« サイドメン・コルトレーンの威力 | トップページ | アル・コーンの個性と人気 »

2017年9月26日 (火曜日)

チャーリー・マリアーノの個性

ジャズでは、初リーダー作がそのジャズメンの個性を如実に表す、と言われる。逆に、初リーダー作でそのジャズメンの個性が良く判らないってことは余り無い、というか記憶に無い。

ジャズでは初リーダー作が一番面白い。飾ることも虚勢を張ることも無い。そのローダーのジャズメンの個性がそのままに表れる。初リーダー作ではないんだが、本人の名前を冠したアルバムって、初リーダー作に近い内容があると思っている。

なんせ、アルバム・タイトルがズバリ、リーダーである自分の名前そのままなんだからね。表札というか名刺というか、この盤って俺の音だよね、という感じが強くする。

『Charlie Mariano』(写真左)というアルバムがある。タイトルはリーダーの名前そのまま。1956年リリースのベツレヘム盤。ちなみにパーソネルは、Charlie Mariano (as), John Williams (p), Max Bennett (b), Mel Lewis (ds)。 アルトサックス奏者、チャーリー・マリアーノのワンホーンカルテットである。

リーダーのチャーリー・マリアーノは、アルトサックス奏者。米国マサチューセッツ州ボストンの出身だが、アルトの音は「西海岸ジャズ」の雰囲気を宿している。マリアーノのアルトは良い意味で「無臭」。クセの無い、伸びの良いブリリアントなアルトサックス。
 

Charlie_mariano_bethlehem

 
ほんと、スーッと真っ直ぐな伸びの良い爽やか音。これがマリアーノのアルトサックスの個性である。アドリブ・フレーズには、アルトサックスの神様、チャーリー・パーカーっぽいフレーズが見え隠れし、マリアーノは白人ながら、パーカーのフレーズのクセ、パターンを良く身につけている。

しかし、そのパーカーっぽいフレーズも爽やかでクセの無い、伸びの良いアルトサックスで吹き上げる。爽やかなパーカー。ちょっと引っ掛かりに欠け、印象に残りにくく、少し損をしている。

ルディー・ヴァン・ゲルダーのスタジオで録音されており、音が良い。マリアーノのアルトサックスとは如何なるものか、という問いには、このアルバムで応えることにしている。マリアーノの名前そのままのアルバムタイトル『Charlie Mariano』。

クセの無いところが玉に瑕だったのか、不思議と活躍が限られ、リーダー作も少なく、今ひとつマイナーな存在。それでも、このリーダー作では、マリアーノのアルトサックスが躍動している。

 
 

東日本大震災から6年6ヶ月。決して忘れない。常に関与し続ける。がんばろう東北、がんばろう関東。自分の出来ることから、ずっと復興に協力し続ける。 

Never_giveup_4

★Twitterで、松和のマスターが呟く。名称「松和のマスター」でつぶやいております。ユーザー名は「v_matsuwa」。「@v_matsuwa」で検索して下さい。
 

« サイドメン・コルトレーンの威力 | トップページ | アル・コーンの個性と人気 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: チャーリー・マリアーノの個性:

« サイドメン・コルトレーンの威力 | トップページ | アル・コーンの個性と人気 »

リンク

  • まだまだロックキッズ(バーチャル音楽喫茶『松和』別館)
    この「松和・別館」では、懐かしの「1970年代のロック」盤の感想や思い出を率直に語ります。これまでの、 ジャズ喫茶『松和』マスターのひとりごと・ブログの中で、不定期に掲載した、70年代ロックの記事を修正加筆して集約していきます。
  • 青春のかけら達(バーチャル音楽喫茶『松和』別館)
    この「松和・別館」では、懐かしの「1970年代のJポップ」、いわゆるニューミュージック・フォーク盤の感想や思い出を率直に語ります。これまでのジャズ喫茶『松和』マスターのひとりごと・ブログの中で、不定期に掲載した、70年代ロックの記事を修正加筆して集約していきます。         
2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

カテゴリー