最近のトラックバック

« キースのアメリカン4の決定盤 | トップページ | ウルマーのジャズ・ファンク盤 »

2018年3月 8日 (木曜日)

キースらしからぬ「例外の一枚」

キース・ジャレットの「スタンダーズ」の新盤がリリースされた。慢性疲労症候群という難病に冒され、1996年のソロ・ツアー以降、休養状態に、このまま、引退かとも思われた。しかし、1998年に復帰。その復帰後初となった1998年の「スタンダーズ」でのライヴ・レコーディングが、今回、リリースされた。

が、この盤のお話しは後日に譲るとして、休養前、唯一枚、聴き直しを漏らしていた、スタンダーズのライブ盤について、ここで語っておこうと思う。Keith Jarrett『Tokyo '96』(写真左)。1996年3月30日、東京渋谷のBunkamura・オーチャードホールでのライブ録音。改めて、パーソネルは、Keith Jarrett (p), Gary Peacock (b), Jack DeJohnette (ds)。いわゆる「スタンダーズ」の3人である。

休養に入った年が1996年なので、この東京でのライブは、休養直前、キースとしては体調はほぼ最悪であったと思われる。確かにそうやな、と思われる「ふし」が幾つかある。まず、演奏全体、特にキースのソロが落ち着いている。落ち着いているが故に判り易い。あまりに判り易い。そして、あのキースの「唸り声」がかなり小さめで発生も少ない。
 

Tokyo_96  

 
むむ、で、この盤の評判を見てみると、評判は上々。キースの演奏は「落ち着いていて、判り易い」。キースのピアノを理解するには最適である、という、このライブ盤は「スタンダーズ」のベスト盤という感想まである。そう言えば、例のキースのソロ盤『ケルン・コンサート』も似たような状況だったような。確かあの時もキースは体調が最悪だったはず。キースってちょっと可哀相。体調の悪い時の演奏ほど、評判が上々だったりするのだ。

で、僕の感想は、やはり、このライブ盤のキースは「いつものキースでは無い」。いつもは、もっとアグレッシブでメリハリが効いていて、ところどころフレーズが捻れていて複雑なところがあって、唸り声が絶好調なはず。僕にとってそんなキースが絶好調なキースであって、この盤でのキースはどこか「いつものキースと違うという違和感」が色濃く漂っていて、楽しんで聴くことは出来るんだが、聴き終えてから、なんだかちょっと違うなあ、という思いに駆られるのだ。

そして、このライブ盤、いつになく、ジャック・デジョネットのドラムが大きくフューチャーされている。ポリリズミックなデジョネットのドラムは素晴らしいのだが、スタンダーズはキースのピアノが一番目立たなければならない筈なんだが、これも違和感。この違和感が色濃く漂うライブ盤、振り返れば、この後、難病に取り憑かれ休養を余儀なくされる、そんな厳しい状況下で録音された、キースらしからぬ「例外の一枚」である。

 
 

東日本大震災から6年11ヶ月。決して忘れない。常に関与し続ける。がんばろう東北、がんばろう関東。自分の出来ることから、ずっと復興に協力し続ける。 

Never_giveup_4

★Twitterで、松和のマスターが呟く。名称「松和のマスター」でつぶやいております。ユーザー名は「v_matsuwa」。「@v_matsuwa」で検索して下さい。
 

« キースのアメリカン4の決定盤 | トップページ | ウルマーのジャズ・ファンク盤 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: キースらしからぬ「例外の一枚」:

« キースのアメリカン4の決定盤 | トップページ | ウルマーのジャズ・ファンク盤 »

リンク

  • 松和 / ジャズ・フュージョン館
    ホームページを一新しました。「ジャズ・フュージョン館」と「懐かしの70年代館」の入り口を一本化し、内容的には、当ブログの記事のアーカイブを基本としています。  
  • 松和 / 懐かしの70年代館入口
    更新は停止し、新HPへ一本化中。新しいブラウザーではレイアウトが崩れたりと申し訳ありません。
2019年8月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

カテゴリー

常連さんのブログ

  • 70年代思い出の名曲
    music70sさんのブログ。タイトル通り、定期的に、70年代の懐かしのアルバムを紹介されています。なかなか、マニアックなアルバム選択、曲選択に、思わずニンマリしてしまいます。
  • いそいそジャズ喫茶通い
    yuriko*さんのブログ。都内のジャズ喫茶への訪問記録。ジャズと言えば『ジャズ喫茶』。敷居が高くて、と思っている方々に是非読んで頂きたいブログ。実際の訪問記録ですから読んでいて楽しく、実際の訪問時の参考になります。
無料ブログはココログ