« ジャズ喫茶で流したい・159 | トップページ | ディー・ディーのソウルフルな好盤 »

2020年1月30日 (木曜日)

音楽喫茶『松和』の昼下がり・74

毎月毎月、ジャズのアルバムが沢山リリースされるもんだ、と感心している。特に世界レベルで見てみると、かなりの数になる。ジャズがポップス音楽のメインから滑り落ち、マニアックでマイナーな存在になって久しいが、これだけの数のアルバムがリリースされるなんて、そんなにジャズにリスナーからの需要があるのかなあ、と半信半疑になっている。

しかし、ジャズ盤コレクターとしては、多くの新盤のジャケットを眺めているだけでも楽しい。喜ばしいことである。最近では、その新盤のリーダーの名前を見て、知らない名前の場合、まずジャケットを見てピンときたら、パーソネルを確認する。そして、そのパーソネルの中に、僕のお気に入りのジャズマンがいれば、必ず、その盤は聴く。で、今回はこの新盤である。

Jon Cowherd『Gateway』(写真左)。2019年12月のリリース。ちなみにパーソネルは、Jon Cowherd (p), Steve Cardenas (g), Tony Scherr (b), Brian Blade (ds)。カサンドラ・ウィルソン、ネイト・スミス、、ジョン・パティトゥッチとの共演のほか、作曲家・プロデューサーとしても評価の高い、とネットの記事にあるが、僕は、リーダーのピアニスト、ジョン・カウハードを知らない。
 
 
Gateway-1  
 
 
しかし、パーソネルを見渡すと、ドラムにブライアン・ブレイドがいるではないか。これは「買い」である。僕はブレイドのドラムが大好き。で、まずは冒頭のタイトル曲「Gateway」を聴く。躍動感豊かで壮大な音の広がりが魅力の音作り。エレギの音はファンクネス皆無、伸びの良い印象的な音色が印象的で、米国の大地の風景を見ている様な、フォーキーでネイチャーな音世界が実に良い。

ブレイドのドラミングがこの「ネイチャー・ジャズ」なサウンドに躍動感を与えているのだ。そして、リーダーの買うハードのピアノが、硬質でクリスタルな響きと流れる様なフレーズが「ネイチャー・ジャズ」なサウンドに拡がりを与えている。そして、ベースがしっかりとグループサウンドの底を押さえて、重心の低い、座りの良いモード・ジャズを支える。

この盤の特徴は、全編に渡った、米国の大地や大自然の風景を見ている様な、印象的でフォーキーでネイチャーな音世界。僕は以前より勝手に「ネイチャー・ジャズ」と呼ぶ。そんな音がギッシリ詰まった好盤。ジャケットを見れば、まさにその音の特徴にピッタリなイメージのジャケ写。ジャケット良し、パーソネル良し。そして、聴いてみると、音楽喫茶の昼下がりにピッタリの「良質のネーチャー・ジャズ」。
 
 
 
東日本大震災から8年10ヶ月。忘れてはならない。常に関与し続ける。がんばろう東北、がんばろう関東。自分の出来ることから、ずっと復興に協力し続ける。
 
Never_giveup_4
 
Twitterで、松和のマスターが呟く。名称「松和のマスター」でつぶやいております。ユーザー名は「v_matsuwa」。「@v_matsuwa」で検索して下さい。
 

« ジャズ喫茶で流したい・159 | トップページ | ディー・ディーのソウルフルな好盤 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« ジャズ喫茶で流したい・159 | トップページ | ディー・ディーのソウルフルな好盤 »

リンク

  • まだまだロックキッズ(バーチャル音楽喫茶『松和』別館)
    この「松和・別館」では、懐かしの「1970年代のロック」盤の感想や思い出を率直に語ります。これまでの、ジャズ喫茶『松和』マスターのひとりごと・ブログの中で不定期に掲載した、70年代ロックの記事を修正加筆して集約していきます。
  • 松和の「青春のかけら達」(バーチャル音楽喫茶『松和』別館)
    この「松和・別館」では、懐かしの「1970年代のJポップ」、いわゆるニューミュージック・フォーク盤の感想や思い出を率直に語ります。これまでの、ジャズ喫茶『松和』マスターのひとりごと・ブログの中で不定期に掲載した、70年代Jポップの記事を修正加筆して集約していきます。           
  • AORの風に吹かれて(バーチャル音楽喫茶『松和』別館)
    AORとは、Adult-Oriented Rockの略語。一言でいうと「大人向けのロック」。ロックがポップスやジャズ、ファンクなどさまざまな音楽と融合し、大人の鑑賞にも堪えうるクオリティの高いロックがAOR。これまでの、ジャズ喫茶『松和』マスターのひとりごと・ブログの中で不定期に掲載した、AORの記事を修正加筆して集約していきます。  
2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

カテゴリー