最近のトラックバック

« 東欧~中東的旋律が更に濃厚 | トップページ | 4300番台のドン・チェリー »

2019年5月18日 (土曜日)

グラント・グリーンってブレない

何度も書いて申し訳ないが、ブルーノート・レーベルの4300番台のアルバムは、聴き易さ、ポップさを最優先にしたプロデュースが意識されていたように思う。ジャズらしい尖った要素は基本的に横に置いておいて、とにかく聴き易さ優先。この時代には、アルフレッド・ライオンが積み上げたブルーノート・レーベルとしての硬派な矜持はどこへやら、な状態であった。

Grant Green『Goin' West』(写真左)。1962年11月30日の録音。リリースは1969年。ブルーノートの4310番。ちなみにパーソネルは、Grant Green (g), Herbie Hancock (p), Reggie Workman (b), Billy Higgins (ds)。 グリーンのギター1本だけがフロントを張り、バックは、ハンコックをピアノに据えた新主流派なリズム・セクション。さぞかしジャズの先端をいく、モーダルな音世界が展開されると思いきや、この盤、タイトルからも判る通り、ブルーノート・レーベルには珍しい「企画盤」。
 
収録曲を見渡しても判る様に「米国西海岸の西部劇の世界」をイメージする曲が選曲されている。つまりは、グラント・グリーンのパッキパキのシングルトーンが個性のブルージーでファンキーなギターでC&W(カントリー&ウエスタン)系の曲をやった訳。「I Can't Stop Loving You(愛さずにはいられない)」「Red River Valley(赤い河の谷間)」、それにロリンズの『Way Out West』での名演で勇名になった「Wagon Wheels(ワゴン・ホィール)」など、耳に馴染みのある曲がズラリと並ぶ。
 
 
Goin-west  
 
 
しかしながら、グラント・グリーンって全くブレない人で、何をやらせても、結局は「パッキパキのシングルトーンが個性のブルージーでファンキーな」演奏に仕上がってしまうのだ。この盤でも、「米国西海岸の西部劇の世界」をイメージする、ポピュラーな曲が選択されているのだから、もっとポップでもっと聴き易くなっても良いのになあ、と思うのだが、これが意外と硬派な純ジャズ風な内容に仕上がっているのだから、聴きながら思わず、苦笑い、である。
 
まあ、こういう完璧職人肌のギタリストに、ポップで聴き易い演奏をやれっていうほうが野暮だ。グラントはアルバムの最初から終わりまで、一貫して、ファンクネスを湛えたパッキパキのブルージーなギターを弾きまくっている。原曲は「米国西海岸の西部劇の世界」をイメージするポップな曲ばかりなのになあ(笑)。「Red River Valley(赤い河の谷間)」なんて違和感の塊である。しかしこの「違和感」が意外と面白い。
 
1967年8月以降、プロデュースをしていないライオンが何故この盤のプロデュースをしているのか。クレジットを見て不思議に思っていたが、録音してからお蔵入りになっていたんですね。この盤のリリースはライオンの意志ではなかったのかな。確かに企画盤としての狙いは外しているが、グラントのブレの無いファンクネスを湛えたパッキパキのブルージーなギターを愛でることが出来るんだから、この盤はこの盤で存在意義があるのでは、と思います。
 
 
 
東日本大震災から8年2ヶ月。忘れてはならない。常に関与し続ける。がんばろう東北、がんばろう関東。自分の出来ることから、ずっと復興に協力し続ける。
 
Never_giveup_4
 
Twitterで、松和のマスターが呟く。名称「松和のマスター」でつぶやいております。ユーザー名は「v_matsuwa」。「@v_matsuwa」で検索して下さい。
 

« 東欧~中東的旋律が更に濃厚 | トップページ | 4300番台のドン・チェリー »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 東欧~中東的旋律が更に濃厚 | トップページ | 4300番台のドン・チェリー »

リンク

  • 松和 / ジャズ・フュージョン館
    ホームページを一新しました。「ジャズ・フュージョン館」と「懐かしの70年代館」の入り口を一本化し、内容的には、当ブログの記事のアーカイブを基本としています。  
  • 松和 / 懐かしの70年代館入口
    更新は停止し、新HPへ一本化中。新しいブラウザーではレイアウトが崩れたりと申し訳ありません。
2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

カテゴリー

常連さんのブログ

  • 70年代思い出の名曲
    music70sさんのブログ。タイトル通り、定期的に、70年代の懐かしのアルバムを紹介されています。なかなか、マニアックなアルバム選択、曲選択に、思わずニンマリしてしまいます。
  • いそいそジャズ喫茶通い
    yuriko*さんのブログ。都内のジャズ喫茶への訪問記録。ジャズと言えば『ジャズ喫茶』。敷居が高くて、と思っている方々に是非読んで頂きたいブログ。実際の訪問記録ですから読んでいて楽しく、実際の訪問時の参考になります。
無料ブログはココログ