« ジャズ・フルートの新人登場 | トップページ | これも硬派なラテン・ジャズ »

2017年3月29日 (水曜日)

これだけ硬派なラテン・ジャズ

気が乗らない朝にシビアな純ジャズなんてとんでもない。余計に気が重くなる。気が乗らない朝には、時々、ラテン・ジャズが聴きたくなる。のー天気でファンキーでノリノリなラテン・ジャズで一気に気持ちを盛り上げるのだ。

ラテン・ジャズと言えば、8分音符や16分音符を中心としたスクエアなビートで演奏するジャズで、コンガやボンゴ、ティンバレスなどのラテン・パーカッションが入る。基本的には、中米の音楽を中心に発展したアフロ・キューバンなものが一般的。ブラジル系については、ボサノバ・ジャズ、ジャズ・サンバとして、ラテン・ジャズとは区別される。

さて、ラテン・ジャズの代表的ミュージシャンと言えば、モンゴ・サンタマリア(Mongo Santamaria)。コッテコテのラテン・ジャズで、とにかく思いっきり俗っぽく、思いっきりアフロ・キューバンっぽく、ラテン・ジャズを展開する印象がある。例えば、ハービー・ハンコックの名曲「ウォーター・メロン・マン」などがその良い例。この曲の印象が強くて、なかなか他のアルバムに触手が伸びなかった。
 

At_the_black_hawk_mongo_santamaria

 
が、である。ジャズ盤の紹介本をペラペラめくっていて、このアルバムに気がついた。Mongo Santamaria『At the Black Hawk』(写真左)。1962年、サンフランシスコのライブハウス「Black Hawk」でのライブ録音。Black Hawkで録音された2つのライブLP「Mighty Mongo」「!Viva Mongo!」をまとめてCD化したもの。

このライブ盤を聴いて、それまでのモンゴ・サンタマリアの印象がガラッと変わった。実直なメインストリーム・ジャズな雰囲気をしっかりと宿したラテン・ジャズである。コッテコテの思いっきり俗っぽいラテン・ジャズな演奏もところどころあるのだが、その合間合間に、純ジャズの雰囲気を宿したラテン・ジャズがある。これがとても良い。

これだけ硬派なラテン・ジャズであれば、諸手を挙げて「ウエルカム」である。特に、ラテン・ジャズ・アレンジが施されたジャズ・スタンダード「Tenderly」「All The Things You Are」辺りが聴きどころ。俗っぽさに流されず、安きに流されず、アーティスティックにラテン・ジャズをやる。気が乗らない朝に純ジャズの雰囲気を宿したラテン・ジャズ。気持ちがグッと持ち直します。

 
 

震災から6年。決して忘れない。まだ6年。常に関与し続ける。がんばろう東北、がんばろう関東。自分の出来ることから、ずっとずっと復興に協力し続ける。 

Never_giveup_4

★Twitterで、松和のマスターが呟く。名称「松和のマスター」でつぶやいております。ユーザー名は「v_matsuwa」。「@v_matsuwa」で検索して下さい。
 

保存

« ジャズ・フルートの新人登場 | トップページ | これも硬派なラテン・ジャズ »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: これだけ硬派なラテン・ジャズ:

« ジャズ・フルートの新人登場 | トップページ | これも硬派なラテン・ジャズ »

リンク

  • まだまだロックキッズ(バーチャル音楽喫茶『松和』別館)
    この「松和・別館」では、懐かしの「1970年代のロック」盤の感想や思い出を率直に語ります。これまでの、 ジャズ喫茶『松和』マスターのひとりごと・ブログの中で、不定期に掲載した、70年代ロックの記事を修正加筆して集約していきます。
  • 青春のかけら達(バーチャル音楽喫茶『松和』別館)
    この「松和・別館」では、懐かしの「1970年代のJポップ」、いわゆるニューミュージック・フォーク盤の感想や思い出を率直に語ります。これまでのジャズ喫茶『松和』マスターのひとりごと・ブログの中で、不定期に掲載した、70年代ロックの記事を修正加筆して集約していきます。         
2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

カテゴリー