« ながら聴きのジャズも良い・33 | トップページ | こんなアルバムあったんや・101 »

2018年7月23日 (月曜日)

酷暑の夏に「クール・ジャズ」

日頃、ジャズ盤の鑑賞に活用しているiTunesのデータベースが壊れて、ジャズ・レーベルのインデックスが半分以上、使いものにならなくなった。かれこれ約1年になるが、やっと「プレスティッジ・レーベル」のデータベースが復活した。やっとこさ、プレスティッジ・レーベルのアルバムについての聴き直しを再開である。

この1週間ほど、かなりの暑さの千葉県北西部地方。特に今日は超弩級の暑さである。もうぬるま湯の中を歩いているような状況。3分も歩けば、汗がドッと噴き出てくる。この今年の暑さは「半端無い」。これだけ暑いと、熱気溢れる、激しいブロウがメインのジャズは絶対駄目だ。熱中症になる。といって、ハードなフュージョン・ジャズも以ての外。

暑さ対策としてのジャズ。意外とオーソドックスな純ジャズで、適度にアレンジされ、演奏自体はシンプルなものが良い。そもそも「涼を感じるジャズ」なんて有る訳が無い。もともとジャズは熱い音楽だ。ダイナミックなアドリブ展開、躍動感溢れるビート。どうしても「熱くなる」。どうしても「熱くなる」なら、スッキリとシンプルで音が爽やかに聴こえるジャズが良い。
 

Mulligan_plays_mulligan

 
Gerry Mulligan『Mulligan Plays Mulligan』(写真左)。1951年8月27日、NYでの録音。PRLP7006番。米国西海岸ジャズのリーダー格として、バリトン・サックス奏者としてジャズ史に名を刻んだ「ジェリー・マリガン」の、10人編成小型オーケストラによるオリジナル作品集。米国西海岸ジャズらしい、お洒落にアレンジされた、クールでアーバンな純ジャズが展開されている。

ちなみにパーソネルは、Jerry Lloyd, Nick Travis (tp), Ollie Wilson (tb), Allen Eager (ts), Gerry Mulligan, Max McElroy (bs), George Wallington (p), Phil Leshin (b), Walter Bolden (ds), Gail Madden (maracas)。2曲にマラカスが入っているのが面白い。アレンジが得意とされるが、この盤では、マリガン自身、バリサクを豪快に吹きまくっている。

バリサク好きには堪らない、クールでアーバンな、抑制されたバリサクの響き。時には雄々しく時には優しく、変幻自在のバリサクがとても魅力的である。吹き過ぎない、ほどよく抑制されたホーン・アンサンブルも見事。よくまあ、こんなに上質な米国西海岸ジャズの音が、東海岸の「やっつけレーベル」プレスティッジに残されたもんだと感心することしきり。酷暑の夏に最適な「クール・ジャズ」である。
 
 
 

東日本大震災から7年4ヶ月。忘れてはならない。常に関与し続ける。がんばろう東北、がんばろう関東。自分の出来ることから、ずっと復興に協力し続ける。 

Never_giveup_4

★Twitterで、松和のマスターが呟く。名称「松和のマスター」でつぶやいております。ユーザー名は「v_matsuwa」。「@v_matsuwa」で検索して下さい。
 

« ながら聴きのジャズも良い・33 | トップページ | こんなアルバムあったんや・101 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 酷暑の夏に「クール・ジャズ」:

« ながら聴きのジャズも良い・33 | トップページ | こんなアルバムあったんや・101 »

リンク

  • まだまだロックキッズ(バーチャル音楽喫茶『松和』別館)
    この「松和・別館」では、懐かしの「1970年代のロック」盤の感想や思い出を率直に語ります。これまでの、 ジャズ喫茶『松和』マスターのひとりごと・ブログの中で、不定期に掲載した、70年代ロックの記事を修正加筆して集約していきます。
  • 青春のかけら達(バーチャル音楽喫茶『松和』別館)
    この「松和・別館」では、懐かしの「1970年代のJポップ」、いわゆるニューミュージック・フォーク盤の感想や思い出を率直に語ります。これまでのジャズ喫茶『松和』マスターのひとりごと・ブログの中で、不定期に掲載した、70年代ロックの記事を修正加筆して集約していきます。         
2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

カテゴリー