« ピアノ・トリオの代表的名盤・69 | トップページ | Jean-Luc Pontyって誰? »

2018年4月12日 (木曜日)

パーランというピアニスト

この人のピアノは、ジャズ者初心者の頃からずっと気になっていた。聴いてみると判るんだが、何か右手のフレーズの紡ぎ方がユニーク。三連符の積み重ねというか、スイング感とスピード感を増幅させる短い指回し。指を3本だけ使った様なローリング。加えて、独特の間。決して長いフレーズを弾きまくることは無い。パッと短いフレーズを弾き、独特の間があって、またパッと短いフレーズが続く。「行間を読む」様な独特な「間」。

そのピアニストとは「ホレス・パーラン(Horace Parlan)」。少年時代にポリオを患い、そのために部分的に右手が変形。そのリハビリのために始めたというピアノが高じてジャズ・ピアニストへの道を歩んだ、という異色のジャズ・ピアニスト。左手のブロック・コード弾きでグイグイ押しまくる。そこに、右手の指2本が使えない状態で、右手のスイング感とスピード感を増幅させる指回し。

左手のブロック・コードがアーシーでジャジー。右手のスイング感とスピード感を増幅させる短い指回しが、粘らないスッキリとしたファンクネスを醸し出す。そして、左手も右手も、独特の個性的な「間」があって、この「間」が、ジャジーな雰囲気を強調する。そんなホレス・パーランのピアノって、クラシックの世界では絶対にあり得ない。ジャズだからこそ光る、ホレス・パーランの個性。
 

Movin_groovin

 
Horace Parlan『Movin' & Groovin'』(写真左)。1960年2月29日の録音。ホレス・パーランの初リーダー作。ちなみにパーソネルは、Horace Parlan (p), Sam Jones (b), Al Harewood (ds)。ブルーノート・レーベルでは珍しいピアノ・トリオ。このピアニストの個性をしっかり聴かせたい、と思う時に、総帥のアルフレッド・ライオンはピアノ・トリオを選択するのだろうか。

ジャズにおいては、初リーダー作ほど、そのジャズメンの個性を正確に表したものはない。というが、確かに、この初リーダー作は、ピアノ・トリオというフォーマットも相まって、ホレス・パーランのピアノの個性を最大限に表している。しかも、パーランの個性が他のピアニストとどう違うのか、それがとても良く判る選曲もこの盤の良さ。渋いスタンダード曲を選んでいる。曲選びの巧みさ。この盤の特徴でもある。

初リーダー作ということもあってか、相当気合いが入って弾き回している。録音した時点で、弱冠29歳の若さ。その若さ故、オーバードライブ気味に危うい部分もあるが、破綻ギリギリのスリリングなアドリブ・フレーズが、これまた揺るぎの無い個性だったりする。良い初リーダー作だ。一聴の価値あり。ちなみに2017年2月23日、ホレス・パーランは永眠している。86歳だった。

 
 

東日本大震災から7年。忘れてはならない。常に関与し続ける。がんばろう東北、がんばろう関東。自分の出来ることから、ずっと復興に協力し続ける。 

Never_giveup_4

★Twitterで、松和のマスターが呟く。名称「松和のマスター」でつぶやいております。ユーザー名は「v_matsuwa」。「@v_matsuwa」で検索して下さい。
 

« ピアノ・トリオの代表的名盤・69 | トップページ | Jean-Luc Pontyって誰? »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: パーランというピアニスト:

« ピアノ・トリオの代表的名盤・69 | トップページ | Jean-Luc Pontyって誰? »

リンク

  • まだまだロックキッズ(バーチャル音楽喫茶『松和』別館)
    この「松和・別館」では、懐かしの「1970年代のロック」盤の感想や思い出を率直に語ります。これまでの、 ジャズ喫茶『松和』マスターのひとりごと・ブログの中で、不定期に掲載した、70年代ロックの記事を修正加筆して集約していきます。
  • 青春のかけら達(バーチャル音楽喫茶『松和』別館)
    この「松和・別館」では、懐かしの「1970年代のJポップ」、いわゆるニューミュージック・フォーク盤の感想や思い出を率直に語ります。これまでのジャズ喫茶『松和』マスターのひとりごと・ブログの中で、不定期に掲載した、70年代ロックの記事を修正加筆して集約していきます。         
2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

カテゴリー