最近のトラックバック

« ながら聴きのジャズも良い・29 | トップページ | コンテンポラリーなピアノ3 »

2018年2月22日 (木曜日)

奥の深いレーベル「Impulse!」

「Impulse!レーベル」で何を連想する? と問われれば、やはり、中期〜後期〜逝去までのコルトレーンと、そのコルトレーンに影響を受けたフリー・ジャズのアルバムが真っ先に浮かぶ。いわゆる、当時として先進的で硬派なジャズをリリースしていたレーベルというイメージがある。が、カタログを見渡すと、そうでは無いことが良く判る。

結構、オールド・スタイルな純ジャズのアルバムをリリースしている。例えば、このアルバムなんかは、ちょうどその良い例かと思う。Benny Carter and His Orchestra『Further Definitions』(写真左)。1961年のリリース。ちなみにパーソネルは、Benny Carter (as), Phil Woods (as), Coleman Hawkins (ts), Charlie Rouse (ts), John Collins (g), Dick Katz (p), Jimmy Garrison (b), Jo Jones (ds)。

アルト2本、テナー2本の4管フロントに、ギター+ピアノ+ベース+ドラムのリズム・セクション、計8人の八重奏団構成。冒頭の「Honeysuckle Rose」を聴けば良く判るが、スイング時代の雰囲気がプンプンする、ビッグバンド・アレンジ。それをバックにベニー・カーターのアルトが気持ち良くアドリブ・フレーズを吹き上げる。
 

Further_defenitions_1

 
カーターは、さすが、スイング時代から第一線で活躍しているアルト奏者である。流麗、そして、エモーショナル、とってもアルトがよく鳴るブロウである。決して、先進的なアルトでは無い。逆に安定・安心のアルトである。純ジャズのアルト・サックスって、まずは、この基本に忠実な、堅実確実なアルトであるべきで、この盤のカーターはそのお手本。

1961年の作品でありながら、ハードバップでは無い。スイング時代のビッグバンドな音。それでも、さすがは「Impulse!レーベル」、快適なエコー、厚みと奥行きのある切れ味の良い録音で、とにかく音が良い。この音を聴けば、このビッグバンドな音は、決して1940年代の音では無い、1961年の新しい音だと感じる。

「Impulse!レーベル」って、こういうオールド・スタイルな純ジャズなアルバムもあるんですね。この盤のプロデュースは「ボブ・シール(Bob Thiele)」なので、恐らく、シールが仕掛け人なのかもしれない。ちょっと調べてみる必要がありそうですね。こうやって振り返って聴き返してみると、「Impulse!レーベル」って、奥の深いレーベルです。

 
 

東日本大震災から6年11ヶ月。決して忘れない。常に関与し続ける。がんばろう東北、がんばろう関東。自分の出来ることから、ずっと復興に協力し続ける。 

Never_giveup_4

★Twitterで、松和のマスターが呟く。名称「松和のマスター」でつぶやいております。ユーザー名は「v_matsuwa」。「@v_matsuwa」で検索して下さい。
 

« ながら聴きのジャズも良い・29 | トップページ | コンテンポラリーなピアノ3 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 奥の深いレーベル「Impulse!」:

« ながら聴きのジャズも良い・29 | トップページ | コンテンポラリーなピアノ3 »

リンク

  • 松和 / ジャズ・フュージョン館
    ホームページを一新しました。「ジャズ・フュージョン館」と「懐かしの70年代館」の入り口を一本化し、内容的には、当ブログの記事のアーカイブを基本としています。  
  • 松和 / 懐かしの70年代館入口
    更新は停止し、新HPへ一本化中。新しいブラウザーではレイアウトが崩れたりと申し訳ありません。
2019年8月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

カテゴリー

常連さんのブログ

  • 70年代思い出の名曲
    music70sさんのブログ。タイトル通り、定期的に、70年代の懐かしのアルバムを紹介されています。なかなか、マニアックなアルバム選択、曲選択に、思わずニンマリしてしまいます。
  • いそいそジャズ喫茶通い
    yuriko*さんのブログ。都内のジャズ喫茶への訪問記録。ジャズと言えば『ジャズ喫茶』。敷居が高くて、と思っている方々に是非読んで頂きたいブログ。実際の訪問記録ですから読んでいて楽しく、実際の訪問時の参考になります。
無料ブログはココログ