最近のトラックバック

« 硬派でジャジーなフュージョン | トップページ | 往年のマントラが甦った様な新作 »

2018年8月22日 (水曜日)

フュージョン志向な純ジャズ盤

昨日のブログでご紹介した、Rainbow Featuring Will Boulware『Crystal Green』。1976年5月の録音だった。ギター・ベース・ドラムが伝説のフュージョン・バンド「スタッフ」のメンバー。加えて、趣味の良い端正なキーボードのブールウェア、パーカッションにラルフが担当。そこに、マイケル・ブレッカーの素敵なテナーが全編に渡って響き渡る。

そんなフュージョン志向な純ジャズ風な演奏が素敵な盤だったが、それから26年経って、Will & Rainbowの再会セッションが実現した。Will & Rainbow『Over Crystal Green』(写真左)。2002年1月の録音。ちなみにパーソネルは、Will Boulware (p,key), Will Lee (b), Steve Gadd (ds), Peter Bernstein (g), John Werking (syn), Michael Brecker (ts), Randy Brecker (tp), Bob Berg (ts)。

ブールウェアのアレンジが冴えに冴えていて、『Crystal Green』も『Over Crystal Green』も同じ雰囲気で、とても上質なフュージョン風な純ジャズが展開されている。特にガッドのドラミングが、Will & Rainbowのリズム&ビートをバッチリ決めている。縦ノリのオフビートなドラミング。『Crystal Green』も 『Over Crystal Green』もガッドらしさ満載である。
 

Over_crystal_green_1  

 
『Crystal Green』では、テナーはマイケル・ブレッカーの全ての楽曲で担当していたが、この『Over Crystal Green』では、マイケルとボブ・バーグが担当を分け合っている。ただ、ボブ・バーグもマイケルの音に近いブロウで、適当に聴いていたら、どっちがどっちか判らない。それでも、どちらも素敵なテナー、実直で正統派なテナー。聴いていて惚れ惚れする。

ブールウェアのアコピが良い。リリカルで端正な味のあるピアノ。彼のピアノとキーボードが純ジャズな雰囲気を湛えていて、アルバム全体が「フュージョン志向な純ジャズ」な雰囲気に染まる。そして、趣味の良いギターやなあ、と思って聴いていたら、若き日のバーンスタインでした。僕が最近、注目して聴いているギタリスト。こんなところにいました。今回、初めて知りました。

この盤も、日本のジャズ・レーベル「Eighty-Eight's」からのリリースで、プロデューサーはもちろん「伊藤八十八」。こういう「フュージョン志向な純ジャズ」風な盤が日本のジャズ・レーベルからリリースされていることが嬉しい。『Crystal Green』と『Over Crystal Green』、どちらもフュージョン志向な純ジャズ盤として、今での愛聴盤の2枚です。

 
 

東日本大震災から7年5ヶ月。忘れてはならない。常に関与し続ける。がんばろう東北、がんばろう関東。自分の出来ることから、ずっと復興に協力し続ける。 

Never_giveup_4

★Twitterで、松和のマスターが呟く。名称「松和のマスター」でつぶやいております。ユーザー名は「v_matsuwa」。「@v_matsuwa」で検索して下さい。
 

« 硬派でジャジーなフュージョン | トップページ | 往年のマントラが甦った様な新作 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: フュージョン志向な純ジャズ盤:

« 硬派でジャジーなフュージョン | トップページ | 往年のマントラが甦った様な新作 »

リンク

  • 松和 / ジャズ・フュージョン館
    ホームページを一新しました。「ジャズ・フュージョン館」と「懐かしの70年代館」の入り口を一本化し、内容的には、当ブログの記事のアーカイブを基本としています。  
  • 松和 / 懐かしの70年代館入口
    更新は停止し、新HPへ一本化中。新しいブラウザーではレイアウトが崩れたりと申し訳ありません。
2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

カテゴリー

常連さんのブログ

  • 70年代思い出の名曲
    music70sさんのブログ。タイトル通り、定期的に、70年代の懐かしのアルバムを紹介されています。なかなか、マニアックなアルバム選択、曲選択に、思わずニンマリしてしまいます。
  • いそいそジャズ喫茶通い
    yuriko*さんのブログ。都内のジャズ喫茶への訪問記録。ジャズと言えば『ジャズ喫茶』。敷居が高くて、と思っている方々に是非読んで頂きたいブログ。実際の訪問記録ですから読んでいて楽しく、実際の訪問時の参考になります。
無料ブログはココログ