« ピアノ・トリオの代表的名盤・67 | トップページ | チックと小曽根のDuoコンピ盤 »

2017年12月31日 (日曜日)

それでは皆様、良いお年を

いよいよ、暮れも押し詰まりの「大晦日」。今年もあっと言う間に終わりを迎えました。本当にあっと言う間でした。歳を重ねる毎に一年が過ぎるのが、どんどん速くなる感じです。

今年も様々なジャズのアルバム、70年代ロックのアルバム、70年Jポップのアルバムを聴き進めてきました。ブログに載せたアルバムはどれもが印象深く、これ1枚、これ10枚を選ぶのは難しいですね。今年も良い音楽に出会えた確立の方が高かったです。

ジャズの世界では、まだまだ聴き込んでいないジャズメンが何人かいるのに気がつきました。例えば、ボビー・ハッチャーソンやホレス・パーラン、アンドリュー・ヒル、ジョー・ヘンダーソンなど、聴いてはいますが、今一度、聴き直す機会の少なかったジャズメン達です。

来年はこれらの「通好みの」中堅どころをしっかりと聴きこんでいこうか、と思っています。どう聴き込むか、考えつつ、アルバムの存在を確認するのが、実はとても楽しい。聴き直しって、計画を立てる段階が一番楽しいですね。

さあ、来年は戌年。堅実に忠実にジャズの音世界を深掘りしていこうと思います。また、来年もバーチャル音楽喫茶『松和』をよろしくお願いします。

ブログは昨日からお正月休み状態です。家を離れて、ちょっと遠いところに逗留しております。来年は1月3日から、ブログを再開する予定です。お楽しみに。

それでは皆様、良いお年を・・・。
 
 

      Ev490_1
 
 

東日本大震災から6年9ヶ月。決して忘れない。常に関与し続ける。がんばろう東北、がんばろう関東。自分の出来ることから、ずっと復興に協力し続ける。 

Never_giveup_4

★Twitterで、松和のマスターが呟く。名称「松和のマスター」でつぶやいております。ユーザー名は「v_matsuwa」。「@v_matsuwa」で検索して下さい。
 

« ピアノ・トリオの代表的名盤・67 | トップページ | チックと小曽根のDuoコンピ盤 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: それでは皆様、良いお年を:

« ピアノ・トリオの代表的名盤・67 | トップページ | チックと小曽根のDuoコンピ盤 »

リンク

  • まだまだロックキッズ(バーチャル音楽喫茶『松和』別館)
    この「松和・別館」では、懐かしの「1970年代のロック」盤の感想や思い出を率直に語ります。これまでの、ジャズ喫茶『松和』マスターのひとりごと・ブログの中で不定期に掲載した、70年代ロックの記事を修正加筆して集約していきます。
  • 松和の「青春のかけら達」(バーチャル音楽喫茶『松和』別館)
    この「松和・別館」では、懐かしの「1970年代のJポップ」、いわゆるニューミュージック・フォーク盤の感想や思い出を率直に語ります。これまでの、ジャズ喫茶『松和』マスターのひとりごと・ブログの中で不定期に掲載した、70年代Jポップの記事を修正加筆して集約していきます。           
  • AORの風に吹かれて(バーチャル音楽喫茶『松和』別館)
    AORとは、Adult-Oriented Rockの略語。一言でいうと「大人向けのロック」。ロックがポップスやジャズ、ファンクなどさまざまな音楽と融合し、大人の鑑賞にも堪えうるクオリティの高いロックがAOR。これまでの、ジャズ喫茶『松和』マスターのひとりごと・ブログの中で不定期に掲載した、AORの記事を修正加筆して集約していきます。  
2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

カテゴリー