« ジャキー・マクリーンは進化の人 | トップページ | 好盤なばかりがジャズでは無い »

2017年8月31日 (木曜日)

チャールズ・ロイドの新作に想う

1960年代後半、60年代後半にサンフランシスコを中心として発生した「[
LOVE&PEACE 」の思想や動き、いわゆるフラワー・ムーブメントの波に乗って、この人のサックスは受けに受けた。判り易いコルトレーン、というか、まずまずの力量のテナーマンが、コルトレーンをパクったら、ちょうど聴き易いものになった、という感じのテナー。

コルトレーンが完全フリーに走る前、自由度の高いモード・ジャズを前提としたスピリチュアルなブロウ。これを聴き易く吹き、加えて、バックのリズム・セクションが、キースのピアノ、デジョネットのドラム、マクビーのベースという凄いもので、このスピリチュアルなテナーを鼓舞し、スピリチュアルな雰囲気を増幅する。それが、フラワー・ムーブメントの音楽的ニーズと合致して受けに受けた。

そのテナーマンとは、Charles Lloyd(チャールズ・ロイド)。僕は大学時代、1980年だったと思う。このチャールズ・ロイドのテナーを初めて聴いた。聴いた印象は確かに小粒なコルトレーンで、コルトレーンより平易で判り易い。僕はこの判り易さが好きでは無かった。それなら、コルトレーン本人の演奏を聴いた方が良い。

僕は、バックのリズム・セクションの瑞々しさを聴きたい時だけ、チャールズ・ロイドの当時の諸作を聴いた。しかし、である。1970年代、その人気がフェードアウトし、それに合わせてロイド本人も話題になることがほとんど無かった。もはや完全に過去の人になったかに思われていたが、2015年、ブルーノートに移籍しての第1弾『Wild Man Dance』から復活し始めた。
 

Passin_thru

 
折しも、モード・ジャズを基調とした、爽やかで判り易いスピリチュアル・ジャズがちょっとしたブームになりつつある頃。このブームに乗った所がある。ブームに乗るのが上手い人だ(笑)。

そんなロイドの今年の最新作が、Charles Lloyd『Passin' Thru』(写真左)。爽やかで判り易いスピリチュアル・ジャズの静かなブームの下、よいタイミングでのリリースである。ロイドって、普通に吹くだけで、演奏スタイルはモード一本(それ以外のバリエーションは無い)。昔取った杵柄、モードのコルトレーンをパクる様に吹くと、直ちに「爽やかで判り易いスピリチュアル・ジャズ」になるのだ。

この盤では、ロイドは無理して吹いていない。昔ながらに昔の様に吹く。小粒のコルトレーンの様に吹く。すると、演奏の雰囲気は「爽やかで判り易いスピリチュアル・ジャズ」。今の時代のニーズに合致して、この盤、意外に受けています。

1970年代以降、40年以上が経過して、コルトレーンのフォロワーは大量に存在する。もはやコルトレーンのパクリはパクリで無くなった。モードなコルトレーン・スタイルは、今やテナー吹きのスタンダードなスタイルの一つとなった。今の時代にまた受け始めたロイド。本人はほとんど意識していないと思うが、本当にブームに乗るのが上手い人だ(笑)。 

 

東日本大震災から6年5ヶ月。決して忘れない。常に関与し続ける。がんばろう東北、がんばろう関東。自分の出来ることから、ずっと復興に協力し続ける。 

Never_giveup_4

★Twitterで、松和のマスターが呟く。名称「松和のマスター」でつぶやいております。ユーザー名は「v_matsuwa」。「@v_matsuwa」で検索して下さい。
 

保存

« ジャキー・マクリーンは進化の人 | トップページ | 好盤なばかりがジャズでは無い »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: チャールズ・ロイドの新作に想う:

« ジャキー・マクリーンは進化の人 | トップページ | 好盤なばかりがジャズでは無い »

リンク

  • まだまだロックキッズ(バーチャル音楽喫茶『松和』別館)
    この「松和・別館」では、懐かしの「1970年代のロック」盤の感想や思い出を率直に語ります。これまでの、ジャズ喫茶『松和』マスターのひとりごと・ブログの中で不定期に掲載した、70年代ロックの記事を修正加筆して集約していきます。
  • 松和の「青春のかけら達」(バーチャル音楽喫茶『松和』別館)
    この「松和・別館」では、懐かしの「1970年代のJポップ」、いわゆるニューミュージック・フォーク盤の感想や思い出を率直に語ります。これまでの、ジャズ喫茶『松和』マスターのひとりごと・ブログの中で不定期に掲載した、70年代Jポップの記事を修正加筆して集約していきます。           
  • AORの風に吹かれて(バーチャル音楽喫茶『松和』別館)
    AORとは、Adult-Oriented Rockの略語。一言でいうと「大人向けのロック」。ロックがポップスやジャズ、ファンクなどさまざまな音楽と融合し、大人の鑑賞にも堪えうるクオリティの高いロックがAOR。これまでの、ジャズ喫茶『松和』マスターのひとりごと・ブログの中で不定期に掲載した、AORの記事を修正加筆して集約していきます。  
2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

カテゴリー