« 1990年代フュージョンの好盤 | トップページ | ピアノ・トリオの代表的名盤・69 »

2018年4月10日 (火曜日)

ピアソンというピアニスト

ジャズの老舗レーベルである「ブルーノート」。ブルーノート・レーベルには、意外とピアノ・トリオ盤が少ない。ピアノ・トリオかな、と思ったらコンガが入っていたり、フロントにテナーやトランペットの管が入っている。恐らく、ブルーノートの総帥、アルフレッド・ライオンが「管入りカルテットやクインテット」が好きだったんやないかなあ、と想像している。

また、ブルーノート・レーベルのピアノの録音された音には、独特の「響きと音像」がある。デッド寄りで、ちょっとモコっとしている「音の塊」って感じの音。決して、切れ味の良い、音のエッジが立ったピアノの音では無い。だから、ブルーノート・レーベルの盤のピアノの音って意外と良く判るのだ。

このアルバムのピアノの音もそうだった。初めて聴いた時、ああ、これはブルーノートのピアノの音だ、と思った。でも、誰のピアノだか判らない。アドリブでは、インテリジェンス溢れる粋なフレーズを紡ぎ上げ、タッチのリリカルな響きがとても洒落ている。しかし、その底にはしっかりとブルージーな雰囲気が漂っていて、とってもジャジー、加えて、素朴にスインギー。
 

Profile  

 
誰のピアノなんだ。思わず、ママさんのいるカウンターまでジャケットを見に行った。そのアルバムとは、Duke Pearson『Profile』(写真左)である。1959年10月25日の録音。ちなみにパーソネルは、Duke Pearson (p), Gene Taylor (b), Lex Humphries (ds)。ブルーノートには珍しいピアノ・トリオである。だからこそ、僕はこだわった。何なんだ、このピアニストは。

デューク・ピアソンのピアノは軽快。流れる様に転がる様に弾く。しかも端正。端正だけれど耳につかない。心地良い端正さ。全編に渡って破綻が無い。とても聴き易い。これだけ聴き易いと「イージーリスニング・ピアノ」では無いのか、とも思うのだが、そうはならないところが、ピアソンのピアノの面白いところ。

先にも書いたが「インテリジェンス溢れる粋なフレーズ、タッチのリリカルな響き」と、タッチの底にあるブルージーな雰囲気が、このピアソンの聴き易いピアノを聴き易いだけで終わらせない、小粋で流麗なハードバップ・ピアノに昇華させている。これだけ端正なピアノで、思いっきりジャズを感じさせてくれるピアノはなかなか他に無いものです。好盤。

 
 

東日本大震災から7年。忘れてはならない。常に関与し続ける。がんばろう東北、がんばろう関東。自分の出来ることから、ずっと復興に協力し続ける。 

Never_giveup_4

★Twitterで、松和のマスターが呟く。名称「松和のマスター」でつぶやいております。ユーザー名は「v_matsuwa」。「@v_matsuwa」で検索して下さい。
 

« 1990年代フュージョンの好盤 | トップページ | ピアノ・トリオの代表的名盤・69 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ピアソンというピアニスト:

« 1990年代フュージョンの好盤 | トップページ | ピアノ・トリオの代表的名盤・69 »

リンク

  • まだまだロックキッズ(バーチャル音楽喫茶『松和』別館)
    この「松和・別館」では、懐かしの「1970年代のロック」盤の感想や思い出を率直に語ります。これまでの、 ジャズ喫茶『松和』マスターのひとりごと・ブログの中で、不定期に掲載した、70年代ロックの記事を修正加筆して集約していきます。
  • 青春のかけら達(バーチャル音楽喫茶『松和』別館)
    この「松和・別館」では、懐かしの「1970年代のJポップ」、いわゆるニューミュージック・フォーク盤の感想や思い出を率直に語ります。これまでのジャズ喫茶『松和』マスターのひとりごと・ブログの中で、不定期に掲載した、70年代ロックの記事を修正加筆して集約していきます。         
2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

カテゴリー