最近のトラックバック

« ビッグバンド・ジャズは楽し・46 | トップページ | ビアンキのオルガンは個性的 »

2019年7月 5日 (金曜日)

ジャズ喫茶で流したい・152

ジャズの新盤を聴いていると、これは、という素敵なアルバムに遭遇することがある。それも、これ誰だ、という感じの全く知らない名前のジャズマンが多い。確かにジャズの裾野は広い。長年、既に40年以上、ジャズを聴き続けているが、それでも「これ誰だ」という素敵なジャズメンに遭遇することがまだまだある。
 
Scott Robinson『Tenormore』(写真左)。2018年1月の録音。ちなみにパーソネルは、Scott Robinson (ts), Helen Sung (p, org), Martin Wind (b), Dennic Mackrel (ds)。パーソネルを見渡してみて、誰一人として旧知のジャズ・ミュージシャンはいない。う〜ん、ジャケットも押しの強いテナー・マンのおっさんのアップ。最初はかなり「ひいた」。しかし、こういう強面顔のミュージシャンって、味のある、職人肌の人が多い。ちょっとだけ期待して「聴いてみた」。
 
冒頭の「And I Love Her」。これって、レノン&マッカートニーの名曲のカヴァーやん、と思っていたら、ゆったりおもいっきり、エモーショナルで情感たっぷりなテナー・ソロがブワーッと出てくる。これ素晴らしいやん。思わず、ジャケットの強面顔をまじまじと見直す。このテナーマンのおじさん、凄いんやないか。で、2曲目「Tenor Eleven」、ドラムとベースとピアノが入って、正統派な純ジャズなカルテット演奏。ダンディズム溢れるテナーサックスが凄く心地良く響き渡る。
 
 
Tenormore-scott
 
 
良い。これは良い。これは素晴らしく官能的で躍動的で耽美的なテナー・サックスである。ブラスの響きも芳しく、テナー・サックスのブロウを心ゆくまで堪能出来る。7曲目の「Rainy River」や9曲目の「The Nearness Of You」ではオルガンが入って、これまたジャジーでファンキーな雰囲気が蔓延し、そんな中をロビンソンのテナーが官能的に練り歩く。
 
ロビンソンのテナー・サックスは、その表現について幅が広い。伝統的なハードバップなブロウから、モードも充実。いきなりフリーキーに吹き上げることも出来る。速いパッセージもイケるし、バラードな表現力も抜きんでている。収録されたどの曲もロビンソンのテナーの魅力が溢れている。今まで、どうしてこんな素敵なテナーマンを知らなかったんだろうか。逆に、今回、出会えて良かった。生きていて良かった。
 
このロビンソンの新盤、ロビンソンは様々な種類のサックス吹き判ることが出来る名手なんだが、今回は「一番得意なサックスはこれだ」ということで、テナー・サックスだけに絞り込んで録音した盤とのこと。気合い十分なのが聴いてとれる。この盤、ほんと好盤です。ジャズ・テナーを堪能するのに最適なアルバム。特にテナー・サックス好きのジャズ者の方々には絶対のお勧め。いや〜良い盤に出会えました。
 
 
 
東日本大震災から8年3ヶ月。忘れてはならない。常に関与し続ける。がんばろう東北、がんばろう関東。自分の出来ることから、ずっと復興に協力し続ける。
 
Never_giveup_4
 
Twitterで、松和のマスターが呟く。名称「松和のマスター」でつぶやいております。ユーザー名は「v_matsuwa」。「@v_matsuwa」で検索して下さい。
 

« ビッグバンド・ジャズは楽し・46 | トップページ | ビアンキのオルガンは個性的 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« ビッグバンド・ジャズは楽し・46 | トップページ | ビアンキのオルガンは個性的 »

リンク

  • 松和 / ジャズ・フュージョン館
    ホームページを一新しました。「ジャズ・フュージョン館」と「懐かしの70年代館」の入り口を一本化し、内容的には、当ブログの記事のアーカイブを基本としています。  
  • 松和 / 懐かしの70年代館入口
    更新は停止し、新HPへ一本化中。新しいブラウザーではレイアウトが崩れたりと申し訳ありません。
2019年8月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

カテゴリー

常連さんのブログ

  • 70年代思い出の名曲
    music70sさんのブログ。タイトル通り、定期的に、70年代の懐かしのアルバムを紹介されています。なかなか、マニアックなアルバム選択、曲選択に、思わずニンマリしてしまいます。
  • いそいそジャズ喫茶通い
    yuriko*さんのブログ。都内のジャズ喫茶への訪問記録。ジャズと言えば『ジャズ喫茶』。敷居が高くて、と思っている方々に是非読んで頂きたいブログ。実際の訪問記録ですから読んでいて楽しく、実際の訪問時の参考になります。
無料ブログはココログ