« ブルー・ミッチェル「この一枚」 | トップページ | ジャズ喫茶で流したい・168 »

2020年5月 5日 (火曜日)

注目の「日本発エレ・ジャズ」

リーダーの名前を見て、どっかで見た名前だな、と思った。思わずググってみたら「2018年公開の映画「坂道のアポロン」におけるディーン・フジオカ演じる純兄(じゅんにい)の実際に流れる音のプレイ、及び5年前公開の同作アニメ版でのプレイ。星野源が昨年秋リリースした<さらしもの>でのトランペットソロでのフィーチャー等、ここ数年で評価がうなぎ上りのトランペッター」とある。そうか、どこかで見た名前だと思った。

類家心平『RS5pb』(写真左)。2019年11月23日、12月6日の録音。ちなみにパーソネルは、類家[るいけ]心平 (tp), 田中 “tak” 拓也 (g), 中嶋錠二 (p, key, Rhodes), 鉄井孝司 (b), 吉岡大輔 (ds)。ゲストとして、後関好宏 (ts, bs), 橋本歩 (cello), 高橋暁 (vln), 田中景子 (viola) がクレジットされている。先の「ここ数年で評価がうなぎ上りのトランペッター」、類家心平のリーダー作である。

実際に聴く前に、この盤の評を確認すると「スウィング、R&B、ロック、アバンギャルド、フリー、その他、あらゆる音楽的要素を包含しつつRS5pbと言うバンドにより昇華され繰り広げられる音世界」「更なる進化を遂げた鋭くもスペイシーでスケールの大きなバンド・サウンド」とある。何だか具体的イメージが湧かない評価で、これはもう実際に聴いて体感するしかない。
 
 
Rs5pb  
 
 
で、聴いてみたら、な〜んだ、と思う。エレクトリック・マイルス(エレ・マイルス)な音世界ではないか。音作りの根幹は明らかに「エレ・マイルス」で、エレ・マイルスでも、1970年代中盤、隠遁時代直前の『Dark Magus』から『Agharta』『Pangaea』の音世界から、黒いファンキーでダークな要素をそぎ落とし、硬派でシャープ、ソリッドで切れ味の良い音をマイルドにポップに変換し、とても聴き易い「エレ・マイルス」風の音世界を構築している。

類家心平の吹くトランペットもどこか「マイルス」を想起させる音であり、フレーズであり、エレ・マイルス者の僕として、聴いていて楽しい限り。エレクトリック・ジャズというのは、リズム&ビートの「キメ」が大変重要なんだが、このバンドのリズム&ビートについては、ブレ無く破綻無く、そして、淀みが無い、明快に「キメ」が効いている。重量感もあり、スピード感もあり、演奏全体にソリッドな躍動感を提供していて気持ちが良い。

オリジナルの新曲以外に、ローリング・ストーンズのバラード曲「Lady Jane」をカヴァーしており、こういうところも、現代のコンテンポラリー・ジャズの王道を踏襲していて、日本発のエレ・ジャズとして、コンテンポラリー・ジャズとして、心強い限りである。内容的にも十分にグローバル・レベルのレベルを維持していて立派だ。エレ・ジャズの好盤として注目の一枚である。
 
 
 

《バーチャル音楽喫茶『松和』別館》の更新状況
 

 ★ AORの風に吹かれて     【更新しました】2020.04.29更新。

  ・『Christopher Cross』 1979

 ★ まだまだロックキッズ       2020.04.19更新。

  ・レッド・ツェッペリン Ⅰ

 ★ 松和の「青春のかけら達」   2020.04.22更新。

  ・チューリップ 『TULIP BEST』
  ・チューリップ『Take Off -離陸-』
 
 
Matsuwa_billboard  

★Twitterで、松和のマスターが呟く。名称「松和のマスター」でつぶやいております。ユーザー名は「v_matsuwa」。「@v_matsuwa」で検索して下さい。

東日本大震災から9年1ヶ月。忘れてはならない。常に関与し続ける。がんばろう東北、がんばろう関東。自分の出来ることから、ずっと復興に協力し続ける。
 
Never_giveup_4
 

« ブルー・ミッチェル「この一枚」 | トップページ | ジャズ喫茶で流したい・168 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« ブルー・ミッチェル「この一枚」 | トップページ | ジャズ喫茶で流したい・168 »

リンク

  • まだまだロックキッズ(バーチャル音楽喫茶『松和』別館)
    この「松和・別館」では、懐かしの「1970年代のロック」盤の感想や思い出を率直に語ります。これまでの、ジャズ喫茶『松和』マスターのひとりごと・ブログの中で不定期に掲載した、70年代ロックの記事を修正加筆して集約していきます。
  • 松和の「青春のかけら達」(バーチャル音楽喫茶『松和』別館)
    この「松和・別館」では、懐かしの「1970年代のJポップ」、いわゆるニューミュージック・フォーク盤の感想や思い出を率直に語ります。これまでの、ジャズ喫茶『松和』マスターのひとりごと・ブログの中で不定期に掲載した、70年代Jポップの記事を修正加筆して集約していきます。           
  • AORの風に吹かれて(バーチャル音楽喫茶『松和』別館)
    AORとは、Adult-Oriented Rockの略語。一言でいうと「大人向けのロック」。ロックがポップスやジャズ、ファンクなどさまざまな音楽と融合し、大人の鑑賞にも堪えうるクオリティの高いロックがAOR。これまでの、ジャズ喫茶『松和』マスターのひとりごと・ブログの中で不定期に掲載した、AORの記事を修正加筆して集約していきます。  
2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

カテゴリー