最近のトラックバック

« こんなアルバムあったんや・85 | トップページ | エアコンに「北欧ジャズ」である »

2017年7月31日 (月曜日)

アーティスティックなビ・バップ

暑いですね〜。今年は特に蒸し暑い。これだけ蒸し暑いと体力を奪われて、もう音楽を聴くどころの騒ぎでは無い(笑)。でも、ジャズは聴きたい。これだけ蒸し暑いと、ジャズを聴くのにエアコンは欠かせません(笑)。

ということで、エアコンを効かせた涼しい部屋で聴くジャズ。ピアノ・トリオが良い。最近、この人のピアノ・トリオをちょくちょく選盤して聴いている。シンプルで聴き易い。でも、我が国ではとんと人気が無い。ジャズ雑誌やジャズ盤紹介本で、このピアニストの名前が挙がることは僅少。

それでも、この人のピアノは聴き易い。アーティスティックなビ・バップである。他のビ・バップなピアニストの様に、テクニックを最高レベルに見せつつ、アクロバティックにアドリブ展開し、拍手喝采を獲得するような、エネルギッシュに弾き倒すビ・バップなピアノでは無い。ちょっとアーティスティックに洒脱なビ・バップなフレーズを弾く、お洒落なビ・バッパーである。
 

Billy_taylor_at_the_london_house

 
そんな彼のピアノが堪能できる盤がこれ。Billy Taylor『At The London House』(写真左)。1956年1月の録音。ちなみにパーソネルは、Billy Taylor (p), Percy Brice (b), Earl May (ds)。ビリー・テイラー以外、ベースもドラムも知らない名前。どうも、ビリー・テイラーは、僕達が聴いていたジャズとは少し外れたところに居た様に思う。

ビリー・テイラーは、1921年7月27日、ノース・キャロライナ生まれ。2010年に鬼籍に入っている。ジャズメンの中ではかなりの古手。年齢的に、ビリー・テイラーの身に染みたメインのスタイルは「ビ・バップ」。アメリカ国内では、数々の音楽的功績から「Dr. Taylor(テイラー博士)」と敬意を表され、逆に我が国では「うまい人だが、学者っぽくて何故かあまり面白みが無い」と揶揄された。

しかし、そんな我が国での揶揄は「聴かず嫌い」の典型的な例。まずは聴くこと。アーティスティックで粋なビ・バップ・ピアノが堪能できる。テクニックも確か、アーティスティックで洒脱なアドリブ展開が見事だ。加えて、演奏のアレンジが意外と洒落ている。黒人のコッテコテ、ファンキーなジャズとは対極にいるような、洒脱なビ・バップなフレーズ。なかなかの個性です。

 
 

東日本大震災から6年4ヶ月。決して忘れない。常に関与し続ける。がんばろう東北、がんばろう関東。自分の出来ることから、ずっと復興に協力し続ける。 

Never_giveup_4

★Twitterで、松和のマスターが呟く。名称「松和のマスター」でつぶやいております。ユーザー名は「v_matsuwa」。「@v_matsuwa」で検索して下さい。
 

保存

« こんなアルバムあったんや・85 | トップページ | エアコンに「北欧ジャズ」である »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/80793/71295471

この記事へのトラックバック一覧です: アーティスティックなビ・バップ:

« こんなアルバムあったんや・85 | トップページ | エアコンに「北欧ジャズ」である »

リンク

  • 松和 / ジャズ・フュージョン館
    ホームページを一新しました。「ジャズ・フュージョン館」と「懐かしの70年代館」の入り口を一本化し、内容的には、当ブログの記事のアーカイブを基本としています。  
  • 松和 / 懐かしの70年代館入口
    更新は停止し、新HPへ一本化中。新しいブラウザーではレイアウトが崩れたりと申し訳ありません。
2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

カテゴリー

常連さんのブログ

  • 70年代思い出の名曲
    music70sさんのブログ。タイトル通り、定期的に、70年代の懐かしのアルバムを紹介されています。なかなか、マニアックなアルバム選択、曲選択に、思わずニンマリしてしまいます。
  • いそいそジャズ喫茶通い
    yuriko*さんのブログ。都内のジャズ喫茶への訪問記録。ジャズと言えば『ジャズ喫茶』。敷居が高くて、と思っている方々に是非読んで頂きたいブログ。実際の訪問記録ですから読んでいて楽しく、実際の訪問時の参考になります。
無料ブログはココログ