最近のトラックバック

« Columbiaのモンクは判り易い | トップページ | 理路整然なビッグバンドのモンク »

2017年6月 6日 (火曜日)

前作と対をなす「兄弟盤」です

Columbiaレーベル時代のモンクはマンネリズムに陥ったという評価が浸透しているようだが、どうにもそれは納得出来ない。Columbiaレーベル時代のモンクは演奏が熟れていて、モンクとしては流麗な演奏が多く、聴き易くポップな雰囲気が「マンネリズム」という誤った表現になったんじゃないかな、と睨んでいる。

さて、今日はColumbiaレーベル第2弾、Thelonious Monk『Criss-Cross』(写真左)である。1962年11月と1963年3月の録音。ちなみにパーソネルは、Thelonious Monk (p), Charlie Rouse (ts), John Ore (b), Frankie Dunlop (ds)。当時の「鉄壁のカルテット」である。

もともとColumbiaレーベルはジャケット・デザインに一貫性が無く、あまりデザインに関して見識があるとは思えないレーベルである。さすが米国の大手レーベルである。この『Criss-Cross』も、ピアノに向いたモンクが、万華鏡の様に4つに分かれた鏡絵の様にあしらわれていて、ちょっと奇異なジャケット・デザインに映る。

音楽のアルバムってジャケットの印象って大事だと思うんだが、この『Criss-Cross』ってアルバム、この奇異なジャケット・デザインで相当損をしているのではないか。もともとモンクのキャラクター自体が「奇異」なものとして捉えられているのに加えて、この奇異なジャケット・デザイン。まるでモンクのあの個性的なピアノのフレーズが「奇異」なものであるように捉えられてしまうのではないか。
 

Criss_cross

 
が、そんなことは全く無いアルバムの内容である。前作『Monk's Dream』と同様、この『Criss-Cross』も判り易い。ジャズ者初心者の方々にも、この番のモンクは判り易い。冒頭の「Hackensack」を聴けば、ほんと、この盤のモンクは判り易いと感じる。アドリブ・フレーズの個性は確かにモンク。しかし、何て言ったら良いのか、そう「常識的な」モンクなのだ。

悪い意味で言っているのでは無い。良い意味で「常識的な」モンクなのだ。いわゆる「セロニアス・モンク入門」に適した盤である。そう言う意味では、前作の『Monk's Dream』の流れを組む内容で有り、『Monk's Dream』と『Criss-Cross』は対をなす「兄弟盤」と捉えて良いのではないか、と納得できる位の「判り易いモンク盤」である。

適度にスイングし、「常識の範囲内」でモンクのアドリブ・フレーズが飛んだり跳ねたりする。よって、今までのモンクになく、メロディアスで流麗。とっても聴き易いモンク・カルテットの演奏がとてもとても心地良い。もっと再評価されるべきアルバムではないでしょうか。ほんと「マンネリズム」なんて、とんでもない誤解ですよね。

 
 

震災から6年2ヶ月。決して忘れない。まだ6年2ヶ月。常に関与し続ける。がんばろう東北、がんばろう関東。自分の出来ることから、ずっと復興に協力し続ける。 

Never_giveup_4

★Twitterで、松和のマスターが呟く。名称「松和のマスター」でつぶやいております。ユーザー名は「v_matsuwa」。「@v_matsuwa」で検索して下さい。
 

保存

保存

« Columbiaのモンクは判り易い | トップページ | 理路整然なビッグバンドのモンク »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/80793/70784719

この記事へのトラックバック一覧です: 前作と対をなす「兄弟盤」です:

« Columbiaのモンクは判り易い | トップページ | 理路整然なビッグバンドのモンク »

リンク

  • 松和 / ジャズ・フュージョン館
    ホームページを一新しました。「ジャズ・フュージョン館」と「懐かしの70年代館」の入り口を一本化し、内容的には、当ブログの記事のアーカイブを基本としています。  
  • 松和 / 懐かしの70年代館入口
    更新は停止し、新HPへ一本化中。新しいブラウザーではレイアウトが崩れたりと申し訳ありません。
2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

カテゴリー

常連さんのブログ

  • 70年代思い出の名曲
    music70sさんのブログ。タイトル通り、定期的に、70年代の懐かしのアルバムを紹介されています。なかなか、マニアックなアルバム選択、曲選択に、思わずニンマリしてしまいます。
  • いそいそジャズ喫茶通い
    yuriko*さんのブログ。都内のジャズ喫茶への訪問記録。ジャズと言えば『ジャズ喫茶』。敷居が高くて、と思っている方々に是非読んで頂きたいブログ。実際の訪問記録ですから読んでいて楽しく、実際の訪問時の参考になります。
無料ブログはココログ