最近のトラックバック

« R&B系のフュージョンは良い | トップページ | 音楽喫茶『松和』の昼下がり・47 »

2017年2月 1日 (水曜日)

R&B系のフュージョンもう一丁

R&B系のフュージョン・ジャズと言えば、やはり僕にとっては、伝説のフュージョン・バンド「Stuff」そして、フュージョン・ジャズの筆頭ドラマー、スティーブ・ガッド率いる「Gadd Gang」、この2つのグループが決定的存在である。

この「Stuff」と「Gadd Gang」共通のギタリストといえば、コーネル・デュプリー(Cornell Dupree)である。デュプリーのエレギは明らかにファンキー、そしてR&Bなリズム感、いわゆる「ファンキー&ソウルフル」なフュージョン・エレギである。

「Stuff」にしたって「Gadd Gang」にしたって、醸し出すR&B系のフュージョン・ジャズな雰囲気は、このデュプリーのエレギが決め手の一つである。デュプリーの「ファンキー&ソウルフル」なフュージョン・エレギがあってこそ、「Stuff」にしたって「Gadd Gang」にしたって、R&B系のフュージョン・ジャズの代表的バンドとして君臨できるのである。

そんなデュプリーの晩年のアルバムがこれ。Cornell Dupree『Doin' Alright』(写真左)。2011年のリリース。「ファンキー&ソウルフル」なR&B系のフュージョン・ジャズの代表的ギタリスト、デュプリーの個性全開。「デュプリーならではの魅力満載なアルバム」である。とにかくご機嫌なR&B基調の演奏がズラリ。
 

Doin_alright_cornell_dupree

 
収録曲はオリジナル楽曲の他、レイ・チャールズ、ジミー・リード、ジミー・マクグリフ、キング・カーティス&キングピンズ、ハンク・クロフォード、ブルック・ベントン…等。R&B系のフュージョン・ジャズ好きにとっては笑いが止まらない。

もうたまらん内容である。やれ歳をとった老齢のプレイだの、フレーズが出てこないだの、ピッキングがいまいちだの、調子最悪だの、内容的に何かと揶揄されているみたいだけれど、いいじゃないか、とにかくデュプリーがデュプリーらしい盤である。それで良いではないか。

テキサス・ファンク&ブルース・グルーヴの極みである。細かいことを言わずに、盤全体の「デュプリーならではの魅力」をバクッと感じ取り楽しむアルバムだと思います。バリバリのデュプリーが聴きたければ、若い頃の好盤に耳を傾ければ良い。僕はデュプリーが楽しそうに「ファンキー&ソウルフル」なフュージョン・エレギを弾き楽しんでいる、この盤の雰囲気が大好きである。

ちなみに本作はコーネルが亡くなる2ヵ月前、テキサス州オースティンで録音された正真正銘のラスト・アルバム。2011年5月8日、肺気腫の為、鬼籍に入る。合掌。

 
 

震災から5年10ヶ月。決して忘れない。まだ5年10ヶ月。常に関与し続ける。がんばろう東北、がんばろう関東。自分の出来ることから、ずっと復興に協力し続ける。 

Never_giveup_4

★Twitterで、松和のマスターが呟く。名称「松和のマスター」でつぶやいております。ユーザー名は「v_matsuwa」。「@v_matsuwa」で検索して下さい。
 

保存

保存

« R&B系のフュージョンは良い | トップページ | 音楽喫茶『松和』の昼下がり・47 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/80793/69450387

この記事へのトラックバック一覧です: R&B系のフュージョンもう一丁:

« R&B系のフュージョンは良い | トップページ | 音楽喫茶『松和』の昼下がり・47 »

リンク

  • 松和 / ジャズ・フュージョン館
    ホームページを一新しました。「ジャズ・フュージョン館」と「懐かしの70年代館」の入り口を一本化し、内容的には、当ブログの記事のアーカイブを基本としています。  
  • 松和 / 懐かしの70年代館入口
    更新は停止し、新HPへ一本化中。新しいブラウザーではレイアウトが崩れたりと申し訳ありません。
2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

カテゴリー

常連さんのブログ

  • 70年代思い出の名曲
    music70sさんのブログ。タイトル通り、定期的に、70年代の懐かしのアルバムを紹介されています。なかなか、マニアックなアルバム選択、曲選択に、思わずニンマリしてしまいます。
  • いそいそジャズ喫茶通い
    yuriko*さんのブログ。都内のジャズ喫茶への訪問記録。ジャズと言えば『ジャズ喫茶』。敷居が高くて、と思っている方々に是非読んで頂きたいブログ。実際の訪問記録ですから読んでいて楽しく、実際の訪問時の参考になります。
無料ブログはココログ