« ジャズ喫茶で流したい・106 | トップページ | 前作と対をなす「兄弟盤」です »

2017年6月 5日 (月曜日)

Columbiaのモンクは判り易い

そう言えば暫く、モンクのアルバムを聴いていないことに気がついた。そうそう、モンクのアルバムの聴き直しを進めていたんやった。ちょうど、Riversideレーベルの時代まで、聴き直しをしたんやなかったかなあ。ということで、今日から、Riversideレーベル時代の次、Columbiaレーベル時代の聴き直しである。

まずはこれ。Thelonious Monk『Monk's Dream』(写真左)。1962年10月の終わりから11月の初めの録音。ちなみにパーソネルは、Thelonious Monk (p), Charlie Rouse (ts), John Ore (b), Frankie Dunlop (ds)。モンク・ミュージックを奏でる為の一体となったカルテット構成。

このアルバムを聴けば良く判るのだが、このアルバムのモンクは判り易い。というか、モンクのキャリアの中で最後のレーベルであるColumbiaレーベル時代のモンクのアルバムはどれもが判り易い。特に、このColumbiaレーベル時代の最初の一枚『Monk's Dream』は判り易い。

若い時代のモンクは予測が出来ない。どうしてそんな和音になるの、とか、どうしてそっちに展開するの、とか、どうして、そこでそんな音を抜くの、とか、とにかく予測不能。その予測不能な意外性がモンクの面白いところでもあるのだが、常識の範囲を超えてはいるので、長時間聴いていると疲れてくる。
 

Monks_dream

 
しかし、『Monk's Dream』は判り易い。なんとなく予測できる、というか、なんとなく理屈がついて理解しやすい。なるほどその和音になるよね、とか、なるほどそっちに展開するよね、とか、なるほどそこはそう音を抜くよね、とか、なんとなく想定できて、なんとなく理屈がつく。これが、Columbiaレーベル時代のモンク盤の良いところで、ジャズ者初心者の方々にも、この時代のモンクは判り易い。

グループ・サウンドとしても充実している。特に、チャーリー・ラウズのテナーが良い。モンクにぴったり寄り添うようにテナーを奏でる。モンクの特異なフレーズを予測して、しっかりとモンクの個性的なフレーズに追従する。この盤でのラウズのテナーを聴いていると、やはり、モンクに最適なテナーはラウズのテナーだろう。それほどまでにモンクとラウズの相性は良い。

巷では、Columbiaレーベル時代のモンクはマンネリズムに陥ったという評価が浸透しているようだが「とんでもない」。演奏が熟れていて、モンクとしては流麗かつ印象的なフレーズが多いが、これはこれで、ポップなモンクとして聴き応えがある。カルテットとしても充実していた時代あり、特にモンク〜ラウズのラインが素晴らしい。ユニゾン&ハーモニー、そしてアドリブ。どれをとっても申し分な好盤です。

 
 

震災から6年2ヶ月。決して忘れない。まだ6年2ヶ月。常に関与し続ける。がんばろう東北、がんばろう関東。自分の出来ることから、ずっと復興に協力し続ける。 

Never_giveup_4

★Twitterで、松和のマスターが呟く。名称「松和のマスター」でつぶやいております。ユーザー名は「v_matsuwa」。「@v_matsuwa」で検索して下さい。
 

保存

« ジャズ喫茶で流したい・106 | トップページ | 前作と対をなす「兄弟盤」です »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Columbiaのモンクは判り易い:

« ジャズ喫茶で流したい・106 | トップページ | 前作と対をなす「兄弟盤」です »

リンク

  • まだまだロックキッズ(バーチャル音楽喫茶『松和』別館)
    この「松和・別館」では、懐かしの「1970年代のロック」盤の感想や思い出を率直に語ります。これまでの、 ジャズ喫茶『松和』マスターのひとりごと・ブログの中で、不定期に掲載した、70年代ロックの記事を修正加筆して集約していきます。
  • 青春のかけら達(バーチャル音楽喫茶『松和』別館)
    この「松和・別館」では、懐かしの「1970年代のJポップ」、いわゆるニューミュージック・フォーク盤の感想や思い出を率直に語ります。これまでのジャズ喫茶『松和』マスターのひとりごと・ブログの中で、不定期に掲載した、70年代ロックの記事を修正加筆して集約していきます。         
2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

カテゴリー