« 西海岸ジャズのブラウニーです | トップページ | JALCのクリスマス・ソング集 »

2019年12月23日 (月曜日)

エディ・ハリスを侮るなかれ

実は僕は「Eddie Harris(エディ・ハリス)」のテナー・サックスが好きだ。レス・マッキャンと組んだ『Swiss Movement』を聴いて、このハリスのテナーを聴いて感心した。とにかくテナーが良く鳴っている。だけど、ずっと我が国での評価は芳しくない感じがずっと続いている。純ジャズはもちろんのこと、ファンクあり、ラップあり、冗談音楽のようなアプローチもやったりするから、ジャズをシビアに捉える我が国ではまず「ウケない」。

「際物」扱いされることもしばしばである。それでも、1990年後半からの紙ジャケ・ブームに乗って、先の『Swiss Movement』などがリイシューされて喜ばしい限り。但し、先にも述べたとおり、エディ・ハリスは、器用貧乏というか、プレイヤーとしての焦点が定めにくい。よって、代表作を絞りにくい。ハリスの様々な「芸風」毎に、ハリスらしい好盤を選んだ方が良いみたいだ。

『The Electrifying Eddie Harris』(写真左)。1967年3月20日でのニューヨーク録音。ちなみにパーソネルは、Eddie Harris (ts, varitone), Jodie Christian (p), Melvin Jackson (b), Richard Smith (ds) がメイン。Melvin Lastie, Joe Newman (tp), King Curtis (ts), David Newman (ts, bs),Haywood Henry (bs), Ray Barretto, Joe Wohletz (perc) が客演している。
 

The-electrifying-eddie-harris-1

 
いち早く電気サックスを取り入れたエディ・ハリスの好盤。パッキパキのファンクネス溢れるソウル・ジャズかしら、と思いきや、冒頭の「Theme in Search of a Movie」の様に映画音楽のような美しいバラードからノリのいいミディアム・テンポのナンバーまでバラエティ豊かな内容が魅力。後のフュージョン・ジャズを先取りした様な内容におもわず頬が緩む。
 
4曲目の「Sham Time」がこれまたエディ・ハリスらしい、ラテン調のソウル・ジャズ大会。とにかく楽しい音世界。ジャズって良いなあ、って思う。エディ・ハリスって、曲調毎にテナーの「芸風」を変えているのだ。素晴らしいテクニックである。しかも、テナー・サックスがとても良く鳴っている。どんな音のテナーも耳に馴染む。これって、良い楽器が良い楽器らしく「鳴らされている」からなんだよね。
 
エディ・ハリスについては、サブスク音楽サイトで、かなりの数のリーダー作がアップされている。良い時代になったもんだ。今回のエディ・ハリスとの再会を機会に、ハリスのリーダー作を一気聴きしようかと考えている。なんだかワクワクする。これだから「ジャズ盤鑑賞の旅」は止められない。暫くは「エディ・ハリスの森」を彷徨うことになりそうだ。
 
 
 
東日本大震災から8年9ヶ月。忘れてはならない。常に関与し続ける。がんばろう東北、がんばろう関東。自分の出来ることから、ずっと復興に協力し続ける。
 
Never_giveup_4
 
Twitterで、松和のマスターが呟く。名称「松和のマスター」でつぶやいております。ユーザー名は「v_matsuwa」。「@v_matsuwa」で検索して下さい。
 

« 西海岸ジャズのブラウニーです | トップページ | JALCのクリスマス・ソング集 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 西海岸ジャズのブラウニーです | トップページ | JALCのクリスマス・ソング集 »

リンク

  • まだまだロックキッズ(バーチャル音楽喫茶『松和』別館)
    この「松和・別館」では、懐かしの「1970年代のロック」盤の感想や思い出を率直に語ります。これまでの、ジャズ喫茶『松和』マスターのひとりごと・ブログの中で不定期に掲載した、70年代ロックの記事を修正加筆して集約していきます。
  • 松和の「青春のかけら達」(バーチャル音楽喫茶『松和』別館)
    この「松和・別館」では、懐かしの「1970年代のJポップ」、いわゆるニューミュージック・フォーク盤の感想や思い出を率直に語ります。これまでの、ジャズ喫茶『松和』マスターのひとりごと・ブログの中で不定期に掲載した、70年代Jポップの記事を修正加筆して集約していきます。           
  • AORの風に吹かれて(バーチャル音楽喫茶『松和』別館)
    AORとは、Adult-Oriented Rockの略語。一言でいうと「大人向けのロック」。ロックがポップスやジャズ、ファンクなどさまざまな音楽と融合し、大人の鑑賞にも堪えうるクオリティの高いロックがAOR。これまでの、ジャズ喫茶『松和』マスターのひとりごと・ブログの中で不定期に掲載した、AORの記事を修正加筆して集約していきます。  
2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

カテゴリー