最近のトラックバック

« 米国プログレの代表格な一枚 | トップページ | これだけ硬派なラテン・ジャズ »

2017年3月28日 (火曜日)

ジャズ・フルートの新人登場

フルートという楽器はジャズの世界ではマイナーな楽器である。

楽器の性格上、演奏表現の幅が狭く、極端な音の強弱や抑揚が付けにくい。ス〜と伸びた綺麗な音色がフルートの身上なので、どうにも、その雰囲気がジャズに合わない感じなのだ。よって、純ジャズというよりは、フュージョン・ジャズやスムース・ジャズの音世界に合っているなあ、と僕は感じている。

ハービー・マン、ヒューバート・ローズ、がそんなフュージョン・ジャズで活躍し、かなりの人気を博したフルート奏者と言える。純ジャズ系では、ジェレミー・スタイグ、エリック・ドルフィーがいるが、どちらもエモーショナルにフルートを吹きまくる、いわゆるフリー・ジャズの範疇。音楽鑑賞という面からすれば「異端」であり「マイナー」な存在である。

そんなジャズ・フルートの世界に、日本人女性の新人が現れ出でたのであるからビックリした。酒井麻生代『Silver Painting』(写真左)。昨年のリリース。人気のクラシック曲をお洒落で心地良いスムース・ジャズのアレンジで聴かせてくれる。

確かに、このアプローチは「あり」やなあ。ジャズ・フルートの先達の一人、ヒューバート・ロウズが、結構、人気クラシック曲をフュージョン・ジャズのアレンジで聴かせてくれた記憶がある。例えば、6曲目の「Pavane Op.50(パバーヌ)」は、確か『The Rite of Spring(春の祭典)』というアルバムの冒頭で演奏していた筈。改めて収録された曲を並べてみると、以下の様になる。
 

Silver_painting
 

  1. シシリエンヌ(フォーレ)
  2. 花のワルツ(チャイコフスキー)
  3. ジムノペディ(サティ)
  4. 24のカプリース(パガニーニ)
  5. ダッタン人の踊り(ボロディン)
  6. パヴァーヌ(フォーレ)
  7. 悲愴第2楽章(ベートーベン)
  8. 亡き王女のためのパヴァーヌ(ラヴェル)
  9. シチリアーノ(バッハ)
10. 月の光(ドビュッシー)
 

ふむふむ、確かにスムース・ジャズのアレンジで、しっとりと優雅に聴かせてくれる楽曲がほどよく選曲されている。酒井のほどよい太さでス〜と伸びた綺麗な音色が十分に活かされる、明かに「企画とアレンジ」の勝利である。アレンジが良く、それぞれの楽器の演奏レベルが高いので、最初から最後まで、飽きずにダレずに聴き通せる。

とても爽やかな演奏が基本の盤なので、晴れた朝のジャズ喫茶のスタート盤に合うんじゃないですかね。 ちなみに、我がバーチャル音楽喫茶『松和』では「今日のスタート」盤に選定されています。基本的に僕は、演奏家のルックスを加味して評価するタイプじゃ無いので、演奏のみを聴いて、このジャズ・フルートのアルバムについては及第点。聴き心地の良い好盤だと思います。

 
 

震災から6年。決して忘れない。まだ6年。常に関与し続ける。がんばろう東北、がんばろう関東。自分の出来ることから、ずっとずっと復興に協力し続ける。 

Never_giveup_4

★Twitterで、松和のマスターが呟く。名称「松和のマスター」でつぶやいております。ユーザー名は「v_matsuwa」。「@v_matsuwa」で検索して下さい。
 

保存

保存

« 米国プログレの代表格な一枚 | トップページ | これだけ硬派なラテン・ジャズ »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/80793/70077218

この記事へのトラックバック一覧です: ジャズ・フルートの新人登場:

« 米国プログレの代表格な一枚 | トップページ | これだけ硬派なラテン・ジャズ »

リンク

  • 松和 / ジャズ・フュージョン館
    ホームページを一新しました。「ジャズ・フュージョン館」と「懐かしの70年代館」の入り口を一本化し、内容的には、当ブログの記事のアーカイブを基本としています。  
  • 松和 / 懐かしの70年代館入口
    更新は停止し、新HPへ一本化中。新しいブラウザーではレイアウトが崩れたりと申し訳ありません。
2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

カテゴリー

常連さんのブログ

  • 70年代思い出の名曲
    music70sさんのブログ。タイトル通り、定期的に、70年代の懐かしのアルバムを紹介されています。なかなか、マニアックなアルバム選択、曲選択に、思わずニンマリしてしまいます。
  • いそいそジャズ喫茶通い
    yuriko*さんのブログ。都内のジャズ喫茶への訪問記録。ジャズと言えば『ジャズ喫茶』。敷居が高くて、と思っている方々に是非読んで頂きたいブログ。実際の訪問記録ですから読んでいて楽しく、実際の訪問時の参考になります。
無料ブログはココログ