最近のトラックバック

« CTIレーベルからの純ジャズ盤 | トップページ | ジャズ喫茶で流したい・127 »

2018年8月19日 (日曜日)

晩夏にピッタリのフュージョン盤

一昨日辺りから、一気に涼しくなった。9月上旬から中旬の陽気とかで、お盆の頃の猛暑日の日々の蒸し暑さを思い出すと、隔世の感がある。最高気温35度に馴れてしまっていたので、最高気温29度なんて聞くと、思いっきり涼しく感じる。完全に今年の酷暑に「洗脳」されている感じがする(笑)。いわゆる「晩夏」の雰囲気濃厚な、この週末であった。

「晩夏」のフュージョン・ジャズ。ふと頭に浮かぶのは、THE SQUARE『脚線美の誘惑』(写真)。1982年11月のリリースであるが、僕は1983年の夏から暫くの間だ、夏それも8月の後半から9月の中旬にかけて、やたらこのアルバムを聴いた思い出がある。なんか、僕の頭の中では「晩夏」のフュージョン、というイメージが出来上がっていて、ちょっと涼しい風が吹き始める「晩夏」の季節にこの盤を良く聴く。

THE SQUARE(ザ・スクエア)は、カシオペアと並んで、日本のフュージョン・バンドの双璧的存在。テクニックに優れてはいるが、楽曲のフレーズがポップでキャッチャーで聴き易いところが個性。カシオペアと比べて、ちょっと「俗っぽい」のだが、これが良い。それが「ザ・スクエア」の個性である。
 

Kyakusennbi_no_yuwaku

 
この「ザ・スクエア」の個性が確立された盤が、この『脚線美の誘惑』だと僕は思っていて、ザ・スクエアが聴きたいなあ、と思うと、まずはこの盤を聴く。ザ・スクエアはキーボードがメインの音作り、というイメージがあるが、この盤はそのイメージを確立させている。和泉宏隆のキーボードが要所要所で実に効いている。冒頭の「ハワイへ行きたい」など、和泉のキーボード・ワークがとても印象的。

キャッチャーな楽曲も多く収録されているところも良い。当時、コマーシャルで採用された「CHANGE YOUR MIND」(日立マクセル)、前述の「ハワイへ行きたい」は、FM東京の音楽番組『ソニーデジタルサウンド』のテーマ曲に採用された。タイトル曲の「脚線美の誘惑」もポップでキャッチャーな楽曲で、そういうところもこの盤の良いところ。

ボーカルものも1曲のみに縛られ、純粋にインストゥルメンタルな演奏を楽しめるところもグッド。デジタル録音にいち早く対応し、アルバムの音の良さも特筆もの。タイトル『脚線美の誘惑』のイメージ通りの脚線美を強調したイラストをあしらったジャケットも実に良い。ザ・スクエアの初期を代表する一枚として、晩夏の雰囲気にマッチするフュージョン盤として、この季節にピッタリの好盤です。

 
 

東日本大震災から7年5ヶ月。忘れてはならない。常に関与し続ける。がんばろう東北、がんばろう関東。自分の出来ることから、ずっと復興に協力し続ける。 

Never_giveup_4

★Twitterで、松和のマスターが呟く。名称「松和のマスター」でつぶやいております。ユーザー名は「v_matsuwa」。「@v_matsuwa」で検索して下さい。
 

« CTIレーベルからの純ジャズ盤 | トップページ | ジャズ喫茶で流したい・127 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/80793/74064069

この記事へのトラックバック一覧です: 晩夏にピッタリのフュージョン盤:

« CTIレーベルからの純ジャズ盤 | トップページ | ジャズ喫茶で流したい・127 »

リンク

  • 松和 / ジャズ・フュージョン館
    ホームページを一新しました。「ジャズ・フュージョン館」と「懐かしの70年代館」の入り口を一本化し、内容的には、当ブログの記事のアーカイブを基本としています。  
  • 松和 / 懐かしの70年代館入口
    更新は停止し、新HPへ一本化中。新しいブラウザーではレイアウトが崩れたりと申し訳ありません。
2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

カテゴリー

常連さんのブログ

  • 70年代思い出の名曲
    music70sさんのブログ。タイトル通り、定期的に、70年代の懐かしのアルバムを紹介されています。なかなか、マニアックなアルバム選択、曲選択に、思わずニンマリしてしまいます。
  • いそいそジャズ喫茶通い
    yuriko*さんのブログ。都内のジャズ喫茶への訪問記録。ジャズと言えば『ジャズ喫茶』。敷居が高くて、と思っている方々に是非読んで頂きたいブログ。実際の訪問記録ですから読んでいて楽しく、実際の訪問時の参考になります。
無料ブログはココログ