« ロングマイヤーはギタリスト | トップページ | 静的でエモーショナルなロイド »

2019年12月11日 (水曜日)

メル・ルイスの「双葉より芳し」

今、米国西海岸ジャズの中の、Mode Labelの「西海岸の肖像画ジャケット」のシリーズに填まっている。とにかく、西海岸ジャズの特徴と個性がグッと詰まっているのと、隠れた名手、隠れた個性をこのレーベルはピックアップしているので、リーダーが知らない名前であっても決して隅に置けない。

このMode Labelからリリースされたアルバムは録音時期が1957年の4ケ月間に集中しており、このMode Label自体、その短い期間に30枚弱のレコードをリリースした後、忽然としてシーンから消えた。実に不思議なジャズ・レーベルである。録音時期が1957年に集中しているので、このレーベルに残された音は、1957年、米国西海岸ジャズの最盛期の一年を切り取った、その時点での米国西海岸ジャズの状況を記録しているのだ。

『Mel Lewis Sextet』(写真左)。1957年6月の録音。ちなみにパーソネルは、Charlie Mariano (as, ts), Buddy Clark (b), Mel Lewis (ds), Marty Paich (p), Bill Holman (ts, bs), Jack Sheldon (tp)。米国西海岸ジャズの精鋭達を集めた素晴らしいセクステット構成。米国西海岸ジャズはバリサクの活用が目立つが、ここでも、ビル・ホルマンがバリサクを担当している。
 
 
Mel-lewis-sextet-1  
 
 
冒頭の「Brookside」から、米国西海岸ジャズの「良きサンプル」の様な、米国西海岸ジャズらしい演奏が繰り広げられる。さすがにこのアルバムを流すと、3曲目くらいで、聴いている方は、これが「米国西海岸ジャズ」であることが明確に理解出来る。良きアレンジ、良きテクニック、心地良く響くフロント管のユニゾン&ハーモニー、流麗なアドリブ展開。これぞ「西海岸ジャズ」。

リーダーのメル・ルイスと言えば、後に、サド・ジョーンズ組んで「サド・メル オーケストラ」を立ち上げ、活躍したドラマーなのだが、そう言われてみれば、このリーダー盤に収録されている音世界は、どれもが「ジャズ・オーケストラ」に置き換えても、全く違和感の無いアレンジが施されている。メルの後のジャズ・オケでの活躍を暗示させる内容に思わずニンマリ。所謂「栴檀は双葉より芳し」である。

サイドメンのいずれも高いレベルのテクニックとパフォーマンスを披露していて、聴いていてとても心地良い。ジャズの良い部分をしっかりと感じさせてくれる好盤である。この盤を聴いてみて、米国ジャズを東海岸偏重で聴くことはあまりに能が無い、ということを再認識する。西海岸ジャズは個性と特徴をメインに、優れたジャズとしてのパフォーマンスを記録している。
 
 
 
東日本大震災から8年9ヶ月。忘れてはならない。常に関与し続ける。がんばろう東北、がんばろう関東。自分の出来ることから、ずっと復興に協力し続ける。
 
Never_giveup_4
 
Twitterで、松和のマスターが呟く。名称「松和のマスター」でつぶやいております。ユーザー名は「v_matsuwa」。「@v_matsuwa」で検索して下さい。
 

« ロングマイヤーはギタリスト | トップページ | 静的でエモーショナルなロイド »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« ロングマイヤーはギタリスト | トップページ | 静的でエモーショナルなロイド »

リンク

  • まだまだロックキッズ(バーチャル音楽喫茶『松和』別館)
    この「松和・別館」では、懐かしの「1970年代のロック」盤の感想や思い出を率直に語ります。これまでの、ジャズ喫茶『松和』マスターのひとりごと・ブログの中で不定期に掲載した、70年代ロックの記事を修正加筆して集約していきます。
  • 松和の「青春のかけら達」(バーチャル音楽喫茶『松和』別館)
    この「松和・別館」では、懐かしの「1970年代のJポップ」、いわゆるニューミュージック・フォーク盤の感想や思い出を率直に語ります。これまでの、ジャズ喫茶『松和』マスターのひとりごと・ブログの中で不定期に掲載した、70年代Jポップの記事を修正加筆して集約していきます。           
  • AORの風に吹かれて(バーチャル音楽喫茶『松和』別館)
    AORとは、Adult-Oriented Rockの略語。一言でいうと「大人向けのロック」。ロックがポップスやジャズ、ファンクなどさまざまな音楽と融合し、大人の鑑賞にも堪えうるクオリティの高いロックがAOR。これまでの、ジャズ喫茶『松和』マスターのひとりごと・ブログの中で不定期に掲載した、AORの記事を修正加筆して集約していきます。  
2020年10月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

カテゴリー