« 豪放磊落なモンテローズ盤 | トップページ | 寺井尚子の新盤『Flourish』 »

2020年4月25日 (土曜日)

計算された「考えたジャズ」

「真夏の夜のジャズ」という映画があった。1958年のニューポート・ジャズ・フェスティバルののライブ映像を収録したドキュメンタリー作品であるが、この映画を僕は、まだジャズをよく知らなかった高校時代に見ている。良く知らなかった訳だが、この映画の中で繰り広げられる演奏は、スリリングで理知的で創造的な類の音楽であることは直ぐに判った。思わず、聴き耳を立てたのを、ついこの間の事の様に覚えている。

『The Jimmy Giuffre 3』(写真左)。1956年12月4日、ロサンザルスでの録音。ちなみにパーソネルは、Jimmy Giuffre (cl, ts, bs), Ralph Peña (b), Jim Hall (g)。クラリネット、テナーサックス、バリトンサックスの3つのリード楽器を吹きこなす、リーダーのジミー・ジュフリーと、夭折のベーシストであったラルフ・ペーニャ、そして、伝統的でありながらプログレなギタリスト、ジム・ホール。この3人のトリオ編成。

このトリオ演奏はユニーク。まず、ドラムがいない。リズム&ビートは、ベースとギターが分担。ドラムがいないが躍動感はしっかりキープされている「クールなリズム隊」。そして、演奏を聴けば判るが、当時流行のハードバップな演奏とは似ても似つかない、というか、正反対の雰囲気の「クール」で、計算されアレンジされた即興演奏。この盤に聴かれるジャズは、閃きを基にした即興演奏では無い。明らかに、計算され尽くした「考えたジャズ」である。
 
 
The-jimmy-giuffre-3  
 
 
即興演奏を旨としたジャズである。即興演奏というものには、その時その時の「閃きを基にした」アドリブもあるが、事前に考え、アレンジされ、意思統一されたルールの中で展開されるアドリブもある。鑑賞音楽としてのジャズについては、後者の「考えたアドリブ」もアリである。「実験ジャズ」と揶揄されることもあるが、これも立派なジャズ、これも立派なアドリブである。

どこかホンワカ、ノンビリと牧歌的でフォーキーな雰囲気が漂うが、しっかりとスイングしている。これは、ベースのペーニャ、ギターのホールの「クールなリズム隊」に担うところ大である。ベースとギターのリズム&ビートは、ドラムに比べると音量的に地味なのだが、スイング感は半端ない。リズム・チェンジや緩急の付け方など、柔軟かつ迅速。クールでフォーキーなジュフリーのリード楽器にピッタリと寄り添うが如く、である。

先に語ったドキュメンタリー映画「真夏の夜のジャズ」のオープニングが、ジミー・ジェフリー・トリオのインプロヴィゼーションだった(この時のパーソネルは、Jimmy Giuffre (cl, ts, bs), Bob Brookmeyer (tb), Jim Hall (g) )、のっけから格好良いジャズの登場に耳は釘付け。考えたジャズ、考えた即興演奏は、実にクールで格好良かった。この『The Jimmy Giuffre 3』でも、そんな格好良い、考えた即興演奏を聴くことが出来る。これもジャズである。
 
 
 

《バーチャル音楽喫茶『松和』別館》の更新状況
 

 ★ AORの風に吹かれて     【更新しました】2020.04.18更新。

  ・『Down Two Then Left』 1977
  ・『Silk Degrees』 1976

 ★ まだまだロックキッズ     【更新しました】 2020.04.19更新。

  ・レッド・ツェッペリン Ⅰ

 ★ 松和の「青春のかけら達」 【更新しました】 2020.04.22更新。

  ・チューリップ 『TULIP BEST』
  ・チューリップ『Take Off -離陸-』
 
 
Matsuwa_billboard  

★Twitterで、松和のマスターが呟く。名称「松和のマスター」でつぶやいております。ユーザー名は「v_matsuwa」。「@v_matsuwa」で検索して下さい。

東日本大震災から9年1ヶ月。忘れてはならない。常に関与し続ける。がんばろう東北、がんばろう関東。自分の出来ることから、ずっと復興に協力し続ける。
 
Never_giveup_4
 

« 豪放磊落なモンテローズ盤 | トップページ | 寺井尚子の新盤『Flourish』 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 豪放磊落なモンテローズ盤 | トップページ | 寺井尚子の新盤『Flourish』 »

リンク

  • まだまだロックキッズ(バーチャル音楽喫茶『松和』別館)
    この「松和・別館」では、懐かしの「1970年代のロック」盤の感想や思い出を率直に語ります。これまでの、ジャズ喫茶『松和』マスターのひとりごと・ブログの中で不定期に掲載した、70年代ロックの記事を修正加筆して集約していきます。
  • 松和の「青春のかけら達」(バーチャル音楽喫茶『松和』別館)
    この「松和・別館」では、懐かしの「1970年代のJポップ」、いわゆるニューミュージック・フォーク盤の感想や思い出を率直に語ります。これまでの、ジャズ喫茶『松和』マスターのひとりごと・ブログの中で不定期に掲載した、70年代Jポップの記事を修正加筆して集約していきます。           
  • AORの風に吹かれて(バーチャル音楽喫茶『松和』別館)
    AORとは、Adult-Oriented Rockの略語。一言でいうと「大人向けのロック」。ロックがポップスやジャズ、ファンクなどさまざまな音楽と融合し、大人の鑑賞にも堪えうるクオリティの高いロックがAOR。これまでの、ジャズ喫茶『松和』マスターのひとりごと・ブログの中で不定期に掲載した、AORの記事を修正加筆して集約していきます。  
2020年10月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

カテゴリー