« テナーのオールド・スタイル | トップページ | ジャズ喫茶で流したい・169 »

2020年5月 2日 (土曜日)

小粋な正統派ジャズ・ギター

ジャズ・ギタリストは意外と数が少ない。ピアニストとかサックス奏者に比べると、だが、少ない。ロックとかポップスとか、ギタリストの需要はサックスなどに比べたら、ずっと多いと思うんだが、そのことを考えると、やっぱりジャズ・ギタリストって、絶対数が少ないと思うのだ。やっぱり、他のジャンルに比べたら、演奏難度が高いのかなあ、とも思ったりしている。

そういう背景もあって、新しいジャズ・ギタリストの出現についても数が少なく感じる。逆に、既にデビューしているベテランから中堅どころが継続して、良好なパフォーマンスを維持している、ということになるのかな。それでも、時折、おっこれは、と耳を峙たせてくれる新人が現れるのだから、ジャズは懐が深く裾野は広い。

Jocelyn Gould『Elegant Traveler』(写真左)。 2020年3月20日のリリース。ちなみにパーソネルは、Jocelyn Gould (g), Addison Frei (p), George DeLancey (b), Quincy Davis (ds), Michael Dease (tb -5, 7, 8), Anthony Stanco (tp -5, 7, 10), Brandon Wright (ts -3. 7)。ピアノ・トリオをバックに、りーだーのジョセリン・グールドのギターがフロントのカルテット構成。管楽器は曲によって参加。
 
 
Elegant-traveler-1  
 
 
まず、冒頭のスタンダード曲「It's All Right With Me」を聴いて、なかなかオーソドックスなジャズ・ギターの音に感心する。フュージョンっぽさは薄く、ジャズロックっぽさは皆無。グールドのオリジナル曲もなかなか。2曲目の「Kindling」は優雅でかつ上品な雰囲気を持つ曲で、グールドのギターは流麗でスインギー。このスインギーさが意外と癖になる。4曲目「It Might As Well Be Spring」でのソロでは、グールドのギターの個性が実に良く判る。

この盤に詰まっているグールドのギターを聴いていると、グラント・グリーン、ケニー・バレル、ウェス・モンゴメリー、ジョー・パスなど、メインストリーム系のオーソドックスなジャズ・ギターを踏襲した「音」に思わずニンマリする。2020年の今の時代に、こんなにオーソドックスで純ジャズなギターに出会うとは思わなかった。

とても純直で純朴なメインストリーム系のジャズ・ギターである。特に、スタンダード曲でのパフォーマンスが際立つ。しかし、オーソドックスな系譜のジャズ・ギターでありながら、純ジャズ復古以降のネオ・ハードバップな新しい響きや節回しも見え隠れするのだから、単なる「懐古趣味」なジャズ・ギターで無いことは確か。小粋な正統派ジャズ・ギターである。次作は待ち遠しい。
 
 
 

《バーチャル音楽喫茶『松和』別館》の更新状況
 

 ★ AORの風に吹かれて     【更新しました】2020.04.29更新。

  ・『Christopher Cross』 1979

 ★ まだまだロックキッズ       2020.04.19更新。

  ・レッド・ツェッペリン Ⅰ

 ★ 松和の「青春のかけら達」   2020.04.22更新。

  ・チューリップ 『TULIP BEST』
  ・チューリップ『Take Off -離陸-』
 
 
Matsuwa_billboard  

★Twitterで、松和のマスターが呟く。名称「松和のマスター」でつぶやいております。ユーザー名は「v_matsuwa」。「@v_matsuwa」で検索して下さい。

東日本大震災から9年1ヶ月。忘れてはならない。常に関与し続ける。がんばろう東北、がんばろう関東。自分の出来ることから、ずっと復興に協力し続ける。
 
Never_giveup_4
 

« テナーのオールド・スタイル | トップページ | ジャズ喫茶で流したい・169 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« テナーのオールド・スタイル | トップページ | ジャズ喫茶で流したい・169 »

リンク

  • まだまだロックキッズ(バーチャル音楽喫茶『松和』別館)
    この「松和・別館」では、懐かしの「1970年代のロック」盤の感想や思い出を率直に語ります。これまでの、ジャズ喫茶『松和』マスターのひとりごと・ブログの中で不定期に掲載した、70年代ロックの記事を修正加筆して集約していきます。
  • 松和の「青春のかけら達」(バーチャル音楽喫茶『松和』別館)
    この「松和・別館」では、懐かしの「1970年代のJポップ」、いわゆるニューミュージック・フォーク盤の感想や思い出を率直に語ります。これまでの、ジャズ喫茶『松和』マスターのひとりごと・ブログの中で不定期に掲載した、70年代Jポップの記事を修正加筆して集約していきます。           
  • AORの風に吹かれて(バーチャル音楽喫茶『松和』別館)
    AORとは、Adult-Oriented Rockの略語。一言でいうと「大人向けのロック」。ロックがポップスやジャズ、ファンクなどさまざまな音楽と融合し、大人の鑑賞にも堪えうるクオリティの高いロックがAOR。これまでの、ジャズ喫茶『松和』マスターのひとりごと・ブログの中で不定期に掲載した、AORの記事を修正加筆して集約していきます。  
2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

カテゴリー