« 底抜けに明るいソウル・ジャズ | トップページ | このライブ盤は「聴く人を選ぶ」 »

2017年7月23日 (日曜日)

ながら聴きのジャズも良い・23

今日は一日中曇り空。こういう日は気温が30度程度に抑えられて、猛暑日になることは無い。風も適度に吹いて、今日は午前中はエアコン要らず。しかし、午後からは気温は30度程度で昨日よりは遙かに過ごしやすいのだが湿度が高い。湿度の高さは苦手で、遂に夕方、エアコンに手を出した。もう高い湿度にへとへとである(笑)。

エアコンを入れたことによって、湿度がグッと下がる。ちょっと爽やかさが帰って来たので、なんか爽快感溢れるフュージョン・ジャズは無いのか、と物色する。すると、トランペット片手に、波打ち際で波を蹴って戯れるおっちゃんのジャケットが目にとまる。なんか波打ち際で涼しげではないか(笑)。

Rick Braun『Around The Horn』(写真左)。今年2月の新作になる。Rick Braun(リック・ブラウン)は、1955年生まれの米国のトランペット奏者である。活躍の中心は「スムース・ジャズ」。今年62歳の大ベテラン。スムース・ジャズが主戦場であるが故、我が国では全く無名に近い。
 

Around_the_horn

 
でも、聴けば判るんだが、ちょっとハープ・アルパートを想起させる様な、ブリリアントで躍動感溢れる、ストレートで判り易いトラペットを吹く。いわゆる「スムース・ジャズ向け」のトランペットで、聴いていると、耳の中が爽快感で満たされていくのが良く判る。この説得力のあるトランペットの音を聴けば、米国スムース・ジャズのビック・ネームの一人ということが心底納得できる。

加えて、このアルバムは全編に渡ってアレンジが秀逸で、アーバンなムードで落ち着いた雰囲気の、大人のコンテンポラリーなジャズを聴かせてくれる。とりわけ、カヴァー曲の3曲、4曲目の「We Don’t Talk Anymore」はチャーリー・プース、6曲目「In Common」はアリシア・キーズ、10曲目の「Yellow」はコールドプレイと、最近の新進のポップ・アーティストの秀曲を選曲しているセンスは隅に置けない。

アーバンなムードで落ち着いた雰囲気が魅力の好盤のジャケットが、トランペット片手に、波打ち際で波を蹴って戯れるおっちゃんのジャケットなのか理解に苦しむが、最近の米国ジャズ界の出来事なので、特に驚くことも無い。まずはこのジャケットの先入観を断ち切って、この盤に詰まっている上質なスムース・ジャズなトランペットに耳を傾けて欲しい。ながら聴きに最適。良い音出してます。

 
 

東日本大震災から6年4ヶ月。決して忘れない。常に関与し続ける。がんばろう東北、がんばろう関東。自分の出来ることから、ずっと復興に協力し続ける。 

Never_giveup_4

★Twitterで、松和のマスターが呟く。名称「松和のマスター」でつぶやいております。ユーザー名は「v_matsuwa」。「@v_matsuwa」で検索して下さい。
 

保存

« 底抜けに明るいソウル・ジャズ | トップページ | このライブ盤は「聴く人を選ぶ」 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ながら聴きのジャズも良い・23:

« 底抜けに明るいソウル・ジャズ | トップページ | このライブ盤は「聴く人を選ぶ」 »

リンク

  • まだまだロックキッズ(バーチャル音楽喫茶『松和』別館)
    この「松和・別館」では、懐かしの「1970年代のロック」盤の感想や思い出を率直に語ります。これまでの、 ジャズ喫茶『松和』マスターのひとりごと・ブログの中で、不定期に掲載した、70年代ロックの記事を修正加筆して集約していきます。
  • 青春のかけら達(バーチャル音楽喫茶『松和』別館)
    この「松和・別館」では、懐かしの「1970年代のJポップ」、いわゆるニューミュージック・フォーク盤の感想や思い出を率直に語ります。これまでのジャズ喫茶『松和』マスターのひとりごと・ブログの中で、不定期に掲載した、70年代ロックの記事を修正加筆して集約していきます。         
2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

カテゴリー