« 音楽喫茶『松和』の昼下がり・48 | トップページ | ジャズ喫茶で流したい・99 »

2017年2月 5日 (日曜日)

ローゼンウィンケルを思い出した

冬にジャズ・ギターが良く似合う、なんて呟きながら、先週木曜日から、暖かい部屋の中で珈琲をすすりながら聴くアコースティック・ギター(略してアコギ)の好盤を2枚ほど選盤してきた。

で、今度は、現代ジャズのエレクトリック・ギター(略してエレギ)で、冬の季節にぴったり合う好盤は無いか、選盤してみる。シンプルでクールで伸びの良いエレギの音は、意外と冬の季節に合う。特に、冬の静かな昼下がり、一人部屋の中で聴く、クールで伸びの良いエレギのフレーズは何だかしみじみして良い。

ジャズ雑誌の記事を見ていて、このギタリストの名前を久し振りに思い出した。カート・ローゼンウィンケル(Kurt Rosenwinkel)。アメリカ生まれ、現在ドイツのベルリン在住のギタリスト。伸びの良いクールで単音と複雑なコード進行を織り交ぜて弾くアーバンでスムースなエレギが個性。とにかく聴いていて心地良いことこの上無し。
 

Reflections_kurt_rosenwinkel

 
2009年リリースの、Kurt Rosenwinkel『Reflections』(写真左)を聴く。ジャケットのイメージがバッチリの「クールでアーバンでスムースなエレギ」が炸裂。収録された曲名を見ると、これは「ジャズ・スタンダード集」ではないか。ちなみにパーソネルは、Kurt Rosenwinkel (g), Eric Revis (b), Eric Harland (ds)。

トリオ編成によるジャズ・スタンダード集である。むっちゃ良い感じな演奏内容。聴き耳たてつつ惚れ惚れしてしまうくらいの心地良さ。ただし、素直な「スタンダード集」では無い。曲を見れば、思わず口元が緩む。モンクの「リフレクションズ」「アスク・ミー・ナイ」、ウェイン・ショーターの「フォール」「アナ・マリア」などが選曲されている。思い切り捻りの効いた選曲。

実にオーソドックスな純ジャズ路線のジャズ・エレギである。「静謐な熱気」をはらんだクールなジャズ・ギターは、今までにありそうで無い、ローゼンウィンケルならではの音世界である。彼の繊細で静謐で美しいジャズ・ギターは、現代のジャズ・ギターの先端を行く響きに溢れている。聴き応え良し。好盤です。

 
 

震災から5年10ヶ月。決して忘れない。まだ5年10ヶ月。常に関与し続ける。がんばろう東北、がんばろう関東。自分の出来ることから、ずっと復興に協力し続ける。 

Never_giveup_4

★Twitterで、松和のマスターが呟く。名称「松和のマスター」でつぶやいております。ユーザー名は「v_matsuwa」。「@v_matsuwa」で検索して下さい。
 

保存

« 音楽喫茶『松和』の昼下がり・48 | トップページ | ジャズ喫茶で流したい・99 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ローゼンウィンケルを思い出した:

« 音楽喫茶『松和』の昼下がり・48 | トップページ | ジャズ喫茶で流したい・99 »

リンク

  • まだまだロックキッズ(バーチャル音楽喫茶『松和』別館)
    この「松和・別館」では、懐かしの「1970年代のロック」盤の感想や思い出を率直に語ります。これまでの、 ジャズ喫茶『松和』マスターのひとりごと・ブログの中で、不定期に掲載した、70年代ロックの記事を修正加筆して集約していきます。
  • 青春のかけら達(バーチャル音楽喫茶『松和』別館)
    この「松和・別館」では、懐かしの「1970年代のJポップ」、いわゆるニューミュージック・フォーク盤の感想や思い出を率直に語ります。これまでのジャズ喫茶『松和』マスターのひとりごと・ブログの中で、不定期に掲載した、70年代ロックの記事を修正加筆して集約していきます。         
2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

カテゴリー