« ジャズ喫茶で流したい・101 | トップページ | ラリー・コリエル、追悼です »

2017年2月21日 (火曜日)

ECMレーベルらしい音・3

西洋クラシック音楽の伝統にしっかりと軸足を置いた「ECMの考える欧州ジャズ」。このECMレーベルの音世界は独特の個性がある。限りなく静謐で豊かなエコーを個性とした録音が特徴。ファンクネスは限りなく皆無。明らかに欧州的な音世界。そんなECMレーベルの「らしい」音を体験するには、やはり最初のシリーズ、ECM1000番台のアルバムを聴き進めるのが一番手っ取り早い。

Bobo Stenson『Underwear』(写真左)。1971年5月の録音。パーソネルは、Bobo Stenson (p), Arild Andersen (b), Jon Christensen (per)。オスロのArne Bendiksen Studioでの録音になる。ECM1012番。この辺りから、いよいよ本腰を入れて、ECMレーベルらしい音作りがなされることになる。

一言で言うと「ECM色の強い」音世界である。リーダーのステンソンのピアノの音色も明らかに「ECMらしい」音。明らかに欧州的で自然な音。ECMレーベル盤としてはちょっと残響感は足りない様に感じるが、これはこれでECMらしい音。

1曲目のタイトル曲「Underwear」は、モーダルで元気でシャープなもの。豊かなエコーを個性とした録音は明らかにECMらしい音。演奏内容は明らかに欧州的、北欧的。この1曲だけでもこの盤は「買い」だと思ってます。良い演奏、ECMレーベルらしい演奏。
 

Under_ware_2

 
打って変わって、2曲目「Luberon」は、静かで叙情的な音世界が繰り広げられる美しいトラック。このトラックの演奏も、豊かなエコーを個性とした録音は明らかにECMらしい音。この限りなく静謐で叙情的な演奏も、ECMレーベルらしい演奏。

このアルバムの1曲目と2曲目が「ECMレーベルらしい演奏」の代表的なパターンだと感じる。そこに3曲目「Test」や5曲目「Untitled」の様なフリーな演奏が織り込まれて、これまた「ECMレーベルらしい演奏」となる。

こうやって聴き直してみると、このステンソンのアルバムは、かなり「ECMレーベルらしい音」が詰まった、ECMレーベルの音のショーケースの様なアルバムだということに気付く。

そうですね。誰かに「ECMレーベルらしい音、ECMレーベルらしい演奏ってどんなもんですか」と問われたら、まずこのアルバムをご紹介すると思います。ジャズ者のあらゆるレベルの方々にお勧めの好盤です。

 
 

震災から5年11ヶ月。決して忘れない。まだ5年11ヶ月。常に関与し続ける。がんばろう東北、がんばろう関東。自分の出来ることから、ずっと復興に協力し続ける。 

Never_giveup_4

★Twitterで、松和のマスターが呟く。名称「松和のマスター」でつぶやいております。ユーザー名は「v_matsuwa」。「@v_matsuwa」で検索して下さい。
 

保存

保存

« ジャズ喫茶で流したい・101 | トップページ | ラリー・コリエル、追悼です »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ECMレーベルらしい音・3:

« ジャズ喫茶で流したい・101 | トップページ | ラリー・コリエル、追悼です »

リンク

  • まだまだロックキッズ(バーチャル音楽喫茶『松和』別館)
    この「松和・別館」では、懐かしの「1970年代のロック」盤の感想や思い出を率直に語ります。これまでの、 ジャズ喫茶『松和』マスターのひとりごと・ブログの中で、不定期に掲載した、70年代ロックの記事を修正加筆して集約していきます。
  • 青春のかけら達(バーチャル音楽喫茶『松和』別館)
    この「松和・別館」では、懐かしの「1970年代のJポップ」、いわゆるニューミュージック・フォーク盤の感想や思い出を率直に語ります。これまでのジャズ喫茶『松和』マスターのひとりごと・ブログの中で、不定期に掲載した、70年代ロックの記事を修正加筆して集約していきます。         
2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

カテゴリー