« ジャズ喫茶で流したい・118 | トップページ | ボブ・ジェームスの一里塚な盤 »

2018年4月17日 (火曜日)

コッテコテの「ソフト&メロウ」

フュージョン・ジャズのミュージシャンの中で、一番長く聴き続けているのは誰だろう、とふと思った。そもそも、当時まだ、フュージョン・ジャズというジャンル言葉が無くて、クロスオーバー・ジャズと呼ばれていた頃、FMで流れていたこの人の曲を聴いて、これは、と思って以来、ずっと聴き続けている。

時は1974年、FMで流れていたアルバムは『Bob James One』。ボブ・ジェームスである。フュージョン・ジャズの巨匠、そして「顔」である。そう、ボブ・ジェームスこそが、フュージョン・ジャズの中で、僕が一番長く聴き続けているミュージシャンである。で、ボブ・ジェームスの聴き直しを再開した。

Bob James『The Genie: Themes & Variations From the TV Series Taxi』(写真左)。邦題は『N.Y.メロウ』。1983年2月のリリース。このアルバム、タイトルから、人気TVドラマ「タクシー」のサウンド・トラック盤、と捉えがちだが、ラストの「アンジェラ」が「タクシー」のテーマ曲なだけで、それ以外の曲は全て、番組からインスパイアされたという、書き下ろしの新曲ばかりなのだから凄い。
 

The_genie

 
冒頭の「Brooklyn Heights Boogie」から、ボブ・ジェームスの個性満載である。ボブ・ジェームスのファン、いわゆる「ボブ・ジェームス者」からすると、曲の節回し、ブラスの使い方、アレンジの音の重ね方、どれもが「ボブ・ジェームス」で、とにかく、徐々に口元が緩んでくる。加えて、この盤の演奏は圧倒的に「ソフト&メロウ」。そういう面で、この盤は「フュージョン・ジャズ」のサンプル盤として捉えても良い内容である。

参加ミュージシャンも凄い面々。フュージョン・ジャズを代表するジャズメンばかり。一例を挙げると、Eric Gale, Steve Khan (g), Ralph MacDonald (perc), Peter Erskine, Steve Gadd (ds), Randy Brecker (tp),  Michael Brecker, Tom Scott (sax) 等々。ここに、スタジオ・ミュージシャンの優れものが多数加わるという感じのパーソネル。出てくる音は「超一流」。

この盤のボブ・ジェームスについては「ソフト&メロウ」度が最高。ちょっと甘めのフュージョン・ジャズで、一般のフュージョン者の方々には、ちょっと耳に持たれるかもしれません。でも、このコッテコテ「ソフト&メロウ」なのが、フュージョン・ジャズの真骨頂なので、これはこれで「アリ」かと。最後に、唯一、残念なのがこのアルバム・ジャケットのデザイン。もうちょっとなんとかならなかったんですかねえ(笑)。

 
 

東日本大震災から7年。忘れてはならない。常に関与し続ける。がんばろう東北、がんばろう関東。自分の出来ることから、ずっと復興に協力し続ける。 

Never_giveup_4

★Twitterで、松和のマスターが呟く。名称「松和のマスター」でつぶやいております。ユーザー名は「v_matsuwa」。「@v_matsuwa」で検索して下さい。
 

« ジャズ喫茶で流したい・118 | トップページ | ボブ・ジェームスの一里塚な盤 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: コッテコテの「ソフト&メロウ」:

« ジャズ喫茶で流したい・118 | トップページ | ボブ・ジェームスの一里塚な盤 »

リンク

  • まだまだロックキッズ(バーチャル音楽喫茶『松和』別館)
    この「松和・別館」では、懐かしの「1970年代のロック」盤の感想や思い出を率直に語ります。これまでの、 ジャズ喫茶『松和』マスターのひとりごと・ブログの中で、不定期に掲載した、70年代ロックの記事を修正加筆して集約していきます。
  • 青春のかけら達(バーチャル音楽喫茶『松和』別館)
    この「松和・別館」では、懐かしの「1970年代のJポップ」、いわゆるニューミュージック・フォーク盤の感想や思い出を率直に語ります。これまでのジャズ喫茶『松和』マスターのひとりごと・ブログの中で、不定期に掲載した、70年代ロックの記事を修正加筆して集約していきます。         
2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

カテゴリー