最近のトラックバック

« 現代のジャズ・ファンク・バンド | トップページ | キースらしからぬ「例外の一枚」 »

2018年3月 7日 (水曜日)

キースのアメリカン4の決定盤

ずっと、キースのアメリカン・カルテットの諸作を聴き直して来て、つまるところ「キースのアメリカン・カルテット」って何やったんや、という思いが強い。Impulse!レーベルの諸作を順番に聴き直してみて、これは、と思う素晴らしい部分もあるんだが、あれれ、とちょっとズッこける部分もあって雑然としている。全体を通して、まんべんなく充実しているアルバムが無いのだ。

それが「アメリカン・カルテット」の面白さと言えば面白さ。きちっとまとまっていない、ちょっと雑然として、ちょっと散漫とした部分が味と言えば味なのだ。音楽性としても、フォーキーでアーシーなフォービートの曲想もあれば、フリーキーでアブストラクトな曲想もあれば、思いっきりモーダルな自由度の高い曲想もあれば、瞑想的な幽玄でスピリチュアルな曲想もある。とにかく、キースのやりたいことがごった煮。

雑然、ごった煮のアメリカン・カルテットが、なんと欧州の純ジャズ・レーベルの雄、ECMレーベルに2枚のアルバムを残している。1枚はスタジオ録音、もう1枚はライブ録音。アメリカン・カルテットって、その名の通り、米国っぽいカルテットで、大雑把で雑然としていてごった煮。これが、欧州のレーベル、それも現代ジャズの宝庫、ECMレーベルにアルバムを残しているのだ。
 

The_survivors_suite_2  

 
Keith Jarrett『The Survivors' Suite』(写真左)。邦題『残氓』。1976年4月の録音。アメリカン・カルテットなのにドイツでの録音である。ここからしてユニーク(笑)。ちなみに改めて、パーソネルは、Keith Jarrett (p, ss, celeste, ds), Dewey Redman (ts, per), Charlie Haden (b), Paul Motian (ds, per)。キースはピアノだけでなく、ソプラノ・サックスを吹いたり、ドラムを叩いたり。やりたい放題である(笑)。

ちなみに、このECMの『残氓』、アメリカン・カルテットの諸作のなかで、一番カッチリとまんべんなく充実してまとまっているアルバムなのだ。キースの大好きな「フォーキーでアーシーなフォービートの曲想」だけを省いて、フリーキーでアブストラクトな曲想と、思いっきりモーダルな自由度の高い曲想と、瞑想的な幽玄でスピリチュアルな曲想がバランス良く、織り込まれていて、素晴らしいパフォーマンスとして記録されている。

ECMの総帥、マンフレッド・アイヒャーのプロデュースの成せる技なのか、あの雑然、ごった煮のアメリカン・カルテットの音世界が、実にアーティスティックにきっちりとまとまっている。メンバーのパフォーマンスもバランスが良く、キースだけが目立つことも無い。この『残氓』こそが、キースのアメリカン・カルテットのスタジオ録音の決定盤だと僕は思う。アメリカン・カルテットについて、やっと溜飲が下がった思いだ。

 
 

東日本大震災から6年11ヶ月。決して忘れない。常に関与し続ける。がんばろう東北、がんばろう関東。自分の出来ることから、ずっと復興に協力し続ける。 

Never_giveup_4

★Twitterで、松和のマスターが呟く。名称「松和のマスター」でつぶやいております。ユーザー名は「v_matsuwa」。「@v_matsuwa」で検索して下さい。
 

« 現代のジャズ・ファンク・バンド | トップページ | キースらしからぬ「例外の一枚」 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: キースのアメリカン4の決定盤:

« 現代のジャズ・ファンク・バンド | トップページ | キースらしからぬ「例外の一枚」 »

リンク

  • 松和 / ジャズ・フュージョン館
    ホームページを一新しました。「ジャズ・フュージョン館」と「懐かしの70年代館」の入り口を一本化し、内容的には、当ブログの記事のアーカイブを基本としています。  
  • 松和 / 懐かしの70年代館入口
    更新は停止し、新HPへ一本化中。新しいブラウザーではレイアウトが崩れたりと申し訳ありません。
2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

カテゴリー

常連さんのブログ

  • 70年代思い出の名曲
    music70sさんのブログ。タイトル通り、定期的に、70年代の懐かしのアルバムを紹介されています。なかなか、マニアックなアルバム選択、曲選択に、思わずニンマリしてしまいます。
  • いそいそジャズ喫茶通い
    yuriko*さんのブログ。都内のジャズ喫茶への訪問記録。ジャズと言えば『ジャズ喫茶』。敷居が高くて、と思っている方々に是非読んで頂きたいブログ。実際の訪問記録ですから読んでいて楽しく、実際の訪問時の参考になります。
無料ブログはココログ