最近のトラックバック

« 典型的なハードバップな演奏 | トップページ | ハワード・マギーって誰? »

2017年4月 9日 (日曜日)

「グラムの伊達男」の面目躍如

風邪がなかなか治まらない。困ったことに歳を取ると、風邪が治るまでに時間がかかるようになった。加えて、今日は朝から強い雨の千葉県北西部地方。体調は優れず天気は優れず、非常に鬱陶しい日曜日と相成った。

さて、ジャズばかりを聴いていると、時々、耳が疲れる時がある。特にハードなジャズ、フリージャズや自由度の高いモード・ジャズを続けざまに聴くとさすがに耳が疲れてくる。そういう時は無理はしない。副業の70年代ロックに走って「ジャズの合間の耳休め」盤を聴いて和むのが通例。これが意外に良い気分転換になる。

70年代ロックといっても、ジャズとあんまりかけ離れるのもなあ、と思う。70年代にリアタイで聴いた「鉄板盤」はジャズとは関係無く聴くが、我がバーチャル音楽喫茶『松和』としては、なるだけ、ジャズやフュージョンに近い「70年代ロック」が良いなあ、と思いながら、常々選盤している。

今日の「ジャズの合間の耳休め」の選盤は、Bryan Ferry『Another Time, Another Place』(写真)。1974年の作品。ブライアン・フェリー(Bryan Ferry)は、英国のロック・ミュージシャン、シンガー。ロキシー・ミュージックのボーカリストとして知られる。1945年生まれなので、今年で72歳になる。
 

Bryan_ferry_another_time_another_pl

 
この『Another Time, Another Place』は、フェリーのソロ第2弾。邦題は「いつか、どこかで」とムーディー。なんじゃこれ、と思いつつ、収録されたカバー曲を見ていると、ジャズ・スタンダードな曲が何曲か選曲されている。いやいや、この盤ってなかなか渋いのではと思い直す。ジャケット写真の様に、颯爽とタキシードを身に纏い、髪も短い目にきめて、渋いスタンダード曲を歌うフェリーは実に格好良い。

冒頭の「The 'In' Crowd」はBilly Page作で、ジャズの世界では、ラムゼイ・ルイスがカバーしたアルバムが有名。2曲目は「Smoke Gets In Your Eyes(煙が目にしみる)」は、ジャズにおける古典的なスタンダード曲として有名。5曲目「You Are My Sunshine」や6曲目の「(What a) Wonderful World」についても、ジャズの世界ではボーカル曲として多くカバーされている。

アレンジは控えめではあるが、グラム・ロック独特の厚めのユニゾン&ハーモニーと切れ味の良い重心の低いリズムが効いていて個性的。「グラム・ロック」をベースにしたスタンダード曲のカバー盤。実に小粋であり、長くフュージョンの時代を経たジャズ者の耳には全く違和感無く響く。

いや〜、グラム・ロックの伊達男の面目躍如ですね。1974年という時代に、こういうフュージョン・ジャズの先駆けの様な好盤がリリースされていたとは、英国のロック・シーン、ジャズ・シーンの先進性、恐るべしです。

 
 

震災から6年。決して忘れない。まだ6年。常に関与し続ける。がんばろう東北、がんばろう関東。自分の出来ることから、ずっとずっと復興に協力し続ける。 

Never_giveup_4

★Twitterで、松和のマスターが呟く。名称「松和のマスター」でつぶやいております。ユーザー名は「v_matsuwa」。「@v_matsuwa」で検索して下さい。
 

保存

« 典型的なハードバップな演奏 | トップページ | ハワード・マギーって誰? »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/80793/70205279

この記事へのトラックバック一覧です: 「グラムの伊達男」の面目躍如:

« 典型的なハードバップな演奏 | トップページ | ハワード・マギーって誰? »

リンク

  • 松和 / ジャズ・フュージョン館
    ホームページを一新しました。「ジャズ・フュージョン館」と「懐かしの70年代館」の入り口を一本化し、内容的には、当ブログの記事のアーカイブを基本としています。  
  • 松和 / 懐かしの70年代館入口
    更新は停止し、新HPへ一本化中。新しいブラウザーではレイアウトが崩れたりと申し訳ありません。
2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

カテゴリー

常連さんのブログ

  • 70年代思い出の名曲
    music70sさんのブログ。タイトル通り、定期的に、70年代の懐かしのアルバムを紹介されています。なかなか、マニアックなアルバム選択、曲選択に、思わずニンマリしてしまいます。
  • いそいそジャズ喫茶通い
    yuriko*さんのブログ。都内のジャズ喫茶への訪問記録。ジャズと言えば『ジャズ喫茶』。敷居が高くて、と思っている方々に是非読んで頂きたいブログ。実際の訪問記録ですから読んでいて楽しく、実際の訪問時の参考になります。
無料ブログはココログ