最近のトラックバック

« ジャズ喫茶で流したい・121 | トップページ | ホレスの質実剛健なハードバップ »

2018年6月 5日 (火曜日)

スイングしつつ+モーダルに展開

ボビー・ハッチャーソンは鬼籍に入り、ゲイリー・バートンは現役を引退した。大御所ミルト・ジャクソンはとうの昔に他界している。この2018年になって、ジャズ・ヴァイブの担い手は、ほとんど「絶滅危惧種」な存在になってしまった。もともと、担い手の数が少ない楽器である。もう新しいジャズ・ヴァイブ奏者は現れ出でないのだろうか。

このところ、ボビー・ハッチャーソンを聴き直している。1941年生まれ。2016年8月15日、75歳にて逝去。1965年『Dialogue』で初リーダー作。1965年と言えば、ジャズは多様化の時代。先進的な面では、モード・ジャズが定着し、フリー・ジャズが台頭し始めた時代。大衆的な面では、ファンキー・ジャズから、ソウル・ジャズ、ジャズ・ファンクと裾野が広がった時代。

そんな時代の中、ちょっと遅めにデビューしたハッチャーソン。ハードバップは過去のものとして手に付けず、モード・ジャズから、フリー・ジャズをメインにしたリーダー作をリリースする。確かに、ハードバップ時代には、ミルト・ジャクソンがいる。二番煎じとの評価は避けたかった。しかし、モードやフリーど真ん中な演奏は、どうもハッチャーソンのバイブにはちょっとフィットしなかったのではないか、と感じている。
 

Stickup

 
Bobby Hutcherson『Stick-Up!』(写真左)。1966年7月の録音。BNの4244番。ちなみにパーソネルは、Bobby Hutcherson (vib), Joe Henderson (ts), McCoy Tyner (p), Herbie Lewis (b), Billy Higgins (ds)。ハッチャーソン、デビュー以来、4枚目のリーダー作。パーソネルを見渡して、モード・ジャズ系の演奏かな、と想像する。また、ジャケットが質実剛健。ハードバップ時代のブルーノートのアルバム・ジャケットを彷彿とさせる、硬派なハードバップ系ジャケット。

この盤、ハードバップ寄りのモード・ジャズがてんこ盛り。フリーな雰囲気は全面的に排除し、最先端の限りなく自由度の高いモード・ジャズには至らない。リズム&ビートは明らかにハードバップ、アドリブの展開はモード。良い感じのハイブリッドな演奏で、とにかく、ハッチャーソンのヴァイブが活き活きしている。どうも、ハッチャーソンには、あまりにアーティスティックなジャズは似合わないようだ。

英文解説に「ハッチャーソンのブルーノート作品中、最もハードにスイングしている」と書かれている通り、ハードバップな感じにスイングしつつ、出てくる展開はモード。これがハッチャーソンのヴァイブにピッタリと填まっている。「ハッチャーソンは暗くて、アカデミックだから嫌い」とは言わせない。そんな格好良くスイングしつつ、モーダルに展開するハッチャーソンの演奏は聴いていて、とても楽しい。

 
 

東日本大震災から7年2ヶ月。忘れてはならない。常に関与し続ける。がんばろう東北、がんばろう関東。自分の出来ることから、ずっと復興に協力し続ける。 

Never_giveup_4

★Twitterで、松和のマスターが呟く。名称「松和のマスター」でつぶやいております。ユーザー名は「v_matsuwa」。「@v_matsuwa」で検索して下さい。
 

« ジャズ喫茶で流したい・121 | トップページ | ホレスの質実剛健なハードバップ »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: スイングしつつ+モーダルに展開:

« ジャズ喫茶で流したい・121 | トップページ | ホレスの質実剛健なハードバップ »

リンク

  • 松和 / ジャズ・フュージョン館
    ホームページを一新しました。「ジャズ・フュージョン館」と「懐かしの70年代館」の入り口を一本化し、内容的には、当ブログの記事のアーカイブを基本としています。  
  • 松和 / 懐かしの70年代館入口
    更新は停止し、新HPへ一本化中。新しいブラウザーではレイアウトが崩れたりと申し訳ありません。
2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

カテゴリー

常連さんのブログ

  • 70年代思い出の名曲
    music70sさんのブログ。タイトル通り、定期的に、70年代の懐かしのアルバムを紹介されています。なかなか、マニアックなアルバム選択、曲選択に、思わずニンマリしてしまいます。
  • いそいそジャズ喫茶通い
    yuriko*さんのブログ。都内のジャズ喫茶への訪問記録。ジャズと言えば『ジャズ喫茶』。敷居が高くて、と思っている方々に是非読んで頂きたいブログ。実際の訪問記録ですから読んでいて楽しく、実際の訪問時の参考になります。
無料ブログはココログ