« ジャズ・ヴァイオリンの可能性 | トップページ | 西海岸の「逆・ジャケ買い」盤 »

2020年4月28日 (火曜日)

こんなアルバムあったんや・127

ジャズには「幻の名盤」というものがある。アルバムの内容が優れているにも関わらず、リリースした時の発売枚数があまりに少なくて、ジャズ者リスナーがその盤を求めようとした時に流通在庫が無い、若しくは、あっても、プレミアム価格がついて手が出ないほど高額になっているアルバムのことなんだが、CDの時代になって、突如復刻リイシューされることが頻繁にあって、「幻の名盤」も以前よりは数が少なくなった。

『This Is Pat Moran』(写真左)。1957年12月、シカゴでの録音。ちなみにパーソネルは、Pat Moran (p), Scott LaFaro (b), Gene Gammage (ds)。リーダーのパット・モランは、当時まだ珍しい女性ジャズ・ピアニストである。もともとクラシックのコンサート・ピアニストだったそうだが、ジャズに出会って、一念発起、ジャズ・ピアニストに転向した変わり種。

この盤、ジャケットがなかなかで、かのソニー・クラークのブルーノート盤『クール・ストラッティン』に継ぐ、女性美脚ジャケットとして有名。ただ、この『This Is Pat Moran』の女性美脚はカラー写真で、しかもハイヒールが真っ赤で、ちょっと趣味が悪い。『クール・ストラッティン』は白黒でかつシュッとした出で立ちの女性美脚で、それはそれはクールなジャケット。これと「並ぶ」美脚ジャケットと言うには、ちょっとねえ ・・・・。
 
 
This-is-pat-moran   
 
 
おっと、この盤の話題は美脚ジャケットでは無かった。パーソネルを見れば判るんだが、ビル・エヴァンスのトリオへの参加で有名となる前のスコット・ラファロがベースを担当している。これがこの盤の目玉の1つで、ラファロの高テクニックな、流麗で骨太なベース・ライン、グイグイ迫るランニング・ベース、そして、自由度の高いアドリブ・フレーズが、この盤で、既に完成されていることが判る。このラファロのベースが、アルバム全編に渡って「聴きどころ」のひとつになる。

そして、当然、リーダーの女性ピアニスト、パット・モランのピアノがもう一つの「聴きどころ」になる。彼女のピアノは、一聴だけでは女性ピアニストとは思えない、明確なタッチでダイナミックな弾き回しが個性。しかし、ダイナミックな勢いだけで押すピアノでは無く、アドリブ展開のそこかしこに繊細な節回しも聴くことが出来て、なかなか小粋なピアノではある。ただ、ちょっとだけ、明確な個性に欠けるところは「ご愛嬌」。

ラファロのベースも圧巻ではあるが、リーダーを圧倒せず、しっかりピアノ・トリオの中のベースの役割をしっかり果たしていて、モランのピアノが「明確なタッチでダイナミックな弾き回し」であるが故、ラファロのグイグイ迫るランニング・ベースに、ほぼ負けることなく、バランスの取れたピアノ・トリオとなっている。ピアノ・トリオ盤として、まずまず優れた内容で、決して平凡な内容の盤では無い。
 
 
 

《バーチャル音楽喫茶『松和』別館》の更新状況
 

 ★ AORの風に吹かれて     【更新しました】2020.04.18更新。

  ・『Down Two Then Left』 1977
  ・『Silk Degrees』 1976

 ★ まだまだロックキッズ     【更新しました】 2020.04.19更新。

  ・レッド・ツェッペリン Ⅰ

 ★ 松和の「青春のかけら達」 【更新しました】 2020.04.22更新。

  ・チューリップ 『TULIP BEST』
  ・チューリップ『Take Off -離陸-』
 
 
Matsuwa_billboard  

★Twitterで、松和のマスターが呟く。名称「松和のマスター」でつぶやいております。ユーザー名は「v_matsuwa」。「@v_matsuwa」で検索して下さい。

東日本大震災から9年1ヶ月。忘れてはならない。常に関与し続ける。がんばろう東北、がんばろう関東。自分の出来ることから、ずっと復興に協力し続ける。
 
Never_giveup_4
 

« ジャズ・ヴァイオリンの可能性 | トップページ | 西海岸の「逆・ジャケ買い」盤 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« ジャズ・ヴァイオリンの可能性 | トップページ | 西海岸の「逆・ジャケ買い」盤 »

リンク

  • まだまだロックキッズ(バーチャル音楽喫茶『松和』別館)
    この「松和・別館」では、懐かしの「1970年代のロック」盤の感想や思い出を率直に語ります。これまでの、ジャズ喫茶『松和』マスターのひとりごと・ブログの中で不定期に掲載した、70年代ロックの記事を修正加筆して集約していきます。
  • 松和の「青春のかけら達」(バーチャル音楽喫茶『松和』別館)
    この「松和・別館」では、懐かしの「1970年代のJポップ」、いわゆるニューミュージック・フォーク盤の感想や思い出を率直に語ります。これまでの、ジャズ喫茶『松和』マスターのひとりごと・ブログの中で不定期に掲載した、70年代Jポップの記事を修正加筆して集約していきます。           
  • AORの風に吹かれて(バーチャル音楽喫茶『松和』別館)
    AORとは、Adult-Oriented Rockの略語。一言でいうと「大人向けのロック」。ロックがポップスやジャズ、ファンクなどさまざまな音楽と融合し、大人の鑑賞にも堪えうるクオリティの高いロックがAOR。これまでの、ジャズ喫茶『松和』マスターのひとりごと・ブログの中で不定期に掲載した、AORの記事を修正加筆して集約していきます。  
2020年10月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

カテゴリー