« ピート・ジョリーの代表盤の一枚 | トップページ | こんなアルバムあったんや・126 »

2020年3月 1日 (日曜日)

米国西海岸の「室内楽ジャズ」

米国西海岸ジャズは洒落たアレンジが特徴。かなり高度なスキルに裏付けられたアレンジで、テーマ部のアンサンブルのユニゾン&ハーモニーなどは、クールで計算されたアレンジで、明らかに「聴かれる、聴かせる」ことを意識したジャズであることが判る。音楽であるからして、まずは聴き手に気持ち良く聴いて貰うのが筋、という雰囲気が伝わってくる。これが米国西海岸ジャズの特徴。

『Chico Hamilton Quintet and Buddy Collette』(写真左)。1955年8月の録音。ちなみにパーソネルは、Chico Hamilton (ds), Buddy Collette (ts, as, fl, cl), Fred Katz (cello), Jim Hall (g), Carson Smith (b)。不思議な編成である。当時、当たり前の様に入っていたピアノが無い、代わりにといってはなんだが、チェロが入っていて、ギターが入っているクインテット構成。どんな音がするんだ、と思ってしまう。

聴いてみて良く判るんだが、この盤、米国西海岸ジャズの特徴である「アレンジの妙」を最大限に発揮している内容なのだ。このチコ・ハミルトンのクインテットは「室内楽ジャズ」と呼ばれる。従来のジャズ編成とは異なる「弦楽器が3つ」あって、その「弦楽器が3つ」を前提にしたアレンジを施したジャズがこの盤の「ミソ」。演奏の響き自体が、明らかにクラシックの室内楽的な響きで埋め尽くされている。
 
 
Chico-hamilton-quintet-featuring-buddy-c
 
 
異色のジャズと言ってよいだろう。フレッド・カッツのチェロ、ジム・ホールのギターと共に、フロントの旋律を構成しているが、バディ・コレットのリード楽器&フルート。とりわけ、フルートやクラリネットを駆使した旋律のユニゾン&ハーモニーは実にユニーク。演奏については、しっかりとアレンジされ、譜面を重視したアンサンブルが見事です。演奏テクニックも高度なものがあり、クラシックの如く「室内楽ジャズ」と呼ばれるのが良く判ります。

それではクラシックの様で、ジャジーな雰囲気は薄いのではないか、と思うのですが、これが以外とジャジーな雰囲気は維持されているから面白い。アレンジの中で、いわゆる「ブルーノート」の音階をしっかり押さえていて、「室内楽ジャズ」的なアレンジを施していても、ユニゾン&ハーモニーの底にジャジーな雰囲気が流れている。加えて、アドリブ展開では、きっちりジャズの演奏に戻っているのが「ニクい」。

ジャケット・デザインも、メンバーそれぞれが楽器を持ってポーズをとった姿が、バランス良くあしらわれたもので、当時としてはデザイン性の高いジャケットである。「室内楽ジャズ」と呼ばれ、優れたアレンジを施した内容は、優れたジャケット・デザインと併せて、ジャズをアーティステックな音楽として鑑賞する「ハイソサエティな聴衆」向けであることが想像出来る。いわゆる「聴かれる、聴かせる」ことを意識したジャズの好例がこの盤である、と言える。
  
 
《バーチャル音楽喫茶『松和』別館》

【更新しました】2020.03.01
  まだまだロックキッズ ・・・・ 後世に語り継ぐべき「タルカス」

【更新しました】2020.03.01
  青春のかけら達 ・・・・ 荒井由実『MISSLIM (ミスリム)』 

 

★Twitterで、松和のマスターが呟く。名称「松和のマスター」でつぶやいております。ユーザー名は「v_matsuwa」。「@v_matsuwa」で検索して下さい。

東日本大震災から8年11ヶ月。忘れてはならない。常に関与し続ける。がんばろう東北、がんばろう関東。自分の出来ることから、ずっと復興に協力し続ける。
 
Never_giveup_4
 

« ピート・ジョリーの代表盤の一枚 | トップページ | こんなアルバムあったんや・126 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« ピート・ジョリーの代表盤の一枚 | トップページ | こんなアルバムあったんや・126 »

リンク

  • まだまだロックキッズ(バーチャル音楽喫茶『松和』別館)
    この「松和・別館」では、懐かしの「1970年代のロック」盤の感想や思い出を率直に語ります。これまでの、ジャズ喫茶『松和』マスターのひとりごと・ブログの中で不定期に掲載した、70年代ロックの記事を修正加筆して集約していきます。
  • 松和の「青春のかけら達」(バーチャル音楽喫茶『松和』別館)
    この「松和・別館」では、懐かしの「1970年代のJポップ」、いわゆるニューミュージック・フォーク盤の感想や思い出を率直に語ります。これまでの、ジャズ喫茶『松和』マスターのひとりごと・ブログの中で不定期に掲載した、70年代Jポップの記事を修正加筆して集約していきます。           
  • AORの風に吹かれて(バーチャル音楽喫茶『松和』別館)
    AORとは、Adult-Oriented Rockの略語。一言でいうと「大人向けのロック」。ロックがポップスやジャズ、ファンクなどさまざまな音楽と融合し、大人の鑑賞にも堪えうるクオリティの高いロックがAOR。これまでの、ジャズ喫茶『松和』マスターのひとりごと・ブログの中で不定期に掲載した、AORの記事を修正加筆して集約していきます。  
2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

カテゴリー