« リラックスした演奏が魅力です | トップページ | 音楽喫茶『松和』の昼下がり・72 »

2020年1月14日 (火曜日)

ジャズ喫茶で流したい・157

1970年代の米国ジャズは、クロスオーバー〜フュージョン・ジャズの時代。ポップス&ロックが商業路線に乗って台頭〜人気を博し、ジャズがマイナーな存在に追いやられていった時代。さぞかし、純ジャズは「絶滅危惧種」だったんやろな、と思いきや、意外とコンスタントに新盤がリリースされていた。いわゆる「どっこい純ジャズは生きていた」である。

米国の音楽界の中ではマイナーな存在になっていったんだろうが、一定数のニーズはキープしていたと思われる。1970年代は、我が国ではクロスオーバー〜フュージョン・ジャズがもてはやされ、純ジャズは「過去のジャズ」として扱われていた。過去の人気ジャズメンのリーダー作以外、ジャズ雑誌などで紹介されることは少なかった、と記憶している。

Hugh Lawson Trio『Prime Time』(写真)。1977年10月20日の録音。ちなみにパーソネルは、Hugh Lawson (p), Bob Cranshaw (b), Ben Riley (ds)。当時、なかなかの強者ベーシスト&ドラマーを擁して、ヒュー・ローソンがピアノを弾きまくっている。ローソンの初リーダー作である。気合い十分である。
 
 
Prime-time  
 
 
僕は1988年録音のジョージ・アダムスの『Nightingale』という盤でローソンの名を知った。が、ローソンのリーダー作には出会うことは無かった。僕がこのローソンの初リーダー作を聴いたのはつい最近のことである。力感溢れる正統な純ジャズ・ピアノトリオ盤。ピアノのヒュー・ローソンは「隠れた名手」。スカッとする弾き回しが実に良い。

ヒュー・ローソンは「隠れた名手」と評価されている。確かに「名手」、胸の空くようなテクニックである。爽快感抜群の弾き回しがとても良い。バックのリズム隊もそんなローソンをガッチリとサポートしている。過去のハードバップ時代に無い、新しい響きと弾き回しの「1970年代のピアノ・トリオ」といった雰囲気がとても魅力的。

ローソンのリーダー盤は、1977年に録音されたこの『Prime Time』。1983年に『Colour』、1989年に『Casablanca』の3枚のみ。寡作であるが故、我が国では紹介されることは、まず無かった。つまりは「隠れた名手」。がしかし、最近、ジャズ盤のダウンロード・サイトでこのローソンのリーダー番を聴くことが出来る様になった。良い時代になったものである。
 
 
 
東日本大震災から8年10ヶ月。忘れてはならない。常に関与し続ける。がんばろう東北、がんばろう関東。自分の出来ることから、ずっと復興に協力し続ける。
 
Never_giveup_4
 
Twitterで、松和のマスターが呟く。名称「松和のマスター」でつぶやいております。ユーザー名は「v_matsuwa」。「@v_matsuwa」で検索して下さい。
 

« リラックスした演奏が魅力です | トップページ | 音楽喫茶『松和』の昼下がり・72 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« リラックスした演奏が魅力です | トップページ | 音楽喫茶『松和』の昼下がり・72 »

リンク

  • まだまだロックキッズ(バーチャル音楽喫茶『松和』別館)
    この「松和・別館」では、懐かしの「1970年代のロック」盤の感想や思い出を率直に語ります。これまでの、ジャズ喫茶『松和』マスターのひとりごと・ブログの中で不定期に掲載した、70年代ロックの記事を修正加筆して集約していきます。
  • 松和の「青春のかけら達」(バーチャル音楽喫茶『松和』別館)
    この「松和・別館」では、懐かしの「1970年代のJポップ」、いわゆるニューミュージック・フォーク盤の感想や思い出を率直に語ります。これまでの、ジャズ喫茶『松和』マスターのひとりごと・ブログの中で不定期に掲載した、70年代Jポップの記事を修正加筆して集約していきます。           
  • AORの風に吹かれて(バーチャル音楽喫茶『松和』別館)
    AORとは、Adult-Oriented Rockの略語。一言でいうと「大人向けのロック」。ロックがポップスやジャズ、ファンクなどさまざまな音楽と融合し、大人の鑑賞にも堪えうるクオリティの高いロックがAOR。これまでの、ジャズ喫茶『松和』マスターのひとりごと・ブログの中で不定期に掲載した、AORの記事を修正加筆して集約していきます。  
2020年10月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

カテゴリー