンジニアは菅野沖彦、トリオ・レコードからのリリース。ちなみにパーソネルは、西直樹(p), 山口和与(b), 猪俣猛(ds)。スイング・ジャーナル主催の第14回(1980年度)ジャズ・ディスク大賞の最優秀録音賞(国内録音)を受賞している。つまり、内容も良好、音が良い盤である。

いきなり、昔の好盤のリイシューのタイミングを捉えた聴き直し盤のご紹介である。まだ、CDなど無い、LPの時代。しかも、録音年の1980年はフュージョン・ジャズの大ブームの後半。まだまだ、フォー・ビートなジャズは片隅に追いやられていた時代。

LPの帯紙のキャッチが「フォー・ビートは俺に任せろ!! スタンダード・ナンバーをとり上げて、新鮮で瑞々しい感覚、力強いタッチ、スピード感、よどみなく流れるアドリブ、乗りの良いスイング感で、今後のジャズ界を背負って立つにふさわしい、西直樹の個性を充分に捉えたデビュー・アルバム」とある。なかなか、この盤の特徴を捉えた、優れたキャッチ文句である。
 
 
My-little-suede-shoes_20200529205401  
 
 
冒頭の「Jubilation」から、今までの和ジャズの雰囲気とは異なる。コール・アンド・レスポンスの前奏から、乾いたファンキーな弾き回し。こういった「乾いたファンクネス」丸出しのピアノ・トリオは、それまでの和ジャズにはあまりなかったもの。モードはアーティスティックなのでやるが、ファンキーは俗っぽいからやらない、という当時の和ジャズの傾向に風穴を開けた印象のピアノ・トリオ盤である。

西のピアノのテクニックが凄い。速いフレーズの弾き回しは破綻が無く、乱れが無い。しかも、鍵盤の端から端まで使ったかの様なスケールの広い弾き回し。ダイナミックで幅の広い弾き回しは、まるで、オスカー・ピーターソンのピアノを聴いているみたいだ。アドリブ・フレーズもユニークなもの。バップなピアノであるが、誰かのフォロワーの音では無い、西直樹独特の個性的な音である。

実はこの西直樹、この初リーダー作の後、破竹の勢いで2年間に4枚のリーダー作をトリオ・レコードに残すが、その後は今までに4〜5枚のリーダー作のリリースに留まり、LPの帯紙通り「今後のジャズ界を背負った」とは言い難い。今では、ジャズ・ピアノの教育に力を入れておられるみたいです。

が、この初リーダー作は、非常に内容のあるピアノ・トリオ盤である。ジャケットもなかなか粋なイラスト調で良い感じ。我がバーチャル音楽喫茶『松和』では、今でも時々かかる「息の長い」ヘビロテ盤である。
 
 
 

《バーチャル音楽喫茶『松和』別館》の更新状況
 

 ★ AORの風に吹かれて      2020.05.11更新。

  ・『Another Page』 1983

 ★ まだまだロックキッズ     【更新しました】 2020.05.24更新。

  ・Led Zeppelin Ⅱ (1969)

 ★ 松和の「青春のかけら達」   2020.04.22更新。

  ・チューリップ 『TULIP BEST』
  ・チューリップ『Take Off -離陸-』
 
 
Matsuwa_billboard  

★Twitterで、松和のマスターが呟く。名称「松和のマスター」でつぶやいております。ユーザー名は「v_matsuwa」。「@v_matsuwa」で検索して下さい。

東日本大震災から9年2ヶ月。忘れてはならない。常に関与し続ける。がんばろう東北、がんばろう関東。自分の出来ることから、ずっと復興に協力し続ける。
 
Never_giveup_4
 

« 前田憲男とウィンドブレイカーズ | トップページ | 和の純ジャズ・ピアノに辛島あり »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 前田憲男とウィンドブレイカーズ | トップページ | 和の純ジャズ・ピアノに辛島あり »

リンク

  • まだまだロックキッズ(バーチャル音楽喫茶『松和』別館)
    この「松和・別館」では、懐かしの「1970年代のロック」盤の感想や思い出を率直に語ります。これまでの、ジャズ喫茶『松和』マスターのひとりごと・ブログの中で不定期に掲載した、70年代ロックの記事を修正加筆して集約していきます。
  • 松和の「青春のかけら達」(バーチャル音楽喫茶『松和』別館)
    この「松和・別館」では、懐かしの「1970年代のJポップ」、いわゆるニューミュージック・フォーク盤の感想や思い出を率直に語ります。これまでの、ジャズ喫茶『松和』マスターのひとりごと・ブログの中で不定期に掲載した、70年代Jポップの記事を修正加筆して集約していきます。           
  • AORの風に吹かれて(バーチャル音楽喫茶『松和』別館)
    AORとは、Adult-Oriented Rockの略語。一言でいうと「大人向けのロック」。ロックがポップスやジャズ、ファンクなどさまざまな音楽と融合し、大人の鑑賞にも堪えうるクオリティの高いロックがAOR。これまでの、ジャズ喫茶『松和』マスターのひとりごと・ブログの中で不定期に掲載した、AORの記事を修正加筆して集約していきます。  
2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

カテゴリー