最近のトラックバック

« ライトでポップなハードバップ盤 | トップページ | ライトで緩やかジャズ・ファンク »

2019年5月23日 (木曜日)

ブランフォードの最新作は良い

1980年代後半、純ジャズ復古のムーブメントに乗じて台頭した「新伝承派」。その中心にいたのが、マルサリス一派。特に、次男坊のウィントン・マルサリスが最右翼。兄貴のブランフォードは、弟とはちょっと距離を置いた。純ジャズは良いが、フュージョンも良い。ロックにサイドマンとして参画するのも良い。
 
いわゆるブランフォード・マルサリスはマルチ・タレント。弟ウィントンは純ジャズ一辺倒。一辺倒過ぎて「疎まれ」気味。兄貴は「いい加減」と映るか「柔軟性大」と映るか。僕は「柔軟性大」と感じた。ブランフォードはマルチ・タレント。様々な方向にその才能を発揮してきた。しかし、最近は活動が落ち着いていた。

Branford Marsalis Quartet『The Secret Between the Shadow and the Soul』(写真左)。ブランフォードの3年振りのリーダー作になる。ちなみにパーソネルは、Branford Marsalis (ts, ss), Joey Calderazzo (p), Eric Revis (b), Justin Faulkner (ds)。パーソネルを見渡すと「選んでいるなあ」と思う。これは久し振りに、バリバリのメインストリーム・ジャズではないか、という期待感。
 
 
The-secret-between-the-shadow-and-the-so  
 
 
冒頭の「Dance Of The Evil Toys 」を聴くと、思わず「おおっ」と声を上げたくなる。フリー・ジャズではないか。うむむ、このところ、久し振りに硬派な骨太なフリー・ジャズを聴いた。ブランフォードのテナーは徹底的にモーダルなフレーズを吹きまくり、自由度抜群の節回し。カルデラッツォのピアノがこんなにフリーに傾倒するなんて驚き。クールで静かに熱い、現代のフリー・ジャズがここにある。
 
続く「Conversation Among The Ruins」は静的なバラード。ファンクネスを排除した、クールで耽美的なバラード。くすんだ単色のグラデーションの様な音色。欧州ジャズの様な静謐感。それでいて、演奏の底にしっかりとしたテンションを張っていて、叙情的に流されること無く、緩むところは全く無い。
 
ラストの「The Windup」は、キース・ジャレットの作。1974年のヨーロピアン・カルテットでの『Belonging』の中の1曲。限りなく自由度の高い、ほとんどフリーな演奏がスリリングであり、切れ味良く美しい。このブランフォードの最新作、最近のメインストリーム・ジャズ盤の中でも屈指の出来の良さ。聴き応え十分である。
 
 
 
東日本大震災から8年2ヶ月。忘れてはならない。常に関与し続ける。がんばろう東北、がんばろう関東。自分の出来ることから、ずっと復興に協力し続ける。
 
Never_giveup_4
 
Twitterで、松和のマスターが呟く。名称「松和のマスター」でつぶやいております。ユーザー名は「v_matsuwa」。「@v_matsuwa」で検索して下さい。
 

« ライトでポップなハードバップ盤 | トップページ | ライトで緩やかジャズ・ファンク »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« ライトでポップなハードバップ盤 | トップページ | ライトで緩やかジャズ・ファンク »

リンク

  • 松和 / ジャズ・フュージョン館
    ホームページを一新しました。「ジャズ・フュージョン館」と「懐かしの70年代館」の入り口を一本化し、内容的には、当ブログの記事のアーカイブを基本としています。  
  • 松和 / 懐かしの70年代館入口
    更新は停止し、新HPへ一本化中。新しいブラウザーではレイアウトが崩れたりと申し訳ありません。
2019年8月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

カテゴリー

常連さんのブログ

  • 70年代思い出の名曲
    music70sさんのブログ。タイトル通り、定期的に、70年代の懐かしのアルバムを紹介されています。なかなか、マニアックなアルバム選択、曲選択に、思わずニンマリしてしまいます。
  • いそいそジャズ喫茶通い
    yuriko*さんのブログ。都内のジャズ喫茶への訪問記録。ジャズと言えば『ジャズ喫茶』。敷居が高くて、と思っている方々に是非読んで頂きたいブログ。実際の訪問記録ですから読んでいて楽しく、実際の訪問時の参考になります。
無料ブログはココログ