最近のトラックバック

« ジャズ喫茶で流したい・102 | トップページ | 音楽喫茶『松和』の昼下がり・50 »

2017年3月 7日 (火曜日)

活き活きとしたハンクが躍動する

いやいや驚いた。こんなライブ盤があったなんて、『僕が選んだ「いい音ジャズ」201枚 〜オーディオファンも聴いておきたい優秀録音盤』を読んで、僕はその存在を初めて知った。いやいや申し訳ない。ハンク・ジョーンズのピアノが大好きなのに、このライブ盤は全くノーマークだった。

Hank Jones『Trio 1979』(写真左)。サブタイトルが「Live in Japan」。1979年、日本は鹿児島でのコンサートのライヴ録音である。2010年にリリースされた。ちなみにパーソネルは、Hank Jones (p), George Duvivier (b), Shelly Manne (ds)。

燻し銀なバップ・ピアニストであるハンク・ジョーンズ。典雅でブルージーで、そこはかとなくファンクネス漂い、タッチが明快で流麗。そんな小粋なハンクのピアノを心ゆくまで堪能出来るライブ盤である。こんなライブ音源が残っていたなんて、なんて勿体ない。収録されたスタンダード曲もどれもが魅力的な選曲で、いやはや凄いライブ盤だ。
 

Trio_1979_hank_jones

 
そして、ベースがジョージ・デュビビエ、ドラムがシェリー・マン。ジャズ者ベテランであれば、この二人の名前を見れば「うへへ〜」である。二人ともハードバップ・ジャズの名手中の名手。デュビビエの骨太で鋼の様にしなやかなアコースティック・ベース。マンの様々なテクニックを繰り出すが決して耳に付かない、小粋で職人芸なドラミング。

そしてそして、この3人のトリオのダイナミズムがバッチリ録音されているのだ。この盤、異様なまでに音が良い。1979年の録音であるが、異様なまでに音が良い。生々しく躍動感溢れ、それぞれの楽器の音が自然に響く。コンサートホールの奥行きもしっかり感じられ、ライブ感が半端無い。これ、凄いですぞ。一聴の価値ありです。

2010年5月、91歳で他界したジャズ・ピアノの巨人、ミスター・スタンダードことハンク・ジョーンズの追悼盤。しかし、ハンクはあの世に旅立ってから、もう7年になるのか。しかし、録音資産とは有り難いもので、この盤は僕達を1979年の鹿児島のコンサート会場へ連れて行ってくれる。この『Trio 1979』には、活き活きとしたハンクが躍動している。

 
 

震災から5年11ヶ月。決して忘れない。まだ5年11ヶ月。常に関与し続ける。がんばろう東北、がんばろう関東。自分の出来ることから、ずっと復興に協力し続ける。 

Never_giveup_4

★Twitterで、松和のマスターが呟く。名称「松和のマスター」でつぶやいております。ユーザー名は「v_matsuwa」。「@v_matsuwa」で検索して下さい。
 

保存

« ジャズ喫茶で流したい・102 | トップページ | 音楽喫茶『松和』の昼下がり・50 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/80793/69843155

この記事へのトラックバック一覧です: 活き活きとしたハンクが躍動する:

« ジャズ喫茶で流したい・102 | トップページ | 音楽喫茶『松和』の昼下がり・50 »

リンク

  • 松和 / ジャズ・フュージョン館
    ホームページを一新しました。「ジャズ・フュージョン館」と「懐かしの70年代館」の入り口を一本化し、内容的には、当ブログの記事のアーカイブを基本としています。  
  • 松和 / 懐かしの70年代館入口
    更新は停止し、新HPへ一本化中。新しいブラウザーではレイアウトが崩れたりと申し訳ありません。
2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

カテゴリー

常連さんのブログ

  • 70年代思い出の名曲
    music70sさんのブログ。タイトル通り、定期的に、70年代の懐かしのアルバムを紹介されています。なかなか、マニアックなアルバム選択、曲選択に、思わずニンマリしてしまいます。
  • いそいそジャズ喫茶通い
    yuriko*さんのブログ。都内のジャズ喫茶への訪問記録。ジャズと言えば『ジャズ喫茶』。敷居が高くて、と思っている方々に是非読んで頂きたいブログ。実際の訪問記録ですから読んでいて楽しく、実際の訪問時の参考になります。
無料ブログはココログ