最近のトラックバック

« ガーランドの個性とスタイル | トップページ | CCEB・伝説のライヴ音源 »

2017年4月 3日 (月曜日)

ジャズ喫茶で流したい・103

最近の愛読書である『僕が選んだ「いい音ジャズ」201枚 〜オーディオファンも聴いておきたい優秀録音盤』。音楽鑑賞の場合、音が良いに越したことは無い。演奏が良ければ音は二の次、なんていう意見もあるが、僕はジャズにおいては「音の良さ」を追求したい。ジャズにおいては楽器の鳴る音も聴きどころ、だと思っている。

そんな「音の良いジャズ」のアルバムをチョイスした本がこの「いい音ジャズ」なんだが、この本にチョイスされたアルバムはどれもが確かに音が良い。単に音が綺麗にとれているのでは無くて、ジャズ演奏の躍動感や楽器の鳴りなど、ジャズ演奏を楽しむのに必須の「音的な要素」をしっかりと捉えているのだ。

Tubby Hayes『Tubby's Groove』(写真左)。1959年12月の録音。ちなみにパーソネルは、Tubby Hayes (ts, vib), Terry Shannon (p), Jeff Clyne (b), Phil Seamen (ds)。リーダーのタビー・ヘイズは、英国はロンドン出身のハード・バップ系のテナー奏者、加えてヴァイブ奏者。そんな英国ジャズを代表するテナー奏者のリーダー作である。
 

Tubbys_groove

 
音が良い。凄く音が良い。ヘイズのテナーの音が生々しい。生き物のように呼吸するように唄う様にヘイズのテナーが鳴っている。透明度抜群に響くヴァイブの音も生々しい。これが1959年の録音なん?、とビックリする。時はハードバップ時代の真っ只中。ジャズ独特の「ブルーノート」が黒くてファンキー。この盤のジャケットのイメージそのまま。

この音の感覚を「Groove」と形容するのが一般的。「Groove」って何と問われたら、この盤をかけたりする。黒くてブルージーでファンキーなジャズ独特の「ノリ」、それが「Groove」。このタビー・ヘイズのリーダー作には、その「Groove」感がギッシリと詰まっている。この「Groove」感が生々しい音で記録されている。英国ジャズ万歳である。 

この盤でのヘイズのテナーは凄い。他のメンバーを置き去りにして、漆黒のファンキー・グルーブなテナーを吹きまくる。あっと言う間の40分間。そう言えばタイトルは「タビーのグルーブ」。けだし名タイトルである。こういう盤があるからジャズのアルバム漁りは止められない。最近の我がバーチャル音楽喫茶『松和』の「隠し球」的なアルバムである。

 
 

震災から6年。決して忘れない。まだ6年。常に関与し続ける。がんばろう東北、がんばろう関東。自分の出来ることから、ずっとずっと復興に協力し続ける。 

Never_giveup_4

★Twitterで、松和のマスターが呟く。名称「松和のマスター」でつぶやいております。ユーザー名は「v_matsuwa」。「@v_matsuwa」で検索して下さい。
 

保存

保存

保存

« ガーランドの個性とスタイル | トップページ | CCEB・伝説のライヴ音源 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/80793/70144003

この記事へのトラックバック一覧です: ジャズ喫茶で流したい・103:

« ガーランドの個性とスタイル | トップページ | CCEB・伝説のライヴ音源 »

リンク

  • 松和 / ジャズ・フュージョン館
    ホームページを一新しました。「ジャズ・フュージョン館」と「懐かしの70年代館」の入り口を一本化し、内容的には、当ブログの記事のアーカイブを基本としています。  
  • 松和 / 懐かしの70年代館入口
    更新は停止し、新HPへ一本化中。新しいブラウザーではレイアウトが崩れたりと申し訳ありません。
2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

カテゴリー

常連さんのブログ

  • 70年代思い出の名曲
    music70sさんのブログ。タイトル通り、定期的に、70年代の懐かしのアルバムを紹介されています。なかなか、マニアックなアルバム選択、曲選択に、思わずニンマリしてしまいます。
  • いそいそジャズ喫茶通い
    yuriko*さんのブログ。都内のジャズ喫茶への訪問記録。ジャズと言えば『ジャズ喫茶』。敷居が高くて、と思っている方々に是非読んで頂きたいブログ。実際の訪問記録ですから読んでいて楽しく、実際の訪問時の参考になります。
無料ブログはココログ