最近のトラックバック

« ジャズ・バイオリンの秀逸ライブ | トップページ | 現代のソウル・ジャズを発見 »

2017年8月17日 (木曜日)

こんなアルバムあったんや・87

昨日は「とあるバンドの武道館ライブ」に参戦していて、ブログを書くことができませんでした。でも、久し振りの「生の音」に触れることが出来て、実に有意義で楽しい夜でした。ライブには足を運ばないとね。活きた音を体感するからこそ、ステレオから出てくる音も楽しめるというもの。 

さて、ジャズの世界に戻ります。最近、1980年代の、フュージョン・ブームが下火になりつつある頃の「メインストリーム・ジャズ」に興味があって、アルバムを探し漁っています。個人的にはジャズを聴き初めて5〜10年経った頃。何と無く、ジャズが判ってきて、個人的な好き嫌いもハッキリしてきた頃かと思います。

Art Farmer『Maiden Voyage』(写真左)。1983年4月の録音。ちなみにパーソネルは、Art Farmer (flh), Masahiko Satoh (key, arr), Ron Carter (b), Jack DeJohnette (ds) のジャズ・カルテットをベースに、ストリングスがバックにつきます。日本ジャズの鬼才と言われる佐藤允彦のモダンなストリング・アレンジに乗って、ファーマーのフリューゲル・ホルンが飛翔する。そんな雰囲気が素敵な企画盤です。
 

Maiden_voyage_art_farmer

 
この盤を聴くと、ちょうど録音時期が1983年。フュージョン・ブームが下火になりつつあって、メインストリーム・ジャズに回帰しそうな、そんな雰囲気の強いアルバムがリリースされ始めた時期。それらの演奏には、フュージョン・ジャズの良いところを上手く伝統的なメインストリーム・ジャズに反映して、1980年代前半ならではの「新しい響き」を湛えた演奏内容になっているところが個性的です。

特に、佐藤允彦のストリング・アレンジが振るっている。特にタイトル曲「処女航海」のストリングス・アレンジは絶品。美しい、の一言。と言って、イージーリスニング風にはなっておらず、あくまでジャズの範疇に収まっているところが、この企画盤の優れたところ。僕は当時、この盤を聴いて、ジャズの新しい「伸びしろ」を感じて、まだまだジャズは深化するなあ、と明るい希望を持ったことを覚えています。

かつてデンオン(現デノン)から発売されていた日本制作の企画盤ですが、日本発の企画盤らしからぬ、内容はとても充実しています。フュージョン・ジャズのブームの後の、未来志向のメインストリーム・ジャズのひとつのプロトタイプを提示してくれた、なかなかの内容だと思います。なかなか入手するのが難しいのですが、一度は聴いて欲しい好盤です。

 
 

東日本大震災から6年5ヶ月。決して忘れない。常に関与し続ける。がんばろう東北、がんばろう関東。自分の出来ることから、ずっと復興に協力し続ける。 

Never_giveup_4

★Twitterで、松和のマスターが呟く。名称「松和のマスター」でつぶやいております。ユーザー名は「v_matsuwa」。「@v_matsuwa」で検索して下さい。
 

保存

« ジャズ・バイオリンの秀逸ライブ | トップページ | 現代のソウル・ジャズを発見 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/80793/71449662

この記事へのトラックバック一覧です: こんなアルバムあったんや・87:

« ジャズ・バイオリンの秀逸ライブ | トップページ | 現代のソウル・ジャズを発見 »

リンク

  • 松和 / ジャズ・フュージョン館
    ホームページを一新しました。「ジャズ・フュージョン館」と「懐かしの70年代館」の入り口を一本化し、内容的には、当ブログの記事のアーカイブを基本としています。  
  • 松和 / 懐かしの70年代館入口
    更新は停止し、新HPへ一本化中。新しいブラウザーではレイアウトが崩れたりと申し訳ありません。
2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

カテゴリー

常連さんのブログ

  • 70年代思い出の名曲
    music70sさんのブログ。タイトル通り、定期的に、70年代の懐かしのアルバムを紹介されています。なかなか、マニアックなアルバム選択、曲選択に、思わずニンマリしてしまいます。
  • いそいそジャズ喫茶通い
    yuriko*さんのブログ。都内のジャズ喫茶への訪問記録。ジャズと言えば『ジャズ喫茶』。敷居が高くて、と思っている方々に是非読んで頂きたいブログ。実際の訪問記録ですから読んでいて楽しく、実際の訪問時の参考になります。
無料ブログはココログ