最近のトラックバック

« こんなアルバムあったんや・106 | トップページ | これが日本人女子の音とはなあ »

2018年11月16日 (金曜日)

ジャズの「異国性」と「正統性」

ジャズの「異国性」を追求し続けた、マルチ・リード奏者にしてエキゾチックな音世界をジャズにもたらした第一人者ユセフ・ラティーフ(写真右)。コルトレーンに東洋思想をはじめとする多大な影響を与えたと言われる。そんなラティーフのアルバムをしっかり聴き直し始めた。もともとアルバムが入手し難い時期が長かったということもあって、今までしっかり聴いたことが無かった。

Yusef Lateef『Eastern Sounds』(写真左)。1961年9月5日の録音。プレスティッジ・レーベルの傍系レーベルMoodsvilleからのリリース。ちなみにパーソネルは、Yusef Lateef (fl, oboe, ts, xun), Barry Harris (p), Ernie Farrow (b, Rabaab), Lex Humphries (ds)。xun=Chinese globular fluteや、Rabaab=Rabat という聴き馴れない楽器を操っていて、この得体の知れない楽器が中近東風の音世界の表現に一役買っている。

リズムについてはアフリカ、音階については中近東からインドの複雑な音階を巧みに取り入れている。タイトルは和訳すると「当方のサウンド」になるが、中国や日本などの「極東」までは及んでいない。あくまで、中近東のイスラム圏、そしてインド止まり。それでも、その複雑な音階は独特の響きで、聴けば直ぐに判るほど。これが、ユセフ・ラティーフの最大の個性である。
 
 
Eastern_sounds  
 
 
フルートにせよオーボエにせよ、彼はオーケストラのマエストロの門を叩いてアカデミックな音楽教育のなかで演奏技術を習得しているとのこと。これが素晴らしい。当時、まだまだジャズの演奏家は我流が多く、楽器のテクニック的には僅かながらも、押し並べて問題を抱えていたかと思う。ラティーフについてはこれが無い。フルートなど端正かつ堅実。採用する音階はユニークだが、それを演奏する楽器テクニックは確かなもの。 

しかし、ラティーフはエキゾチックな音世界だけが「売り」では無い。4曲目の「Don't Blame Me」、5曲目の「Love Theme from Spartacus"」などのスタンダード曲でのラティーフのテナーは正統派なもの。エキゾチックな響きはモーダルな奏法からくるもので、あくまで伝統的でメインストリームな「骨太テナー」が素晴らしい。

「異国性」と「正統派」を両立させているラティーフの演奏は実にユニーク。実はこの盤、さすがプレスティッジ・レーベルといえるもので、パーソネルのジャズメンの名前を見れば、ラティーフを取り巻くバックのジャズメンに統一感が希薄。このセッションが意外とプレスティッジお得意の「寄せ集め」セッションであることが良く判る。そんななか、ハードバップなピアノのハリスとドラムのハンフリーまでもが「異国情緒豊かな」演奏に染まっているのが面白い。
 
 
 

東日本大震災から7年8ヶ月。忘れてはならない。常に関与し続ける。がんばろう東北、がんばろう関東。自分の出来ることから、ずっと復興に協力し続ける。 

Never_giveup_4

★Twitterで、松和のマスターが呟く。名称「松和のマスター」でつぶやいております。ユーザー名は「v_matsuwa」。「@v_matsuwa」で検索して下さい。
 

« こんなアルバムあったんや・106 | トップページ | これが日本人女子の音とはなあ »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ジャズの「異国性」と「正統性」:

« こんなアルバムあったんや・106 | トップページ | これが日本人女子の音とはなあ »

リンク

  • 松和 / ジャズ・フュージョン館
    ホームページを一新しました。「ジャズ・フュージョン館」と「懐かしの70年代館」の入り口を一本化し、内容的には、当ブログの記事のアーカイブを基本としています。  
  • 松和 / 懐かしの70年代館入口
    更新は停止し、新HPへ一本化中。新しいブラウザーではレイアウトが崩れたりと申し訳ありません。
2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

カテゴリー

常連さんのブログ

  • 70年代思い出の名曲
    music70sさんのブログ。タイトル通り、定期的に、70年代の懐かしのアルバムを紹介されています。なかなか、マニアックなアルバム選択、曲選択に、思わずニンマリしてしまいます。
  • いそいそジャズ喫茶通い
    yuriko*さんのブログ。都内のジャズ喫茶への訪問記録。ジャズと言えば『ジャズ喫茶』。敷居が高くて、と思っている方々に是非読んで頂きたいブログ。実際の訪問記録ですから読んでいて楽しく、実際の訪問時の参考になります。
無料ブログはココログ